柔軟性&バランス力アップの秘訣|意識すべき3方向とは

柔軟性&バランス力をアップするには「3方向の力」を意識

バランス系のポーズは上向きの伸びる力と下向きの踏む力に加え、もう1方向意識を広げると安定感が向上。さらに、柔軟性も培われます。

ウッティターハスタパーダングシュターサナの場合

練習を行う前:体が硬いとお腹が抜けて背中が丸まる

脚を伸ばそうということに気を取られて、軸の意識がおろそかに。体幹が抜けて背中が丸まり、体のどこにも伸びがないため、フラフラ、グラグラ……。

柔軟性&バランス力アップの秘訣|意識すべき3方向とは
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
練習を続けていると:股関節とハムストリングは柔らかくなる

この練習を続けると股関節とハムストリングの柔軟性が増し、脚を真っすぐ伸ばせるように!

柔軟性&バランス力アップの秘訣|意識すべき3方向とは
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
上達のポイント:膝は曲げたままで軸脚を強く&背骨を伸ばす

上げた脚は膝を曲げて前に押し出し、背骨の伸びを優先。手を上げて上向きの力を高め、それによって下の脚もより強く床を踏める。上げた脚は前に蹴り続け、3方向への伸びを意識し3呼吸。

柔軟性&バランス力アップの秘訣|意識すべき3方向とは
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

パールシュヴァコーナーサナの場合

練習を行う前:体が硬いと上半身が下がって骨盤が閉じる

前脚で床が踏めずに体が前に倒れ、下向きにエネルギーが落ちてしまった状態。上半身が自力で伸びず、ただ下半身にのっかっているだけの状態に。

柔軟性&バランス力アップの秘訣|意識すべき3方向とは
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
練習を続けていると:踏み込む力と引き上げる意識を持てる

両脚で力強く床を踏んで上体を引き上げる意識が根づくと、手と同じ方向に体が真っすぐ伸びる。

柔軟性&バランス力アップの秘訣|意識すべき3方向とは
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
上達のポイント:両脚で踏む&上に伸びる意識を養う

前脚の腿に肘をのせて上体を高い位置で保ち、反対の手を天井に向かって伸ばす。両脚で強く床を踏み、さらに上に伸びた手の方向性を意識して3呼吸キープする。

柔軟性&バランス力アップの秘訣|意識すべき3方向とは
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…柳本和也先生
ヨガ講師、udaya yoga studio主宰。バリ島でヨガに出会い、アシュタンガヨガの権威ケン・ハラクマ先生に師事。アシュタンガヨガのほかオリジナルメソッド、アサナマンダラも指導。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.62掲載

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。