1. トップ
  2. レシピ
  3. 色々な具材で楽しめる!【味噌田楽】の絶品レシピ12選

色々な具材で楽しめる!【味噌田楽】の絶品レシピ12選

  • 2019.9.19
  • 3468 views

今日は何にのせる?考えるのも楽しい味噌田楽!

甘辛い田楽味噌は、豆腐、野菜、こんにゃくなどさまざまな食材に合う万能調味料です。ご家庭にある素材を使って簡単にできるので、あと一品欲しいときや、おつまみにもとっても便利。味噌ダレにひき肉や唐辛子を加えてアレンジすれば、色々な組み合わせを楽しむこともできるんですよ。

これからご紹介する味噌田楽のレシピを参考にして、この機会にぜひレパートリーに加えてみてくださいね。忙しいときにピッタリな、電子レンジやトースターを使った時短レシピは必見ですよ!

トロトロジューシー!コロンとかわいい丸なす田楽

材料 (2人前)
  • 丸ナス (250g) (1個)
  • サラダ油 (大さじ1/2)

田楽みそ

  • 豚ひき肉 (50g)
  • ①赤みそ (大さじ2)
  • ①砂糖 (大さじ1)
  • ①料理酒 (大さじ1)
  • ①みりん (大さじ1)
  • サラダ油 (小さじ1)
  • 白すりごま (小さじ1/2)
  • 小ねぎ (小口切り) (適量)
手順
  1. 丸ナスはヘタを切り落とし、2cm幅に切ります。両面に5mm幅の格子状に切り込みを入れます。
  2. 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、1を入れ両面に焼き色がつくまで2分ずつ焼きます。蓋をして3分加熱し、火が通ったら火から下ろします。
  3. 田楽みそを作ります。別のフライパンを中火で熱しサラダ油をひき、豚ひき肉を入れ2分炒めます。火が通ったら①を入れ、全体に味がなじんだら火から下ろします。
  4. 器に2を盛り付け、3を塗ります。白すりごまをふり、小ねぎを散らして完成です。

コロンとかわいい丸なす。この形をいかした田楽はいかがですか。厚めに切ってフライパンで焼くと、トロトロに柔らかくなりとってもジューシーになりますよ。コクのある赤味噌を使った肉味噌をのせて食べるとたまりません。ごはんもお酒も止まらなくなります。彩りにネギを散らせば、おもてなしにもピッタリですよ。

undefined

丸なすは身がしまっているので、火が入りやすいように切れ目を入れます。両面に焼き色を付けたら、蓋をして蒸し焼きにするのがコツ。とっても柔らかく仕上がりますよ。 赤味噌ではなく、普通の味噌でも十分おいしいので、ぜひお試しください。

電子レンジで簡単!ほっこり甘い玉ねぎの甘味噌田楽

材料 (2人前)
  • 玉ねぎ (1個)

田楽味噌

  • みそ (大さじ1)
  • 砂糖 (大さじ1)
  • 料理酒 (大さじ1/2)
  • 白いりごま (適量)
手順
  1. 玉ねぎは厚さが均一になるように半分に切ります。
  2. 耐熱皿にのせてふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで3分程、柔らかくなるまで加熱します。
  3. 耐熱ボウルに田楽味噌の材料を入れて混ぜ合わせ、ラップをせずに600Wの電子レンジで1分程加熱します。
  4. お皿に2を盛り付け、3、白いりごまをかけて完成です。

甘みのある玉ねぎと味噌の塩気は相性抜群。電子レンジのみで調理できるので、暑い時期や忙しいときにもおすすめです。新玉ねぎを使うとさらに甘みが増しておいしいですよ。また、田楽味噌にグリルで焦げ目をつけると、より香ばしくなるのでおすすめです。

undefined

田楽味噌は、味噌、砂糖、料理酒を混ぜるだけ。甘さを控えたい場合は、砂糖を減らして調節してください。電子レンジで加熱するときは、焦げやすいので様子を見ながら加減してくださいね。あと一品欲しいときや、お酒のおつまみにもさっと出せて便利ですよ。

焦げ目で香ばしさアップ!田楽味噌とも相性◎!

