1. トップ
  2. 恋愛
  3. 占星術|9月17日は、自信喪失しそう…判断を誤らないよう注意を!【真木あかりのボイドタイムカレンダー】

占星術|9月17日は、自信喪失しそう…判断を誤らないよう注意を!【真木あかりのボイドタイムカレンダー】

  • 2019.9.14
  • 10781 views

WEBや女性誌で人気上昇中の占い師・真木あかりさんによる「惑星カレンダー」では、 惑星の動きを占星学的に読み解きます。

今回は、9月後半のボイドタイムカレンダーをお届けします。

◎ボイドタイムとは?

ホロスコープの上を、月が次の星座へと移動する際に一定のルールに従って、月のパワーが発揮されない時間があります。それが、ボイドタイムなのです。この間は、いつもの自分をちょっぴり発揮しにくいこともありますが、心配のしすぎも良くありません。ボイドタイムは、あらかじめ知っておいて予定に活かす、というのがバランスの良い使い方です。

・重要な契約や約束は、ボイドタイムを避けて予定を立てる。・いざボイドタイムになったら「そういう時間」と思って、心を整えて慎重に行動する。

といったくらいで、ゆったりまいりましょう。

■2019年9月後半のボイドタイム

◎9月17日 01:04~9月17日 19:32

なんとなく自分の発言や行動に自信を持てなくなるかも。日中のボイドタイムなので、仕事で判断力や決断力を発揮する必要がある人は日和って選択を見誤らないよう注意したいところです。自分だけの判断が不安なら、信頼できる人に意見をもらうのは良い手段と言えるでしょう。また、何もせずにいれば不安は大きくなっていくのが普通。知識不足がわかっているならちょこっと勉強するとか、行動に移しさえすれば不安は軽減できます。できることをしていきましょうね。

◎9月19日 22:58~9月20日 05:59

夜遅くから早朝にかけてのボイドタイムなので、さほど心配はないでしょう。とはいえ、寝入りばなにふっと過去の記憶がよみがえることはありそうです。こういうときに思い出すのはたいてい、眠気を飛ばすような内容と相場が決まっています。19日の夜もそうした傾向がありますから、早めに寝てしまうのが一番でしょう。お仕事の方はお疲れ様です。自分のやり方にとらわれすぎず、柔軟でいるのがボイド中の仕事をスムーズに終わらせるカギとなりそうです。

◎9月22日 11:42~9月22日 13:51

日曜の午前中から午後イチにかけての短いボイド。大きな心配はないでしょう。美味しいランチでも食べて、楽しみながら過ごせばあっという間です。友達や恋人とのランチなら、聞き役に回ると良い雰囲気に。

◎9月24日 07:06~9月24日 18:21

早朝から夕方までのボイド。考えがまとまらない傾向にありそうです。ロジカルに考えようと思えば思うほど、余計な感情が出てきてしまうことも。頭のなかだけで考えようとせず、紙に感情や考えを書き出して整理すると良いでしょう。また、意外に効くのが整理整頓と断捨離。視界がすっきりすれば、自然と思考もすっきりしてくるでしょう。

◎9月26日 01:15~9月26日 19:38

やる気ダウン。特に普段からやりたくないなと思っている作業や、苦手意識のある仕事についてはまるでエンジンがかからず、やる気ゼロでズルズルと時間だけが過ぎていきそうです。自分を追い詰めるだけならまだしも、人を待たせて迷惑をかけてしまうことも。時間を置けば置くほど嫌になるのは確かなので、覚悟を決めて朝イチに終わらせるというのが解決策のひとつではありそうです。

◎9月28日 12:59~9月28日 19:04

土曜の午後のボイドタイム。この日が休日の人は、ここに仕事を持ち込むとまったく気持ちが休まらない状態に。急いでやらなくても良いことには手をつけず、リラックスに徹するほうが良いでしょう。お仕事の方は「頑張る」のが目的になり、ゴールを忘れてしまいがち。何のためにこの仕事をしているのか今一度考えてみると、効率的に仕事ができそうです。

◎9月30日 11:07~9月30日 18:43

月曜のAMから夕方にかけてのボイド。八方美人でいようとすると発言や行動に矛盾が生じ、結局苦しい立場に立たされるかもしれません。人にどう思われるかといったことはあまり気にせず、一貫した言動を心がけたほうが信用されやすいでしょう。相手の気持ちを考える優しい気持ちはそのままに、自分の仕事をやりやすくしていけると良いですね。

>>次回もお楽しみに
9月18日 土星の逆行終了(9月18日更新)

プロフィール

真木あかり

占い師。大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道へ。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカードなどを用いて鑑定・執筆を行う。『悪魔の誕生日事典』(宝島社)をはじめ著書、連載多数。

Twitter

ブログ

instagram

オリジナルサイトで読む