1. トップ
  2. 『スター・ウォーズ』ポーがあの有名画家に!映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』場面写真

『スター・ウォーズ』ポーがあの有名画家に!映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』場面写真

  • 2019.9.13
  • 327 views

『夜になるまえに』『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』が11月8日(金)より全国公開となる。それに先駆けて、『スター・ウォーズ』シリーズのポー・ダメロン役で知られるオスカー・アイザックが本作の主人公フィンセント・ファン・ゴッホにとって重要なキャラクターを演じている場面写真をご紹介しよう。

オスカーが演じるのは、画家ポール・ゴーギャン。ゴッホを語る上で避けては通れない人物を描く上で、シュナーベル監督は彼らがどのように会話したのか、芸術家としてどう影響し合ったのかに注目。今回解禁された場面写真では、初めて出会ったゴッホとゴーギャンが見つめ合い、熱心に話をする様、そしてゴッホとゴーギャン双方が絵の題材にしたアルルの女性を競うようにして描く様が捉えられ、正反対の二人が出会ったことから生まれる何かを期待させる写真となっている。

20190913-00000003-dramanavi-1-00-view.jpg
20190913-00000004-dramanavi-1-00-view.jpg

「こんな映画には出会ったことがなかった。創造における爆発と内なる葛藤の爆発がごちゃまぜになっていたゴッホを、リアルに実感できるんだから!」と、ゴーギャン役のオスカーも語るように、この両者の出会いがさらにゴッホの運命を動かし、観る者を独特の世界に引き込んでいく。

シュナーベル監督に「この役には彼しか考えられなかった」と言わしめた主人公ゴッホを演じたウィレム・デフォー(『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』)は、本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝いたほか、第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

本作が描くゴッホは世の中で認められず、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きている。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとも、共同生活の末に破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た「世界の美しさ」を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを圧倒的映像美で綴る感動作だ。

ウィレムとオスカー以外のキャストは、ルパート・フレンド(『HOMELAND』)、マッツ・ミケルセン(『ハンニバル』)、マチュー・アマルリック(『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』)、エマニュエル・セニエ(『潜水服は蝶の夢を見る』)など。11月の日本公開に向け、主演のウィレムとシュナーベル監督の来日も決定している。

幼い頃から精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何を見ていたのか――。

『永遠の門 ゴッホの見た未来』(配給:ギャガ、松竹)は、11月8日(金)新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『永遠の門 ゴッホの見た未来』
© Walk Home Productions LLC 2018

元記事を読む