1. トップ
  2. グルメ
  3. ワインと自然に触れ合う。まだ知られていない、アメリカの癒やしオトナ旅

ワインと自然に触れ合う。まだ知られていない、アメリカの癒やしオトナ旅

  • 2019.9.19
  • 3356 views

アメリカをイメージするときに、ニューヨークやロサンゼルスなどの都会がまず浮かんでくるかもしれませんが、それ以上にアメリカの本当の魅力を伝えてくれるのは自然の素晴らしさ。その自然の大切さをわかっているからこそ、自然を保護する取り組みが国立公園の管理やレンジャーの活動として機能しているのだと思います。バージニア州にはシェナンドー国立公園があります。
前回の歴史メインから自然を感じるバージニア旅へと続きます。

シェナンドー国立公園で森ガール

undefined
©GINGERweb

ワシントンD.C.から車でわずか1時間半の場所にシェナンドー国立公園はあります。都会からのアクセスがとても良く、年間100万人以上が訪れるそうです。

全長170キロのスカイライン・ドライブが見どころのひとつ。75ヵ所も展望所があるので、お気に入りの景色をきっと見つけられるはずです。野生動物もたくさん生息しているおり、シェナンドーにしかいない絶滅危惧種もいるそう。今回はごく一部しか行けませんでしたが、それでも十分自然が満喫できました。

国立公園でのお楽しみはハイキング。シェナンドー国立公園にもたくさんのハイキングコースがあります。そのなかでもストーニー・マン・トレイルは初心者でも楽しめる2.5キロのトレイルコース。勾配のゆるい森の中を登った先には疲れも吹き飛ぶ美しい風景が待っています!

国立公園の中に宿泊する贅沢を体験

undefined
©GINGERweb

国立公園内には数ヵ所宿泊施設がありますが、今回スカイランド・ロッジにステイ。スカイライン・ドライブの標高の一番高いポイント地点(約1,120メートル)にあり、レストランからの景色も抜群です。お部屋はシンプルで清潔、必要最低限のアメニティはあり、森林の中でリラックスタイムを過ごすには十分な設え。

なにぶん自然の中の施設なので、シャワーのお湯には限りがあり、お風呂に入るのが遅いと水しか出ない、なんてこともたまにあるかもしれませんが、これも旅の思い出のひとつと思えたら立派な旅ガール!

見逃せない! 圧巻のルーレイ洞窟

undefined
©GINGERweb

シェナンドー国立公園の入口は4ヵ所ありますが、ソーントン・ギャップ入口から211号を西に20分ほど走るとルーレイという町にたどり着きます。

ルーレイにはアメリカ東部最大、有名なルーレイ洞窟があります。自然がつくりだす造形美には太刀打ちできない、と思い知らされ、心を奪われる鍾乳洞。特に水面が鏡のような水たまりに映し出される鍾乳石は、どちらが本物かわからなくなり、いつまでもその幻想的な風景の中に身を置いておきたくなるほど。4億年もかけて出来上がり、同じ形が一つとしてない奇跡の芸術品にただただ感動するばかりです。これを見ずにバージニア州を去るのは勿体ない!

自然の恵み、ワインをミドルバーグで愉しむ

バージニア州・ラウドン郡には40以上のワイナリーがあり東海岸では有数のワイン生産地域です。訪れたグリーンヒル・ワイナリーのスパークリング・ワインがアカデミー賞のおみやげワインとして使われたり、ミシェル・オバマが来た事もあるブティック・ワイナリー。ここでは購入したワインを広々としたパティオで楽しんだり、有料でテイスティングができます。おすすめはシャルドネ100%でつくったブラン・ド・ブランのスパークリング。爽やかでフレッシュなのがグリーンヒル・ワイナリーのイメージにぴったり。

undefined
©GINGERweb

ミドルバーグの町はこじんまりとしているけれど、センスの良いショップやレストランが多く、テラス席で食事をしている人もどこかオシャレ。ランチをしたマーケット・サラマンダーは、キュートな店内でカジュアルに美味しいものが食べられます。販売している食料品も厳選された良いものばかり。ワイナリーの帰りにぜひ立ち寄りたい場所です。

便利で快適なユナイテッド航空でバージニアへ

undefined
©GINGERweb

バージニア州への旅は、日本から毎日直行便を運航しているユナイテッド航空が便利です。今回はエコノミー・プラスに搭乗しましたが、エコノミークラスの座席より足元が広く快適な空の旅ができます。
機内食とともにワインやビールがフリーで飲めるのも嬉しいサービス。また、ユナイテッド航空の機内安全ビデオは面白いので、見逃さないで。

またエコノミークラス利用時でも、「ワンデイバス」として米59ドル支払えば、成田空港やワシントンD.C.空港にもあるユナイテッド航空のビジネスクラス空港ラウンジ「ユナイテッド・クラブ」の利用が可能です。出発まで広々としたラウンジで軽食と飲み物をいただきながらゆっくりと過ごせるので、ぜひ活用してみてはいかが。

undefined
©GINGERweb

植民地時代の面影を感じられる可愛らしい町にたくさん出会え、自然の美しさに心を洗われる旅が、バージニア州で待っています。最終日の夜に訪れたフェア・ウィンズ・ブリューイングでは、地元の人たちがクラフトビールを片手にとても楽しそうでした。子供連れの親子もおり、子供はジュースをちびちびと。そんな大らかな雰囲気を持ちあわせるアメリカの新たなる魅力を探しに出かけて行きたくなります。

取材協力
バージニア観光局
https://www.virginia.org/https://jp.capitalregionusa.org/
ユナイテッド航空 https://www.united.com/

歴史を巡るバージニア州の旅はこちら

写真・文/YUKI YONEI

元記事を読む