材料 (2人前)
  • 玉ねぎ (1個)
  • サラダ油 (小さじ1)
  • ①みそ (大さじ1)
  • ①砂糖 (大さじ1)
  • ①料理酒 (小さじ1)
  • ①しょうゆ (小さじ1/2)
  • 大葉 (2枚)
手順
  1. 大葉は軸を取っておきます。
  2. 大葉は千切りにします。
  3. 玉ねぎは横に2等分にします。
  4. 耐熱皿に入れ、ラップをし、500Wの電子レンジで2分加熱します。
  5. 中火に熱したフライパンにサラダ油と3を入れ、両面焼き目が付いたら取り出します。
  6. 同じフライパンに①を入れ、中火で加熱し、ひと煮立ちしたら火から下ろします。
  7. お皿に4を盛り付け、5をかけ、1をトッピングして完成です。

先ほどは、電子レンジで加熱した玉ねぎに田楽味噌をのせましたが、こちらは玉ねぎをフライパンで焼いて焦げ目をつけました。香ばしさもプラスされて、甘辛い味噌とよく合います。 大葉をのせると、彩りもアップ。全体の味のアクセントにもなりますよ。なければ万能ネギや長ネギなどを小口切りにしてのせても良いですね。

undefined

田楽味噌は焦げやすいので、材料をフライパンに入れたら焦がさないように気をつけてくださいね。とろみが出るまで練り上げたら完成です。玉ねぎにたっぷりかけてお召し上がりください。ごまや、ゆず胡椒、ゆずの皮などを入れても、香りが良くなりおいしいですよ。

とろとろ長ネギと田楽味噌の最強コラボ!

材料 (1人前)
  • 長ねぎ (1本)
  • ①みそ (大さじ1)
  • ①みりん (大さじ1/2)
  • ①料理酒 (大さじ1/2)
  • ①砂糖 (小さじ1/2)
  • ごま油 (小さじ1)
  • 大葉 (2枚)
手順
  1. 長ねぎは根元を切り落とし、5cm幅に切ります。
  2. 大葉は軸を取り、千切りにします。
  3. ボウルに①を入れ、ふんわりとラップをし600Wの電子レンジで30秒程加熱したら、取り出してよく混ぜます。
  4. トースターの天板にアルミホイルを敷き、キッチンペーパーでごま油を薄く塗り、1を並べます。
  5. 焼き色が付くまで5分程焼き、裏返してさらに焼きます。
  6. 器に盛り付け、3をかけ、2を飾って完成です。

コンロはふさがっているけれど、あと一品欲しいな…というときは、トースターを活用すると便利です。こちらは、長ネギをとろとろになるまでトースターで焼き、田楽味噌をかけた絶品レシピ。中までやわらかくなった長ネギはとっても甘く、田楽味噌ともよく合います。味噌は電子レンジで加熱するだけ。長ネギの大量消費にも重宝しますよ。

undefined

長ネギは焼き色がつくまで、裏表5分程度ずつ焼きます。長ネギの太さや、お使いの機種によって焼き加減が違うので、調整してくださいね。中まで火が通る前に焦げてしまう場合は、アルミ箔をかけて様子を見ながら焼いてくださいね。

野菜が好きになる!絶品ツナ味噌田楽

材料 (2人前)
  • ナス (計300g) (2本)
  • ごま油 (大さじ1)

みそダレ

  • ツナ油漬け (40g)
  • みそ (大さじ1)
  • めんつゆ (2倍濃縮) (大さじ1)
  • 小ねぎ (小口切り) (適量)
手順
  1. ツナ油漬けは油を切っておきます。
  2. ナスはヘタを切り落とし、縦半分に切り、皮目に5mm幅の切り込みを入れます。
  3. ボウルにみそダレの材料を入れ混ぜ合わせます。
  4. 中火で熱したフライパンにごま油をひき、1の皮目を下にして焼き、両面焼き色がつきしんなりとするまで焼いたら火を止めます。
  5. 3に2を乗せ、皿に盛り付け、小ねぎを散らしたら完成です。

田楽味噌にツナを混ぜるとマイルドになり、より食べやすくなります。今回はなすにのせましたが、じゃがいもやズッキーニ、トマトなどの野菜とも相性抜群。野菜が苦手なお子さんも、パクパク食べてくれること間違いなしです!もちろん、お酒のおつまみにもぴったりです。お好みですりごまを入れてもおいしいですよ。

undefined

みそダレは、ざっくり混ぜると、ツナの食感が楽しめるのでおすすめ。野菜の他に豆腐などにのせてもおいしくお召し上がりいただけます。時間があれば、オーブントースターでこんがり焼くのもいいですね。ツナ味噌の香りが引き立ち、食欲を刺激します。

