1. トップ
  2. 村上信五がバレー代表・石井優希らの素顔に迫る「チームワークの良さってにじみ出ますよね」

村上信五がバレー代表・石井優希らの素顔に迫る「チームワークの良さってにじみ出ますよね」

  • 2019.9.12
  • 430 views
宮司愛海アナ、石井優希選手、古賀紗理那選手、黒後愛選手、村上信五(写真左から)
(C)フジテレビ

9月14日(土)に放送される「ワールドカップバレー2019×村上信五∞情熱の鼓動スペシャル」(昼4:30-5:30、フジテレビ)に、女子バレーボール日本代表・石井優希選手、古賀紗理那選手、黒後愛選手が登場する。

【写真を見る】柔道・阿部一二三選手と対談した村上信五

同番組は、村上信五がナビゲーターを務め、東京2020オリンピック・パラリンピックで活躍が期待されるアスリートたちに密着。

今回登場する三人は、長きにわたりエースを務めてきた木村沙織なき今、女子バレー日本代表の命運を握る選手たち。

石井選手は、2016年リオオリンピックや2019年ネーションズリーグで日本人最高得点をたたき出し、守備力も兼ね備えた“万能型エース”。また古賀選手は、4年前のワールドカップバレーで、当時19歳ながら世界の5本の指に入る成績を残し、“次世代型のエース”として脚光を浴びた。

そして、黒後選手は、Vリーグデビューとなった2018年に女子バレー界随一のパワーを武器に最優秀新人賞に輝き、一気に日本代表まで上り詰めた。だが、誰も“絶対的エース”と呼ばれる存在までには至っていない。まさにエースの座を争う3人だ。

石井優希選手が抱えてきた葛藤を告白

3人はバチバチな雰囲気かと思いきや、いざインタビューを始めると気さくで独特な関係性。この関係に村上もすぐ気が付き、トークを通じてそれぞれの素顔を引き出していく、

“一問一答”では、3人の中で「一番強気なのは?」「一番頭脳派なのは?」といった問いに、お互いの暴露合戦を展開。

また、リオオリンピックで結果を残した石井選手だが、その一方で代表落選した古賀選手に対し、「私で良かったのか」と葛藤があったことを明かし、古賀選手の前で当時の思いを初めて語る。

そして黒後選手は、活躍したことで相手チームに研究され、「初めて相手ブロックが見えなくなった」と当時を振り返る。それまでとは明らかに違うという、アスリートにしか分からない感覚的なエピソードに村上が驚がくする。

3人へのインタビューを終えた村上は、「めちゃくちゃ仲がいいですし、チームワークの良さってなんかにじみ出ますよね。バレーのプレーの時とはスイッチが違うところ…めちゃくちゃかわいらしい女性の時と、“これはこう”って入った時の目が変わるのが非常に印象的でした」と語った。

さらに「ワールドカップバレー」開幕当日にちなみ、会場の横浜アリーナから女子日本代表の初戦の相手となるドミニカ共和国の直前情報を、スペシャルサポーターのジャニーズWESTと、解説の川合俊一、栗原恵、木村沙織が伝える。(ザテレビジョン)

元記事を読む