1. トップ
  2. <キングオブコント>エンペラー「意識しているライバルは大阪勢全員。同期のファイヤーサンダーは特に」

<キングオブコント>エンペラー「意識しているライバルは大阪勢全員。同期のファイヤーサンダーは特に」

  • 2019.9.19
  • 157 views
エンペラー/安井(写真左)、にしやま(写真右)
撮影=阿部岳人

【写真を見る】準決勝進出34組から、決勝進出者10組が当日発表される!

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではエンペラーのコメントを紹介する。

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、“コント”で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

エンペラーは、2011年に結成。吉本興業に所属する安井(写真左)とにしやま(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたエンペラーの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

エンペラー
撮影=阿部岳人

ずっと漫才しかやってこなかった

――エンペラーさんの自己紹介をお願いできますでしょうか。

にしやま:基本は漫才をずっとやってきてて、普段コントをやっていないので、お客さんも(コントを)見る機会がそんなにない。劇場の方でもやることが少ないですね。

安井:そうですね。僕ら、コント自体も全部で5本くらいしかないので。ほんま基本、僕ら漫才しかやっていないので。

にしやま:そうだよね、レアじゃないけど。

安井:普段あまりコントをやらないので。

――では、今回のネタは「キングオブコント」のために作られたネタということでしょうか。

安井:そうですね。基本コントをやる舞台は「キングオブコント」だけなので。そのためにコントは作っている感じです。

――「キングオブコント」出場は何回目でしょうか。

にしやま:出ていない時期もあったんですよね、4年くらい出てない。

安井:4年くらい出てなくて、久し振りに出た時に初めて準決勝まで行かせてもらったんですよ。

にしやま:2016年。

安井:2016年で初めて準決勝まで行かせてもらって。全部で4回くらいしか出てない、たぶん。(結成)1年目の時に最初に出て、そこから4年くらい出ていなくて。なのでトータル4,5回しか出たことない。

――今まで「キングオブコント」に出場されて、記憶に残っているエピソードはありますでしょうか。

にしやま:4年ぶりに出た時に準決勝に行かせていただいて、何がなんだかよく分かってなかったよな。

安井:そうですね。その時ほんまに漫才しかずっとしていなくて、4年ぶりに一応出てみようかと。

にしやま:そうそうそう。

安井:チャンスがあるかも知れないからって。それで出たら、準決勝行かせていただけて、「うわー!」ってなった年の「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)は1回戦で落ちたんですよ(笑)。「え!なにこれ」ってなって。

にしやま:そうそうそうそう(笑)。ずっと漫才しかやってこなかったのに。

安井:(「M-1グランプリ」は)落ちて。「キングオブコント」は準決勝に行けて。

にしやま:何をしたらいいか分からなくなった。

安井:一瞬ブレかけましたね。コント師になるのか、漫才師で行くのかって、1回めっちゃ迷った時期はありました。それで、ちょっと狂わされました(笑)。

――今回、再び「キングオブコント」に挑戦しようと思ったきっかけが何かあったのでしょうか。

安井:そうですね。

にしやま:(コントを)作ってみて楽しかったので、自分らでやってて。それで、まあ出てみようみたいな。

安井:あと、準決勝に1回行ったら(「キングオブコント」の)システム的に1回戦が免除になるので、毎年毎年シードやから。シードで出えへんのも気持ち悪いなって。

にしやま:そやな。

安井:シードなのに「こいつら出えへんのか」っていうのもあれやし(笑)。それで、とりあえず出ようって。

にしやま:なんかお前そういうの言い出したら(笑)。

安井:もちろんなめてるわけじゃないですよ!?

にしやま:惰性でなんか出るみたいやん(笑)。

安井:惰性ではもちろん出てないですけど(笑)。それも理由としてはちょっとありますっていう。

エンペラー
撮影=阿部岳人

大阪勢はやっぱり全員意識してますね

――今回用意されているネタへの思い入れや作り込み部分を教えてください。

にしやま:喋っているネタが多いですね。

安井:僕らコントでも基本、掛け合いが多いというか。

にしやま:ずっと喋ってる。

安井:喋りで笑いをとるほうなので、コントっぽくないというか、漫才寄りといいますか。なので、あんまり(効果)音とかも僕ら使わないんですよ。みなさんが使っているような照明とかコントならではの音とか。

にしやま:使えないんですよね(笑)。ちょっと分かんないんですよ(笑)。

安井:使い方があまり分からないので、基本、2人の喋りでやるっていう感じが多いですね、コントは。

――今回のネタをお客さんの前で披露された際の手応えはいかがでしたか?

にしやま:すごいですよ!って、そんなことないですけど(笑)。

安井:そうですね、(反応が)よかった。

にしやま:反応していただいているんでよかった。

安井:うけるなー!って感じですね(笑)。こんなうけるかー!って(笑)。

にしやま:作っといてなんやねん(笑)。

安井:こんなうけるかー!って。

――(笑)。では、準決勝進出34組の中でライバル視されている芸人さんはいらっしゃいますか?

