1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性のホンネ…自分に自信がなくて「恋愛を進められない」と悩むあなたへ【ひとみしょうの男子学入門】

男性のホンネ…自分に自信がなくて「恋愛を進められない」と悩むあなたへ【ひとみしょうの男子学入門】

  • 2019.9.19
  • 1887 views

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門52

彼との関係は心地いいし、もっと深い関係になりたいけど、自分に自信がなくて恋愛を進められない。そんなときは、その恋をどうやって前に進めていけばいいのでしょうか?

今回は、男性のホンネを交えつつ、どのように恋を進展させていくといいのかについてお届けしたいと思います。

■まずは深刻に考えないこと

そもそも、自分に自信がなくて、それゆえ恋が前に進まなくても、彼氏が超積極的な人であれば、彼が「結婚しよう」と言ってくれて、サクッと結婚できる女性もけっこういるんですよね。

なので、自信がなくて恋が前に進まないとき、自分に自信をつけるにはどうすればいいのか? なんてことを深刻に考えない! これをまずはおすすめします。

自分に対する自信って、さまざまなことを経験する中で、ふと、ある日ついていたことに気づくのであって、仕事で言うところの「Plan→Do→See」みたいに、なんらかの論理をともなって身につくものではないんですよ。経験が知らず知らずのうちに育ててくれているものが、自信だから。

■隠すから自分に対する自信を持てない

と前置きをした上で、さて、どうやって恋愛の駒を前に進めましょうかね。

ひとつには、彼に正直に相談するという方法があるように思います。つまり「わたしは自分に自信がなくて、それゆえ、この恋をどうやって前に進めればいいのかわからず、困っている」と彼に相談するということです。

自分に対する自信のなさがどこから来ているのかと言えば、隠すクセから。真剣に考えていることや悩んでいることを、他者に対して(あろうことか、愛する彼に対して!)隠す、という行為が、自信のなさを生んでいるんですね。なので、まずは言う!

言える人は言ってみてください。それでどうにかなるはずです。彼は「君がそこまでこの恋について真剣に考えていたとは知らなかったよ、つらい思いをさせてごめんね」と言ってくれますって!

■やっと男のホンネの話です

言えない人はどうしましょうかね。男のホンネから言えば、彼との関係が良好だということは、彼はあなたの自分に対する自信のなさっぷりをかわいいと思っているということがまず言えます。

だってそうでしょう? あなたの自信のなさを彼が「よくないこと」と思っていれば、今のようにあなたと彼は仲良くできていないでしょう?

あなたの自信のなさっぷりを、彼が「いいもの」と思っているのだから、あなたは彼にとって「いい人」として、自分がしたいことを彼に言えばいいんです。

結婚して子どもをもうけたいでもいいでしょうし、同棲したいでもいいでしょう。自分が彼とやってみたいと思っていることを、ふつうに彼に言うといいですよ。

■過去に生きるのではなく今を生きよう!

女性が、自分に自信を持てないと悩んでいても、じつは彼はそんな彼女の悩みにちっとも気づいていなかったりすることもある、ということです。なぜなら彼は「今、目の前にいる彼女」が好きで、あなたと付き合っているからです。

自分に自信がないと悩んでいる人って、往々にして「過去のどこかの時点の自分」のことを悩んでいるんですよね。たとえば、過去に母親とうまくいかなくなったときのこととか、受験に失敗したときのこととか、高校時代にいじめられて病んでしまったときのこととか。

そういうのをいまだに引きずる気持ちはわかるのですが、でもそれが起こったのは過去です。要は過去のどこかに心をつなぎ留められているから、あなたは自分の生き様に自信を持てないのです。

あなたが過去と絶えず対話していることなんて、彼は知らないですよ。あなたに興味がないから知らないのではないんです。彼は「今の」あなたのことが好きだから知らないんです。

過去に生きるのではなく、今を感じましょう!

ライタープロフィール
ひとみ しょう
作家/『ひとみしょうの“女たちへ!”』(ココロニプロロ)『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ)『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの余談ですみません』(共にGrapps)ほか好評連載中。コラムの受賞歴多数(すべて小学館『Menjoy!』編集部より)。恋愛&不妊治療をテーマとした中編小説『鈴虫』好評発売中(Amazon独占販売)。
Twitter:@hitomi_sho

元記事を読む