辛さがクセになる!青唐辛子味噌田楽

材料 (2人前)
  • 厚揚げ (1枚120g) (2枚)
  • ①青唐辛子 (2本)
  • ①みそ (大さじ2)
  • ①砂糖 (大さじ1.5)
  • ①料理酒 (小さじ1)
  • ①みりん (小さじ1)
  • ①すりおろし生姜 (小さじ1/2)
  • 大葉 (2枚)
手順
  1. 青唐辛子はヘタを取っておきます。大葉の軸は取っておきます。
  2. 青唐辛子は薄い輪切りにします。
  3. 耐熱ボウルに①を入れ、混ぜ合わせます。ラップをして600Wの電子レンジで1分加熱します。
  4. 2に1を混ぜて、厚揚げに塗ります。
  5. オーブントースターで10分程焼きます。
  6. 表面に焦げ目がついたら、器に盛り、大葉を添えて完成です。

ほどよいピリッとした辛さがクセになる青唐辛子味噌を厚揚げにのせて焼きました。青唐辛子によって味が引き締まった甘辛い味噌だれは、淡泊な味の厚揚げとよく合います。辛みを活かすために種はそのままにしていますが、辛さが苦手な方は種を取り除いてください。トースターと電子レンジで簡単にできるので、ぜひお試しくださいね。

undefined

青唐辛子味噌は、フライパンで青唐辛子を炒めてから、味噌や他の調味料と合わせて作るのが一般的。でも少量欲しいときや火を使いたくないときは、電子レンジを使えば楽チンです。青唐辛子の量はお好みで増やしてお楽しみください。

飲み過ぎ注意!下仁田ネギのおいしすぎるおつまみ

材料 (2人前)
  • 下仁田ねぎ (2本)

田楽味噌

  • みそ (大さじ1)
  • 砂糖 (大さじ1)
  • 料理酒 (大さじ1)
  • しょうゆ (小さじ1/2)
  • サラダ油 (大さじ1/2)
  • 白すりごま (大さじ1)
手順
  1. 下仁田ねぎは青い部分と根元を切り落としておきます。
  2. 下仁田ねぎは1cm幅に切ります。
  3. 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、1を焼き色が付くまで焼き、取り出します。
  4. 同じフライパンに田楽味噌の材料を入れて中火で加熱し、ひと煮立ちしたら火から下ろします。
  5. お皿に2を盛り付け、3と白すりごまをかけて完成です。

下仁田ネギをざっくり輪切りにして、田楽味噌をのせました。ひとくちサイズで食べやすく、おつまみにピッタリです。 すりゴマの香りも食欲をそそり、柔らかく甘みのあるネギと味噌の塩気が絶妙。一口食べれば止まらなくなるおいしさです。 フライパンひとつでできるので、「何かない?」と言われたときにもすぐに作ることができますよ。

undefined

下仁田ネギは、大きいものは太さが5cm以上もあり、普通のネギよりも太いのが特徴。生では辛みがあるので薬味には向いていません。でも、加熱するとトロリと柔らかくなり、甘みも増します。フライパンで火加減に気をつけながらじっくり焼いて、甘みを引き出しましょう。

まるで和風ピザ!とろーりチーズのなす田楽

材料 (2人前)
  • ナス (2本)
  • サラダ油 (大さじ2)

田楽みそ

  • 赤みそ (大さじ2)
  • 料理酒 (小さじ2)
  • みりん (小さじ2)
  • 砂糖 (小さじ2)
  • ピザ用チーズ (40g)
  • 白いりごま (適量)
手順
  1. ナスは半分に切ったら、表面に切れ込みを入れます。
  2. ボウルに田楽みその材料を入れ、混ぜ合わせます。
  3. フライパンにサラダ油を入れ中火で熱したら、1を入れて両面に焼き色がつくまで焼いたら火から下ろします。
  4. トースターの天板に3をのせ2を塗り、ピザ用チーズをのせ、トースターでチーズに焼き色がつくまで5分ほど焼きます。
  5. お皿に盛り付けて、白いりごまをふりかけたら完成です。

