1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼とのケンカを悪化させないために心がけたいこと5つ

彼とのケンカを悪化させないために心がけたいこと5つ

  • 2019.9.14
  • 9048 views

彼とケンカして気まずいムードが続いている、というのは良くないですよね。これ以上ケンカを長引かせたり、悪化させないためにも一度冷静になってみる必要があります。ケンカしたからと言って嫌な気分を引きずらず、乗り越えてゆくためにはどうすればいいか、大事なヒントをまとめてみました!

ケンカを悪化させないためには…?

1. ケンカになった本当の原因を探る

ケンカの本当の原因はそんな考えや感じ方を相手に伝えるコミュニケーションスタイルが違うことにあるのかもしれません。例えば、論理的思考タイプの彼と感情ストレート型の彼女では衝突も多くなります。
まずは相手の性格やコミュニケーションスタイルを冷静に観察し、どう対応したらいいか考えてみましょう。

2. 問題となっているトピックスに集中する

ケンカをして話がヒートアップしてくると、どうしても人は過去のことまで持ち出して相手を攻撃したくなります。でもそうやって話が脱線すればするほど、本題から離れ、相手に対する嫌悪感や理不尽な怒りが大きくなるだけです。
ケンカについて話し合っているときはあくまで今問題になっていることだけにフォーカスして、それを解決することに全力を注ぎましょう。過去を蒸し返しても、話はいい方向にはなっていきません。

3. 相手の話を遮らないで最後まで聞く

恋人とケンカしていると、ついあれもこれも言いたくなって相手の話を冷静に聞けなかったり、遮ったりしてしまいがちですが、それがさらにケンカや不信感を増大させることにお気づきでしょうか。誰もがみんな自分の心の内を100%相手に伝えられるわけではないし、むしろそんな人は珍しいくらいでしょう。
だからこそ辛抱強く相手の話を最後まで聞く、という地道な心遣いがカップルでのケンカには大切になります。

4. 女友だちにたくさん話を聞いてもらう

相手へのむしゃくしゃした思いや日々募るフラストレーション、そうした愚痴を話すにはやはり何と言っても女友だちです。女同士なら共感できる部分も多いし、こうした悩みもじっくり聞いてくれます。
心の中のモヤモヤを吐き出してしまえば、すっきりして気持ちをリセットできますし、恋人にもまた素直で優しい態度で接することができるはずです。

5. 善意を押しつけない

彼とケンカムードになると「私はこんなにいろいろ考えて、やってあげているのに」なんて押しつけがましい気持ちが湧いてきて、ますますイライラすることになります。でもそんな独りよがりな善意こそ、相手にとってはありがた迷惑なだけなのです。
ケンカをしているときほどそんな気持ちが強くなりますが、一度冷静になって謙虚な気持ちを取り戻してみましょう。ケンカで感情的になっていることを自覚することも大切です。

元記事を読む