マレ地区の新ホテルSinner、罪深き旅人をお泊めください!

オペラ通りにホテルNolinski(ノリンスキー)、16区にBrach(ブラック)を開いたグループEvokによる、新しい5ツ星ホテルSinner(シナー)がオープンした。フランス語読みするとシネールとなるが、ホテルの名前は英語を使用していて、シナー、つまり宗教上の罪人(!!!)である。ホテルができたのは教会や宗教関連の建物が集まる北マレ地区のTemple(タンプル)通り。マレ地区の歴史をひもとくとテンプル(temple)騎士団が登場し、その聖堂があったのがこの界隈という背景に導かれたコンセプトのホテルだ。

黄泉の世界へ連れて行かれそうな、シナーのエレベーター。photo:Nicolas Receveur

ステンドグラスがミステリアスな光を放つ廊下。photo:Nicolas Receveur

パリの中でも古い歴史を持つマレ地区において、この界隈では初の高級ホテルといっていいだろう。意外といってもいい場所である。それだけに、このホテルにおける“リュクス”はこれまでの高級ホテルが提案する贅沢感のイメージとはおおいに趣を異にする。その昔、本物の貴族が気ままに表現の自由を生活の中で発揮していたことを思わせるような、ゴージャス、ミステリアス、歴史的、宗教的……といった要素が混ざり合うユニークなホテルである。伝統的高級感のかわりに、70年代の少しばかり退廃的だけど解放感にあふれるお祭り騒ぎの雰囲気が匂っているホテルは、アート、デザイン、モードに関心があって、新しい驚きを求めてマレ地区に集まる人々を満足させるに違いない。

クラシックタイプの客室。photo:Guillaume de Laubier

スーペリアルーム。photo:Guillaume de Laubier

スイートルーム、その名もJustine。マルキ・ド・サドの小説『美徳の不幸』の主人公だ。photo:Guillaume de Laubier

Justineのバスルーム。photo:Nicolas Receveur

合計43室。赤い扉の客室のインテリアは、デッサンや写真が壁にかかり、いかにもマレの趣味人のアパルトマンといった様相にまとめられている。客室の魅力を味わえるのは宿泊者に限られてしまうが、誰もがバー、レストランでホテルのユニークさを楽しむことができる。コンピューターを備えたデスクは、教会の懺悔室をイメージした中にあり、またコンセプトストアも地下礼拝堂のような空間で、ちょっとしたキャビネ・ドゥ・キュリオジテといった雰囲気。

ホテルはハマムを備え、スパはアユールヴェーダにインスパイアされた自然派ブランドOrveda……ということなので、詳しくは別の機会に。

レストラン。シェフはアダム・ベンタルハで料理はエスニック。パティスリーはヤン・ブリスによるクリエイションだ。photo:Nicolas Receveur

バー。これは昼の顔……。約10種のカクテルはメメント、緋色の心臓といった思わせぶりな名前ばかり。photo:Nicolas Receveur

コンセプトストア。photo:Nicolas Receveur

Orvedaのスパ。photo:Nicolas Receveur

Sinner Paris116, rue du Temple75003 Parishttps://sinnerparis.com

元記事を読む
提供元: madame FIGARO.jpの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。