1. トップ
  2. ダイエット
  3. 「ガッツリ運動」よりも「細切れ運動」が痩せる!細切れ運動の効果とは?

「ガッツリ運動」よりも「細切れ運動」が痩せる!細切れ運動の効果とは?

  • 2019.9.17
  • 14419 views

運動のしすぎは良くない!?

運動とは
出典:GODMake.

運動は、健康づくりのために必要ですが、やりすぎは良くありません。むしろ、運動のしすぎは健康を損ねることもあるのです。

筋肉に負荷をかけると、筋肉の細胞は一度壊れ、回復するときに細胞が増えるため、筋肉が増えるといわれています。もちろん、その際にたんぱく質や糖質など、必要な栄養素を補うことも大切です。

激しい負荷をかけ続けると、細胞の回復が追いつかず、逆に筋肉が増えなくなってしまいます。

細切れ運動が良い理由とは?

ウォーキング
出典:GODMake.

ウォーキングでいうと、

  • 1日30分ウォーキングをする
  • 1回10分ウォーキングを1日3回する

上記の2つでは、健康効果はどちらも同じという報告があります。要するに、運動の合計時間が同じであれば、何度かに分けて運動しても効果は変わらない、ということ。

また、「減量」という点においては、後者の細切れウォーキングのほうが高いのではないか、といわれています。

「1回30分運動しましょう」と言われても、ハードルが高く感じてしまいます。しかし、細切れ運動で10分歩く×3回、と言われると、やってみようかな、という気持ちになることも。心理的な面も大きく関与していると考えられます。

30分ダラダラと運動するより、細切れに集中して運動するほうが良いわけですね。

運動すると体脂肪燃焼に良いのはなぜ?

痩せる
出典:GODMake.

脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があり、それぞれ異なるはたらきがあります。

白色脂肪細胞

一般的に「脂肪」として知られているのは、白色脂肪細胞のことです。過剰なエネルギーを中性脂肪として体内に蓄えられるもので、体脂肪が増える原因となります。

褐色脂肪細胞

白色脂肪細胞と逆のはたらきをし、脂肪を減らします。脂肪細胞ではありますが、その脂肪を燃やし、エネルギーを消費するといわれています。成人では、加齢とともに減少していきます。

体脂肪を減らしたい、と思うのは白色脂肪細胞が多くですが、どうすれば減らせるのでしょうか?中性脂肪として蓄えられると、そのままでは減ることはありません。

エネルギーとして利用するためには、「遊離脂肪酸」という形に分解される必要があります。そして、分解されたあと、エネルギーとして消費するには運動が効果的とのこと。

脂肪が燃焼されるには、数ヶ月以上、運動を続ける必要があります。もちろん、細切れ運動でOKとのこと。長く続けるためには、細切れ運動だとハードルが低くて良いかもしれません。

強度が弱い運動のほうが脂肪は消費される!?

強度の弱い
出典:GODMake.

強度が強い運動→糖質がエネルギー源として消費されやすい
強度が弱い運動→脂肪がエネルギー源として消費されやすい

という傾向があります。

したがって、脂肪を減らしたい場合、強度が弱い運動を、細切れ運動すれば良いわけです。消費するエネルギー量も、連続して運動する場合と変わりません。

無理をしてウォーキングを1時間おこなうよりも、

  • 通勤途中
  • ランチの後
  • 帰宅中

など、細切れにウォーキングするほうがストレスも少なく、効果があるかもしれませんね。

20分以上運動しなければならないのは嘘!?

嘘
出典:GODMake.

よく、「運動は20分以上続けなければ意味がない」と見かけることがあります。有酸素運動は20分以上しないと、体脂肪をエネルギーとして消費しない、というわけですね。

これに関しては、少し誤解があり、

  • 運動しはじめ:糖質がエネルギー源
  • 運動開始後:脂肪がエネルギー源として使われ始める

ということは合っていますが、運動開始後20分以内にまったく脂肪が使われないわけではありません。逆に、運動開始20分後でも、エネルギー源として糖質は使われます。

また、先にも述べましたが、何がエネルギー源として使われるかは、運動の強度も大きく影響します。強度が大きい運動はエネルギー源として糖質が多く使われ、長時間続けられるような強度の弱い運動は、エネルギー源として脂肪が多く使われます。

「20分」という数字にこだわらなくても、細切れ運動でも効果があるといえます。

簡単にできる、細切れ運動!

簡単にできる運動
出典:GODMake.

わざわざウォーキングなどの時間を取らなくても、日常でちょっとした運動をすることができます。

  • 外出時
  • なるべく階段を使う
  • 上り階段は一段とばしにする
  • 時間に余裕がある時は、色んなフロアを歩いてみる
  • 電車のつり革を持って、つま先立ち
  • ひと駅分歩く
  • 荷物は手持ちではなくリュックサックにして負荷をかける
  • 家の掃除
    →床掃除や風呂掃除は「運動」だと思うことがポイント
    →布団を干す、掃除機などもこまめに

このように、ちょっとしたことが細切れ運動になり、脂肪燃焼につながります。「○曜日は、ひと駅分歩く」「○曜日は布団干し」という風に決めておくと実行しやすいですね。

運動は長く続けなければ効果を実感しにくいため、ストレスを感じないよう、細切れ運動を始めてみてはいかがでしょうか。

元記事を読む