1. トップ
  2. ファッション
  3. アルベルタ フェレッティ 2020年春夏コレクション - “エレガンス”を身に纏う女性の日常

アルベルタ フェレッティ 2020年春夏コレクション - “エレガンス”を身に纏う女性の日常

  • 2019.9.19
  • 371 views

アルベルタ フェレッティ 2020年春夏コレクション - “エレガンス”を身に纏う女性の日常

アルベルタ フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)の2020年春夏コレクションが、ミラノファッションウィーク中の2019年9月19日(水)発表された。

undefined
www.fashion-press.net

“エレガンス”を根底に日常を謳歌する女性像

カジュアルからドレッシーまで、日常を謳歌する女性のあらゆるスタイルを描くようにランウェイを構成したアルベルタ フェレッティの2020年春夏コレクション。極めてマニッシュなルックから甘くセンシュアルなルックまでが揃う中、今季も変わらず根底に置いたのは“エレガンスであること”だ。

特に目に留まったのは、技巧的なディテールの数々。シースルーのカクテルドレスにはビジューがドラマティックに施される一方、スエードのシャツには小さなスタッズや編みの刺繍が規則正しく並ぶ。クラシカルなケープ風のクロップド丈トップスには、揺れとともに光を浴びて煌めくビジューを配した。レザーパッチワークのセットアップ、カットワークと刺繍を施したブラウスやドレスも繰り返し登場している。

今季はボトムスのバランスも面白く、クロップド丈のトップスには、レトロ感漂うブーツカットを組み合わせた。肩を抜いて着るシャツや肌が透けるほど薄くタイトなニットは、ハイウエストのタック入りパンツでウエストマークとともにスタイリングしている。

ミニスカートやショートパンツはタックインの着こなしが目立った。思い切りマニッシュに舵を切るわけでもなく、ナードな印象でもないこれらのルックは、エレガンスという言葉がしっかり当てはまっている。

赤、オレンジ、パープル、イエローなどの鮮やかな色味と、サイケデリックなテキスタイルの混合は70年代のムードを漂わせると同時に、野性味を加えている。サロペットやセットアップに、タイダイ染めを提案しているのも印象的だ。こうして生まれた個性は、古典的なエレガンスを多角的かつモダンに昇華させる。

オリジナルサイトで読む