なすの田楽にとろーりチーズをのせれば、まるで和風ピザ!トロトロジューシーななすと甘めの味噌に、まろやかなチーズが絡まり、お子さんも大満足の一品になります。 赤味噌を使うことで風味が増しますが、なければご家庭にある味噌を使ってもOK。とっても簡単なのにおいしいので、早速今夜のおかずに作ってみてはいかがですか。

undefined

なすは、表面に切れ込みを入れ、フライパンで中火で焼いていきます。このとき油は全体に敷き、ナスに油を吸わせながらまんべんなく加熱しましょう。焼き色をつけるだけではなく、中が柔らかくなるまで火を通しておくと、失敗がありませんよ。

とろとろ食感にハマる!揚げ白なす田楽

材料 (2人前)
  • 白ナス (350g) (1個)
  • 水 (さらす用) (適量)

田楽味噌

  • みそ (大さじ2)
  • 砂糖 (大さじ2)
  • 料理酒 (大さじ1)
  • 顆粒和風だし (小さじ1/4)
  • 揚げ油 (適量)
  • 大葉 (2枚)
  • 白すりごま (適量)
手順
  1. 白ナスはヘタを切り落とし、3cmの輪切りにし、皮を縞模様になるようにピーラーで剥きます。深さ3mm程に格子状に切り目を入れます。
  2. 水を張ったボウルに入れ5分程おいたら、キッチンペーパーで水気をよく拭き取ります。
  3. 耐熱ボウルに田楽味噌の材料を入れ混ぜます。ふんわりとラップをかけ、500Wの電子レンジで1分程加熱し、よく混ぜ合わせます。さらに500Wの電子レンジで20秒程かけ、よく混ぜます。
  4. フライパンの底から2cm程に揚げ油を注ぎ、170℃に熱します。2を入れ3分程揚げます。油が馴染んできたら裏返します。3分程加熱し、全体に柔らかくなったら油を切ります。
  5. 器に大葉を敷き、4を盛り付けます。3を塗り、白すりごまを乗せて完成です。

さっと油で揚げた白なすに、田楽味噌をかけました。なす特有の黒い色素がないので、変色せずにきれいに仕上がります。 また白なすは、加熱するととても柔らかくなるのが特徴。皿に盛り付けると、見た目はまるで大根のようですが、食べるとトロトロの食感で驚きのおいしさですよ。味は淡泊なので、田楽味噌ともよく合います。

undefined

白なすは、普通のなすよりも果肉がしまっていて皮も固め。アクがあるので、必ず加熱する前に、水につけてアク抜きしてください。油との相性は抜群なので、他にも焼き茄子や炒めもの、揚げ物などに向いています。スーパーで見かけたら、ぜひ手に入れて、とろける食感を堪能してみてくださいね。

インパクト抜群!和風仕立てのハッセルバックなす

材料 (2人前)
  • ナス (2本)
  • スライスチーズ (モッツァレラ) (4枚)
  • 大葉 (6枚)
  • ①白みそ (大さじ1.5)
  • ①はちみつ (大さじ1/2)
  • オリーブオイル (大さじ1.5)
  • 白いりごま (少々)
  • 一味唐辛子 (少々)
  • 大葉 (飾り用) (2枚)
手順
  1. ナスはガクを取り除いておきます。 大葉の軸を切り落としておきます。
  2. ナスの両端に割り箸を置き、5mm幅に切り込みを入れていきます。
  3. スライスチーズは6等分に切り、大葉は4等分に切ります。
  4. ①を混ぜ合わせます。アルミホイルを敷いた天板に1をのせ切り込みの間に塗り、2を挟み、オリーブオイルを全体にかけます。
  5. オーブントースターでおよそ8分、全体に焼き色がつくまで焼きます。
  6. お皿に大葉を敷き、4を盛り付け、白ごまと一味唐辛子を振って完成です。

