1. トップ
  2. ヘア
  3. ボリューム不足のトップと広がるサイドは、デジタルパーマで調整!

ボリューム不足のトップと広がるサイドは、デジタルパーマで調整!

  • 2019.9.18
  • 2433 views

年齢を重ねるごとにボリュームのほしい部分と必要ない部分が、かみ合わなくなっていませんか?

複合的な髪悩みに詳しいRougyのヘアデザイナー、江良栞さんは「トップや後頭部などボリュームのほしい部分と動きを出したい部分には段を入れ、コンパクトに押さえたい部分は髪の重さで落ち着かせるといいでしょう。ボブをベースに、裾広がりにするとご自身でも扱いやすくなります」

さらに毛先にデジタルパーマをかけておけば、朝のスタイリング時間は一気に短縮。この手軽さは魅力です。

【お悩み】ペタッとする頭頂部をふっくらさせたい!

ショート代表:石間香代子さん(44歳/主婦)の悩みを解決するには…

■髪型:顔まわり、後頭部に段を入れてトップにボリュームをつくる

完成
サイド
バック
石間さんのHAIR CHART
  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

このスタイルになる前は、ロングヘアだった石間さん。「今までは、重さがあったので広がりを押さえられましたが、短くなると広がりを押さえるスタイリングが大変。それで、毛先だけデジタルパーマをかけました」(江良さん)

■スタイリング:前髪をしっかり乾かしたら、あとは毛先にワックスを揉み込むだけ

「石間さんは白髪の量が多いので、前髪は厚めに残しています。前髪をブローをするとき、毛穴の向きをニュートラルな状態に戻すように、指で地肌を擦りながら乾かすこと。そうすると、あとは手ぐしで整えるだけで、ご自身が分けたい方向に、自然と流れます」(江良さん)

スタイリング前
■1:指の腹で地肌を擦りながらドライヤーをあてる
ドライヤーの風が地肌に対して真上からあたるようにすること。
■2:毛先にワックスをなじませる
両手のひらにワックスを広げたら、毛先を握るようにしてなじませる。
<老け見えをくい止めるポイント3か条>
  1. ■動きがほしい顔まわり、ボリュームのほしい後頭部に段を入れる
  2. ■前髪は厚めにとって生えぎわの白髪をカバー
  3. ■パーマはきつくかけすぎず、毛先に1カールだけで十分

「このスタイルは頭頂部がペタッとする人、ボリュームが出にくい人、髪が柔らかくなってきた人、くせ毛でまとまりにくい人に向いています。朝のスタイリング時間が激減するので、とってもラクですよ」(江良さん)

Rougy ヘアデザイナー・江良栞さん。最近はまっているのが料理。「休日の前には1週間分の食材を買い込んで、作り置きするようになりました」

問い合わせ先

Rougy
住所/東京都港区南青山3-10-32 Aoyama Morita bldg1F
TEL:03-6804-6082
営業時間:火・水・土10:00~19:00 木・金12:00~20:00 日9:00~18:00
定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)

ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン。
元記事を読む