運動が苦手な人ほどホットヨガをオススメしたい理由3選

1.代謝アップ効果が期待できる

運動が苦手な人は代謝が悪くなっている場合がよくあります。低血圧気味、冷え性、疲れやすかったり疲れが取れにくい、汗をかきにくい、風邪をひきやすく治りにくいなどの症状が当てはまるのではないでしょうか。筋肉量が落ちてしまい、血行も良くない状態が続いてしまうのは健康上あまり良くありません。しかしいきなり筋トレやランニングをしようと思うとなかなか続かないものです。

そんな時こそホットヨガです。ホットヨガスタジオは約38度、湿度60%の環境の中でヨガを行う為、普段汗をかかない方でも汗をかきます。最初は人によってそこまで汗が出ない場合もありますが、レッスン参加回数が増えれば増える程汗をかきやすい体になっていくので安心して下さい。汗をかく事によって自然と水分補給も行う為、老廃物を外に出しやすくなる効果も高めてくれます。普段あまり水分を取る習慣がない方はお水だと飲みにくいと感じるかもしれません。そんな時はスポーツドリンクでも構いません。カフェインを含む飲み物は利尿作用が高く、脱水になりやすくなってしまう為出来れば避けておきましょう。

2.激しく動かなくても体を内側から温めてくれる

ヨガレッスンは運動量によって受講クラスを選択出来ます。普段あまり運動をしていなかったら最初は運動量が1番少ないクラスを選択する方が良いでしょう。

ホットヨガクラスの場合、運動量が少ないクラスでも温度や湿度が一定です。動きが少ないクラスでも体は内側から温まり、汗もかけるので無理して頑張る必要がありません。運動量の少ないリラックス系のクラスもインストラクターの指示通りに呼吸を行い、体を伸ばす事でしっかりとヨガの効果を感じる事が出来ます。

スタジオによってはインストラクターのレッスンではなく、スタジオを解放して岩盤浴の様にただ寝そべっていられる時間が設けられている場合もあります。少し体が疲れていたり、のんびりしたい時に利用すると良いかもしれません。

ホットヨガの注意点は、始めたばかりの方は、高温多湿なスタジオの環境に慣れる必要があります。久しぶりの運動であればだんだんと運動量を上げて体を慣らしてあげる方が良いでしょう。

3.寒い季節も継続しやすい

ここから季節が冬に向かって寒くなっていきます。寒い中での運動ほど辛いものはありません。何かと理由をつけて断念してしまう経験をした方も多いのではないでしょうか。しかしホットヨガに関してはこれからが快適な季節になります。冷え切った体をじわじわとスタジオの環境によって温め、レッスンを受ける事で内側から温める効果を更に高めます。本格的に寒くなってくると、体が冷え切ってしまいスタジオに入ってもなかなか汗をかけなくなってきます。そんな時はいつもより少し早めにスタジオへ入り、軽くウォーミングアップをしながら体を温める時間を設けてあげた方が良いでしょう。

意外と誰でも始めやすいホットヨガ!ぜひトライしてみよう

少しハードルが高いと感じていたかもしれないホットヨガ。実は誰にでも始めやすいヨガです。今の季節から始めると今年の冬は冷え知らずの体になっているかもしれません。高温多湿な環境の為、絶対に無理だけはせずにその日のご自身の体調に向き合いながらレッスンに参加してみましょう。いつの間にかホットヨガに魅了されているかもしれません。

ライター/古賀奈津美
商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消の為に始めたヨガにハマり、ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。最初は週末のみインストラクターをしていたが、もっとスキルを上げたいと思い思い切ってフリーランスのヨガインストラクターへと転職。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在は妊娠中につきレッスンはお休み中、自宅にてヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。