ハッセルバックポテトもいいけれど、ハッセルバックなすはいかがですか。食卓にさりげなく出せば、思わず歓声が上がりそうな一品です。おもてなしにもピッタリですよ。 間にはちみつで伸ばした白味噌を塗り、和風に仕上げました。大葉を入れると味のアクセントになり、彩りもアップしますよ。お好みで七味やごまを振って、お召し上がりください。

undefined

切り込みをいれるときは、なすの両端に箸や割り箸を置きましょう。切り離すことなくきれいに切ることができます。その後、具材をはさむ前に電子レンジで加熱してからオーブントースターで焼くと時短にもなりますよ。焼き時間が足りなくて固いということも防げます。ぜひお試しください。

素材本来の味を堪能!大根のエチュベ

材料 (2人前)
  • 大根 (500g)
  • 塩 (ふたつまみ)

田楽味噌

  • 赤みそ (大さじ2)
  • 砂糖 (小さじ1)
  • しょうゆ (小さじ1)
  • 白ねりごま (小さじ1)
  • すりおろしニンニク (小さじ1/2)
  • 白いりごま (トッピング) (適量)
  • 三つ葉 (飾り用) (適量)
手順
  1. 大根は2cm幅の輪切りにしたら、皮をむき面取りをし、表面に1cm程の格子状に切れ目を入れます。
  2. ボウルに田楽味噌の材料を入れ、混ぜ合わせます。
  3. フライパンに1と塩を入れ、蓋をして弱火で蒸し焼きにし、10分ほど経過したら裏返しにし、再び蓋をしてさらに5分ほど蒸し焼きにします。
  4. 大根に火が通ったら、蓋を外し、火から下ろします。
  5. 器に盛り付け、2と白いりごまをかけ、三つ葉を乗せて完成です。

「エチュベ」とはフランスの調理法で、素材の持つ水分だけで蒸し焼きにすることを言います。旨味がギュッと凝縮され、素材本来の味が味わえますよ。 続いてご紹介するレシピは、大根をエチュベで柔らかく仕上げた一品です。一緒に添えた甘めの田楽味噌は、赤味噌と白ねりごまでコクをプラス。にんにくの香りもアクセントになっていて大根によく合いますよ。

undefined

「エチュベ」は日本語では「蒸し煮」のこと。塩を振ることによって、野菜から水分を引き出します。弱火でじっくり焼きますが、焦がさないように注意しましょう。 素材そのものの味を堪能できるので、旬の野菜を使ってチャレンジしてみてくださいね。

おばあちゃんの味!里芋とこんにゃくの田楽

材料 (2人前)
  • 里芋 (200g)
  • 玉こんにゃく (200g)

調味料

  • 水 (500ml)
  • 白だし (大さじ2)
  • みりん (大さじ2)

田楽みそ

  • 赤みそ (大さじ4)
  • みりん (大さじ2)
  • 砂糖 (大さじ1)
  • 白いりごま (大さじ1)
手順
  1. 玉こんにゃくはアク抜きをしておきます。
  2. 里芋は皮をむきます。
  3. 鍋に調味料と1と玉こんにゃくを入れ中火にかけ、里芋に竹串がすっと通るまで煮ます。
  4. 耐熱ボウルに田楽みその材料を入れ、混ぜ合わせ、ふんわりとラップをかけたら600Wのレンジで1分加熱します。
  5. 2を皿に盛り付け、3をかけ、白いりごまをふりかけたら完成です。

ころころとかわいい里芋と玉こんにゃくの田楽です。里芋と玉こんにゃくを出汁で煮て下味をつけ、赤味噌仕立ての田楽味噌をかけました。 甘めの赤味噌がよく合い、ごはんもお酒も進んで止まらなくなりますよ。ねっとりとした里芋と、プリプリのこんにゃくの食感の違いも楽しめますよ。どこか懐かしいほっとするおいしさをぜひ味わってみてくださいね。

undefined

里芋とこんにゃくは、白だしで煮ますが、なければ普通の和風顆粒だしでもOK。里芋の皮を剥くのが面倒なときは、冷凍のものを使用すると楽チンです。ただし、煮崩れしやすいので、火加減や煮る時間に注意してくださいね。

味噌田楽をアレンジしてレパートリーを増やそう!

定番の味噌田楽をマスターしたら、アレンジして楽しみましょう。ひき肉をプラスしたり、にんにくや豆板醤を入れて自分好みに味付けしてもいいですね。素材を変えれば毎日でも楽しめます。ぜひお気に入りの組み合わせを探してみてくださいね。

元記事を読む