1. トップ
  2. 映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』究極の“自然派ワイン”ができるまでのドキュメンタリー

映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』究極の“自然派ワイン”ができるまでのドキュメンタリー

  • 2019.9.13
  • 1433 views

映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』究極の“自然派ワイン”ができるまでのドキュメンタリー

ドキュメンタリー作品『ジョージア、ワインが生まれたところ』が、2019年11月1日(金)より順次全国公開される。

undefined
www.fashion-press.net

映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』

映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』は、世界無形文化遺産に登録されたクヴェヴリ製法「究極の自然派ワイン」のドキュメンタリー。

舞台となるのは、紀元前6000年に遡る世界最古のワイン醸造の起源を持つジョージア。2013年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されたクヴェヴリ製法は、素焼きの甕を土の中に埋め、ジョージア固有のブドウ品種と野生酵母により発酵・熟成するワインの醸造法であり、その新しい味わいに今、世界から注目が集まっている。

かつてはどの家庭でも作られていたこの伝統製法のワインは、ソ連の占領とソ連式大量生産による品種削減や禁酒法などの影響により、現在は極めて少量しか作られていない。本作は、逆境に立ち向かいながら「究極の自然派」と呼ばれるクヴェヴリ製法を守ってきた人々を追う。

iPhoneを使用した独特の撮影方法

監督を務めるのは、イリノイ州シカゴを拠点に活躍するエミリー・レイルズバック。撮影中には、「iPhone」を用いたという彼女は、「あらゆるものをセクシーに見せるワイン映画に嫌気がさしていたから。これが功を奏し、村人たちとの打ち解けた交流をカメラに収めるこができた。」と語っている。

“自然派ワイン”の生産地に迫るドキュメンタリー2作品

なお映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』は、“自然派ワイン”にフォーカスしたドキュメンタリー2作品を上映するイベント「映画で旅する自然派ワイン」内の1作品。同日には、オーガニック大国のフランスを舞台にした『ワイン・コーリング』も公開される。

【詳細】

映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』
公開日:2019年11月1日(金)シネスイッチ銀座、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
監督・撮影・編集:エミリー・レイルズバック
出演:ジェレミー・クイン他
配給・宣伝:アップリンク

元記事を読む