1. トップ
  2. スキンケア
  3. 朝のさえない顔にはこの一手間!簡単にくすみをオフするコツ3つ

朝のさえない顔にはこの一手間!簡単にくすみをオフするコツ3つ

  • 2019.9.14
  • 28557 views

おはようございます。エステティシャン・美容家の永松 麻美です。皆さんにおすすめしたい朝美容コスメやテクニックを毎週お届けしています。

朝起きてなんだか顔色がさえない、くすんでいると感じることはありませんか?

朝の顔の調子が悪い、メイクの仕上がりがイマイチだと、今日1日がんばるための気合いが入らないもの。そんなときにオススメの、朝にくすみをオフするコツ3つをお伝えしていきますね。、

【1】簡単マッサージでくすみオフ

朝くすみが気になっているときは血液やリンパの循環が悪くなっていることが原因。循環をよくしてあげれば自然とお顔色が明るくなります。

乳液やクリームをたっぷりとつけて、顔の中心から耳、耳から首へと優しくなでるようにマッサージ。

最後に鎖骨の前後を指で挟み刺激します。

これを3セットやるだけでもお顔色が明るくなります。

ただし、敏感肌やニキビなど肌トラブルが出ている人は注意を。時間がない人は通勤電車の中で耳を揉んだり引っ張ったりマッサージするだけでも顔色が変わります。

【2】炭酸系のスプレーや簡単パックなどアイテムに頼る

炭酸スプレーや炭酸パックなどは毛細血管に働きかけ血行促進をしてくれるので、そういったアイテムを使用するとくすみケアが可能です。

最近は炭酸入りの洗顔などもあるので、1本常備しておくとくすみが気になるときには便利かも。私はメイクの上からも使える炭酸スプレーを常備して、くすみが気になるときにシューっとしています。

【3】くすみオフにはピンクやパープル系の下地やパウダーを

スキンケアで難しい場合は、メイクでくすみを飛ばしましょう。ピンクやパープルの下地はお顔色を明るくし、くすみやクマを目立たなくしてくれます。

顔色がイマイチな日はピンク系の下地を使いましょう。下地以外にもピンク系のお粉などもあるので、肌状態や好みに合わせてチョイスを。

*****

朝くすみのない、透明感のある澄んだ顔色で1日がスタートできれば、それだけで良い日になりそうな気分に。くすみが気になる朝美容の参考になれば嬉しいです。

☆この連載は<毎週土曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

元記事で読む