1. トップ
  2. 「全裸監督」山田能龍らが、さらば森田主演ドラマの脚本を担当! “喪女”役も発表に

「全裸監督」山田能龍らが、さらば森田主演ドラマの脚本を担当! “喪女”役も発表に

  • 2019.9.20
  • 82 views
森田哲矢、岡崎紗絵出演のドラマ「猪又進と8人の喪女」が10月24日(木)にスタート!
(C)カンテレ

【写真を見る】猪又進(森田哲矢、左)と第1話に登場する“超ネガティブ喪女”・黒木恵子(うらじぬの、右)

さらば青春の光・森田哲矢が主演と脚本監修、岡崎紗絵がヒロインを務める10月24日(木)スタートのドラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」(毎週木曜夜0:55-1:25、カンテレ)の脚本と各話のテーマ、そしてキャストが明らかになった。

本作は、西大阪出版の編集担当者・猪又進(森田)と23歳の人気作家・アカリ(岡崎)が繰り広げるドタバタコメディー。

男性経験がない、付き合ったこともない、いわゆる“モテない女性”=“喪女”という連載企画をアカリに依頼するも、なかなか原稿を執筆しないアカリに対し、猪又が「僕が本当の喪女を連れてきます!」と宣言。個性あふれる様々なタイプの喪女に猪又とアカリが出会い、驚きの展開を繰り広げていく。

実力派の4人が脚本を担当

全8話からなる本作は、1話完結型のストーリーとなっており、4人の脚本家が2話ずつ脚本を担当する。

今回明らかになったその4人とは、挑戦的な脚本で話題を呼んだ「全裸監督」(Netflix)を手掛けた山田能龍、深夜ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」(2015年、テレビ東京)の構成などを手掛ける放送作家・竹村武司、玉田企画という劇団を主宰する玉田真也、そしてコント番組やバラエティー番組などの脚本などを手掛ける渡辺佑欣。笑いと感動を融合させる実力派が集結した。

【写真を見る】猪又進(森田哲矢、左)と第1話に登場する“超ネガティブ喪女”・黒木恵子(うらじぬの、右)
(C)カンテレ

“喪女っぽい”個性派女優が出そろう

また、本作の軸となる各話の喪女役として、うらじぬの、未来、東野絢香、富山えり子、横内亜弓、辻凪子、畦田ひとみら、知名度こそまだまだながら、抜群の“喪女っぽさ”を発揮する個性派女優がオーディションで選ばれた。「超ネガティブ喪女」や「サブカルイキリ喪女」、「生き物としゃべれる喪女」などを彼女たちが演じる。なお、第8話「好き避け喪女」の喪女役は、現在シークレットとなっており、後日発表される予定。

喪女役の女優たちについて、森田は「めちゃくちゃ面白い役者さんたちがそろってくれました。撮影でも、毎日笑わせてもらってます。ドラマとして極端に描いている部分はありますが、誰にも共感できるポイントはあると思いますし、まずはバラエティーを見るような感覚で、気軽に楽しんでもらえたらと思います」とコメントした。

第2話「サブカルイキリ喪女」に登場する未来(右)
(C)カンテレ

森田哲矢(さらば青春の光)コメント

本当に個性的な喪女のエピソードがそろっています。実際に「自分は喪女です」という方にお話を聞くことができたんですが、本当に面白かったですね。ある意味「なるほどな」と思う部分もあり、そこで聞いた要素もうまく脚本に入れていただいています。

“監修”とは言っていただいていますが、この面々が書いたものが面白くないわけがないですよね。第1話からクライマックスで、びっくりするような展開があります。そんな大展開が各話それぞれにあるので、「今回はどうなるんやろ?」って思いながら見ていただきたいです。

喪女役についても、どの回もめちゃくちゃ個性的な女優さんが登場します。撮影しながら、それぞれの役者さんがめちゃくちゃ面白くて、「やりすぎ!」っていうくらい体当たりで臨んでくれているので、毎日笑わせてもらっています。ドラマとして極端に描いている部分もありますし、“喪女”っていうと、クセがあるとか、ネガティブに思われがちなんですが、でも、どこかに「あぁ、なんか分かるなぁ」って思ってもらえる要素があると思います。まずはバラエティーを見るような感覚で気軽に楽しんでもらえたらうれしいですね。

あらすじ

西大阪出版につとめる猪又進(森田)は、人気急上昇中の若手作家・アカリ(岡崎)の編集担当を任される。処女作が大ヒットし注目を集めるアカリは、次回作の連載を出版することに。

猪又が依頼した連載のテーマは「喪女(もじょ)」。喪女とは、一度も彼氏ができたことがない、男性を苦手とする女性の俗称である。しかしアカリは、天真らんまんで友人も多く、派手な生活を送る美女であり、「喪女のことなんてわからないから小説なんて書けない!」と原稿執筆を放棄しようとする。

そんなアカリに、猪又は「喪女を連れてきます!」と意気揚々と宣言。小説のネタになる喪女を探し始める。(ザテレビジョン)

元記事を読む