1. トップ
  2. ファッション
  3. 夏のおしゃれは「冷え」に繋がりがち! 室内冷えから体を守る術をご紹介♪

夏のおしゃれは「冷え」に繋がりがち! 室内冷えから体を守る術をご紹介♪

  • 2019.9.13
  • 4872 views

まだまだ暑い日が続き、9月も中旬だというのに夏服が大活躍! しかし室内は冷房が効いていて体が冷えてしまう…。夏のおしゃれを楽しみつつ、涼しい室内の冷えから体を守る術すべをあれこれ聞いてみました!

「夏冷え」レスキュー ファッション編

Q.夏でも腹巻きをした方がいい?

A.YES!
「夏は、冷房や冷たい飲み物による内臓冷えに陥りがち。おなかが冷えるとむくみや便秘にもつながるので、夏でも腹巻きの使用がおすすめ。特におなかに触れるとひんやりしている人は要注意。上半身は涼しくしてもおなかから下は常に温かくしておくように」(石原先生)

 

Q.シルクがいいと聞くけどそれはなぜ?

A.シルクは保温性、吸放湿性に優れ、肌触りもGOOD
「体をしっかり保温してくれて、かつ汗をかいても素早く吸収し、湿気を逃す働きにも優れているので、夏でも快適に使えます。シルクはアミノ酸が豊富なのでしっとりとして肌触りもなめらかなので腹巻きで活用するのが大変有効です」(余慶さん)

シルク×綿の天然素材を使用し、薄手でも程よい温かさを保つ夏用の腹巻き。伸びが良く体の締めつけ感もナシ。手洗い可。
冷えとり日和365 シルク混薄手おなかウォーマー 全6色 ¥2,000 (ベルメゾン)

 

Q.冷感インナーを着ると夏冷えにつながる?

A.NO!むしろ着用をおすすめします
「体の表面を冷やすのが目的なので、冷えにはつながりません。むしろ汗を吸収して、速乾性に優れているので汗冷えを防ぐのに効果的。通気性が良く、体から余分な熱を放つことができるインナーがおすすめです」(余慶さん)

 

Q.補整下着をつけると冷えにつながる?

A.「締めつけの強さ」×「着用時間」が適切であれば問題ありません
「血流が悪くなる程の締めつけの強さや長時間の使用は、冷えにつながるおそれがあるので、適切なものを正しく使うことが重要。血液やリンパの流れを改善するには外的刺激が必要な場合もあるので、きちんと試着した上で着用ルールを守りましょう」(余慶さん)

 

Q.着圧ストッキングをはくことは、冷えによるむくみにも効果的?

A.使用ルールを守れば効果的
「足は、特に心臓から離れているので血液やリンパの流れが滞りがち。着圧ストッキングは外からの力で能動的に血液とリンパを巡らせるのでむくみ対策にぴったり。ただし圧が強すぎたり長時間の着用は逆効果。必ず使用ルールを守って」(余慶さん)

 

Q.涼しくて、かつ冷えも防ぎたい。何を着るのが正解?

A.「浴衣」をお手本にしてみて

「実は、日本に古くからあり今は夏のお出かけ着としても人気の浴衣は、夏の冷え対策にぴったりな作り。わきを締めつけず袖はゆったり、おなかは服を重ねてあったか。足元は通気性の高いマキシ丈。浴衣を参考に洋服を選ぶと涼しく冷えも防げます」(福田先生)

 

Q.ノースリーブを着る日でも、冷えないための対策って?

A.羽織りものはマスト。冷えた室内で長時間過ごす場合は腰にカイロを
「冷房の利いた室内用に、カーディガンなど羽織るものは必携。オフィスなど長時間クーラーの利いた部屋で過ごす場合は腰にカイロを貼っておくと、腰、お尻だけでなくおなかの中から温まるので、上半身は薄着でも冷えずに快適に過ごせます」(余慶さん)

 

Q.冷えないために、靴は何を履いたらいい?

A.屋外はサンダルでOK。冷えた室内では履き替えられるとGOOD
「屋外など、暑い場所を歩く分には、素足にサンダルで問題ありません。室内に入ったら靴下やストッキングをはいたり、靴を履き替えたりできるとベスト。オフィスで履く用にパンプスやスニーカーを置いておくといいです」(福田先生)

 

Q.自分で温度調節できない施設でのファッションの注意点は?

A.長時間過ごすなら、春秋ファッションをセレクトして

「オフィスの空調や暑がりの家族と冷房をシェアするといった場合、その寒さからは自分で自分の身を守るしか方法がありません。長袖、靴下をはくなど春や秋に身につけるファッションを心掛けると、程よい室温に感じられるはずです」(石原先生)

 

Q.靴下の重ねばきってどうですか?

A.「暑い&苦しい」とならない範囲で取り入れて
足先の冷え対策としてシルクの靴下の上に綿やウールの靴下を重ねばきして、暖かい空気を逃さないというものですが、「足先が窮屈で、足指が動かしにくくなると血行不良の原因に。特に夏は、足裏に汗をかく程暑くならない範囲で試してみては」(石原先生)

 

教えてくれたのは…

イシハラクリニック 副院長 石原新菜先生

健康科学アドバイザー・医学博士 福田千晶先生

美巡家 余慶尚美さん

 

『美的』10月号掲載
イラスト/平松昭子、きくちりえ(Softdesign) 構成/村花杏子、つつみゆかり

元記事を読む