炭水化物のイメージが変わる!? 太りにくい&血糖値上昇を抑える炭水化物のとり方

お茶碗に盛りつけられたご飯の画像

炭水化物は冷やすべし!?

テーブルの上に置かれた冷やし中華の画像

7月1日放送の「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)では、双子の姉妹協力のもと、血糖値が上がらない炭水化物のとり方を検証。2人にはから揚げ定食を食べてもらい、食後の血糖値をそれぞれ計測します。2人が食べるから揚げやご飯の量はまったく一緒。ただし姉には温かいご飯を、妹には冷めたご飯を食べてもらいました。

そして食後に2人の血糖値を計測したところ、姉の血糖値は「65」もアップ。一方妹の血糖値は「32」しか上がっていません。この検証結果は、熱いラーメンと冷やし中華でも同じ。ラーメンよりも冷やし中華のほうが、食後の血糖値上昇が緩やかだったのです。

この結果についてくわしく教えてくれたのは、岐阜大学の応用生物科学部教授・早川享志先生。先生の話によれば、炭水化物は冷えるとデンプンの一部がレジスタントスターチに変わるそうです。

レジスタントスターチとは、別名「難消化性デンプン」と呼ばれるデンプン。消化されにくい性質を持ち、本来消化されるはずの小腸もそのまま通り抜けます。常温でもレジスタントスターチは増えますが、とくに冷蔵庫内が最適な温度。麺やご飯をいったん冷蔵庫で冷やすだけで、肥満や血糖値上昇の予防につながります。

冷めてもおいしいおにぎりの作り方

海苔が巻かれたおにぎりの画像

炭水化物好きにはありがたいレジスタントスターチですが、「冷やご飯」という発想に抵抗を感じる人もいるかもしれません。そんな人はこの番組で紹介されていた、冷めてもおいしいおにぎりを作ってみてはいかがでしょうか。コツを教えてくれるのは人気おにぎり専門店「蒲田屋」2代目店主・添野勝利さんです。

ひとつ目のポイントは、炊き上がったご飯をほぐして水分を飛ばすこと。熱々のご飯には、よぶんな水分が多く含まれます。水分を飛ばさずにおにぎりを作ったり、お弁当箱に詰めたりすると結露でご飯がビショビショに。添野さんはよぶんな水分を飛ばすために、バットへ移したお米を切るようにほぐしていました。

さらにおにぎりの握り方にも重要なポイントが。一般的におにぎりは両手で覆うように握りますが、添野流の握り方はひと味違います。やり方は手のひらにご飯をのせ、指の腹でふんわり形を整えるだけ。ご飯は時間が経つと潰れてかたくなってしまうので、お弁当箱に詰める際もふんわり盛りつけるのがおすすめです。

実際に試した人からは、「たしかに舌ざわりがやわらかいね」「お米がちゃんと立ってる感じがする」「お米のベチャッとした感じがまったくない」と大好評のよう。太りにくい絶品おにぎりを作って、効率よく糖質を抑えてみてはいかが?

文/プリマ・ドンナ

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。