1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 初めてさんでもOK!仕事に役立つ「バーチカル手帳」の書き方アイデア7選

初めてさんでもOK!仕事に役立つ「バーチカル手帳」の書き方アイデア7選

  • 2019.9.8
  • 9789 views

Instagramのフォロワー10万人超え!SNS・ウェブマガジンで簡単でかわいい、そして役に立つ手帳術を発信している老舗文具店「和気文具」とのコラボ連載「朝からワクワク♪私らしく楽しむ手帳&ノート術」。時間管理に役立つ手帳術や朝からハッピーになれそうなアイデアなどを、おすすめ文具アイテムと合わせてご紹介します! 手帳にはさまざまなレイアウトがありますが、中でも特に仕事用の手帳として人気が高いのが「バーチカル」タイプの手帳。

「Vertical(バーチカル)」とは「縦の」「垂直の」という意味で、バーチカル手帳では、縦に1日の時間軸が印刷されています。

会議やアポイントメントなど時間管理がしやすいメリットがありますが、初めて使う場合は「使いこなすのが難しそう」「書き方がわからない…」と感じることも。

今日は、Instagramでも大人気!「和気文具」さんの手帳術の中から、仕事に役立つバーチカル手帳の書き方アイデアをご紹介します♪

初めてさんでもOK!仕事に役立つ「バーチカル手帳」の書き方アイデア7選

【1】重要なイベントは日付の下へ

1日の中で書き込む予定が多い場合は、大切な予定を見逃してしまうことも。

その日のいちばん重要なイベントは、日付の下にあるスペースに記入すると、時間軸に埋もれること無く、ひと目で大事なことを確認できます♪

日付の下のスペースを上下に区切り、『仕事・プライベート』『午前・午後』など分けて書くのも◎

【2】始業・終業時間に線を入れて、モチベアップ!

仕事の始業時間と終了時間に予め線を引くことで、「ここまでに仕事をやりきる!」という、時間管理の意識付けができます。

上の画像では、9時と17時に赤線を引いています。

【3】開始時間は丸で囲むだけでOK

会議など予定の開始時間は、わざわざ時間を書き込まずに時間軸の目盛りを丸で囲むだけでOK。見た目もスッキリして、わかりやすいですよ。

【4】所要時間は矢印で書いてわかりやすく

予定にかかる時間は、縦の矢印で書きます。終了時間が不明な場合でも、大体の予測を書き、なるべくその時間に終えるように時間管理してみましょう!

【5】作業時間を囲って、他の予定をブロック!

予定は入ってくるものばかりではなく、自分で作るもの。絶対に確保したい作業時間は、枠で囲って確保しましょう。急な仕事の依頼にも空き時間の判断がしやすくなりますよ。

【6】「絶対残業出来ない!」そんな日は予めブロック

絶対に残業が出来ない日や、休日など仕事の予定を入れたくない時間帯は、予定を書き込めないようにバツ印を入れるなど、ブロックしておきましょう!

【7】不要な時間軸には、タスクやメモを

例えば夜19時以降など、予定管理が不要な時間帯の空欄は、TO DOリスト欄として使ったり、日々のちょっとしたメモを書く欄として活用するのがおすすめ。

仕事とプライベートのメモの位置を予め決めておくと、ごちゃごちゃせず、スッキリまとまります。

*****

仕事に役立つ「バーチカル手帳」の使い方、いかがでしたか?

文具店ではすでに2020年の手帳の販売がスタートしていますよ。仕事を円滑にすすめるためだけでなく、自分の時間を作るのにも役立つ「バーチカル手帳」を、来年の手帳に選んでみてはいかがでしょうか♪

この記事で使用した「バーチカル手帳」は…

平日のみバーチカル、土日をコンパクトにレイアウトし、広い方眼ノートスペースを確保した週間ダイアリー。巻頭には月間ページもあり、平日のお仕事をしっかりとスケジューリングできる手帳。

月間ページは上下に仕切られており『午前・午後』や『仕事・プライベート』と分けて記入できます。月のTODOリストもあります。

(編集部よりお詫びと訂正) 本記事を公開した際、手帳の商品名とリンク先に誤りがありました。 (誤)【手帳 2020年】 エイ ステーショナリー ES ダイアリー A5 週間 ウィークリーノート( https://www.wakibungu.com/fs/bungu/eistationery-0008 ) (正)【手帳 2020年】 エイ ステーショナリー ES ダイアリー A5 週間バーチカルメモ( https://www.wakibungu.com/fs/bungu/eistationery03 ) 訂正してお詫び申し上げます。

※商品名、価格などは公開時点の情報です。価格や仕様改定、または終売になる場合もございますので予めご了承くださいませ。

「和気文具」オンラインショップへ >>

「和気文具」公式Instagram >>

(記事監修:和気文具アートディレクター 今田里美、画像提供:和気文具

オリジナルサイトで読む