にしやま:やっぱり同期は意識しますね、例えば蛙亭。

安井:あとファイヤーサンダーは、NSCの養成所で一緒だったので、同期で1年目の頃からずっと一緒にやってきているので、そこは1番意識しますね。

にしやま:あと、コウテイですかね。僕ら皇帝でやっぱり名前がかぶっているので。1個後輩なんですけど、早めに潰しときたいなって思っていますけど(笑)。

安井:そうですね。あとは基本、東京の方が多いので。あまりそこまで(東京の芸人さんと)僕ら絡みとかがなくて、そこまで知らないんですよね。でも、大阪勢はやっぱり全員意識してますね。

――今回、準決勝に出場するにあたって声をかけていただい先輩芸人さんはいらっしゃいましたか。

にしやま:近しい先輩とか、上の方と仕事を一緒にさせていただく機会があまりないので。

安井:「よしもと漫才劇場」に所属している方だとちょくちょく言ってくださったりはありましたけど。「いいなあ」っていう声が1番多かったですかね。「頑張れ!」とかじゃなくて「うらやましいな」とかっていう声のほうが僕はよう聞いてましたね。

――ちなみにどなたに言われたのでしょうか。

安井:ヒガシ逢ウサカさんとかですかね、僕が言われたのは。

にしやま:ちょっとリアル(笑)。

安井:基本コント師の人から言われましたね。僕ら漫才やってて(「キングオブコント」の)準決勝に行ってるので。

エンペラー
撮影=阿部岳人

車と免許が欲しいかな。今、タイヤしか持っていないので

――優勝されますと賞金1000万円が授与されますが、使い道は考えていらっしゃいますか。

安井:でかいわー!

にしやま:1000万円って何円かも分からん(笑)。

安井:何に使う!? 1000万円。

にしやま:でも、使い方分からんとちゃう!? まじで。

安井:僕らちょっと前に関西の賞レース(「第40回ABCお笑いグランプリ」)で優勝させていただいて、それの副賞で賞金とは別でタイヤをもらったんですよ。

にしやま:まだ届いてないんだよね。

安井:届いてないんですけど。

にしやま:スタッドレスタイヤ。

安井:僕ら免許と車を持っていないので、もし1000万円もらったら免許と車にあてようかなっていうのが1個ありますね。

にしやま:めちゃくちゃ、あまるでお前(笑)。まあ、車を買うっていうのはね。

安井:そうそうそう、免許取りに行って、車を買ってみたいな。

にしやま:たしかにたしかに。

安井:その(副賞でもらった)タイヤをちゃんと活かしてあげたい。

にしやま:でも、最初やからさ、安い軽とかの方がええで。最初やから高いの買うてもあかんで。傷つけたりするかも知れんし。

安井:でも、タイヤはもう決まってるから、タイヤに合う形の車しか買えへん。

にしやま:そうかそうか(笑)。

安井:だから、こっちに選択権はないの(笑)。タイヤに合わせた車しか乗られへんから、わけ分からへん(笑)。

にしやま:めっちゃええ車買うやん。

安井:そう。

――買いに行く時が大変そうですね(笑)。

安井:そうなんですよ。だから1回(お店に)タイヤを持ってかんとダメなんですよ。合うかどうかを。

にしやま:なんでタイヤ先やねん。

安井:タイヤが先です。だから、初めて乗る車、俺ら好きな車に乗られへん。タイヤに合わせた車しか乗られへん(笑)。

にしやま:あとなんやろな、まだ余るでしょう、500万円ずつでも。

安井:でも、車買ったらほぼなくなるやろ多分。4、500万円の車を(笑)。

にしやま:えーどうしよう、500万円。細々使いたいですね。値段を見ずにコンビニで買うとか(笑)。

安井:1番おもんないやん。

にしやま:例えば、引っ越しして部屋のインテリアこだわりたいとか。やっぱり自分が今できていないことをしたいですね。あと、いいベッドめちゃくちゃ欲しい。いい枕とか。今、シングルで寝てるからさ、キングサイズとか。

安井:しょうもないわー(笑)。

――(笑)。最後に、今回の意気込みを教えていただけますでしょうか。

にしやま:もちろん今回準決勝にこさせていただいたので、決勝を目指して。

安井:1回目の時はわけ分からなかったんですけど、(準決勝は)2回目なのでちょっと軽く慣れもあるので、決勝を本当に狙っていきたいですね。1回目とか決勝頭になかったから。

にしやま:もうなんか、いっぱいいっぱいというか。

安井:とりあえずやりきれるかどうかみたいなぐらいやったんで、今回2回目なので。

にしやま:前回より楽しく、自分らが楽しく。

安井:ちゃんと決勝も視野に入れてやっていきたいという感じですかね。

エンペラーの決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

元記事で読む