1. トップ
  2. 恋愛
  3. 冷めすぎじゃない!? 思わず真顔になっちゃう男性のド正論発言

冷めすぎじゃない!? 思わず真顔になっちゃう男性のド正論発言

  • 2019.9.7
  • 4561 views

女性同士のおしゃべりは、どんなことでも話題が広がっていきますよね! でも、なぜ男性は理解してくれないんだろうと残念に感じてしまうことも。女性の皆さんに経験を聞いてみました。

女の気持ちがわからない彼の言葉

1. 思い出としての買い物

意味がある買い物が好きな男性と、思い出のために買っておきたい女性。その差はなかなか埋まらないようですね。

・「夏は新しい水着を買う買わないで喧嘩まで発展した。去年と違う自分になりたかったのに『去年買って2回しか着てないじゃん! もったいないよ』と本気で否定された」(薬剤事務/24歳)

・「旅行先で、ちょっと高い食品を買おうとしたら『同じものスーパーにあるでしょ』と雰囲気を壊す一言。ここに二人で来た思い出として買いたいのに!」(CADオペレーター/30歳)

▽ 女性が欲しいと思うものには、心の満足も含まれていますよね! 彼氏さんにも理解してもらいたいものです。

2. 自分たちの運命について

お互いに好きと思える相手に出会えるって奇跡的ではありませんか。せっかくならロマンチックになりたいところですが……。

・「雑誌の占いを見て『彼氏と盛り上がる一か月だって! どこ行こう~』とはしゃいでいたら、『俺の仕事、繁忙期だからヘトヘトでお前に気を使ってられない』と真剣に返された」(福祉関係/28歳)

・「『私たち運命的に出会ったよね~。赤い糸かも!』って言ったら『いや、お互いサイト登録してたからでしょ』と冷め過ぎな彼」(テレアポ/25歳)

▽ せっかくなら一緒に盛り上がってほしかったところですね! 真面目な彼ほど現実主義かもしれませんね。

3. 仕事や友達のグチについて

イヤなことがあっても話してスッキリするのが女性です。それがわかってもらえないと逆にモヤモヤする結果に。

・「日頃から面倒な上司を愚痴りながら『訴えるレベルでしょ~』と冗談を言っていたら、彼氏が法律相談のサイトを見せて『皆でグチグチ言うエネルギーあるなら、こういう所で整理したら?』と真顔で言われた」(事務職/26歳)

・「仕事の弱音を吐き『ここで続けていく自信ないかも』と言っていたら、『辞めるなら、ちゃんと時期を決めて計画的にした方がいいよ』と具体的なアドバイスをされた」(看護師/32歳)

▽ 具体的な方法が知りたい訳じゃないのに、と思ってしまいますよね。でも、彼も助けてあげたい気持ちなのでしょう。

4. 将来のイメージについて

難しいと思ってもこんな未来がいいなと語ってしまうことってありますよね。その点、男性の方が現実的かも。

・「『結婚したらログハウスみたいな家で、ペットも飼って楽しく過ごしたいなぁ』と語っていたら、『そんな家を建てる土地は買えないでしょ!』と雰囲気を壊して終了」(webデザイナー/27歳)

・「『もし海外挙式だったら派手なドレスもいけるよね、こんな豪華なブーケもいいな』と写真を見ていたら『俺の父親、飛行機が怖くてダメだからね』と一言」(外国語講師/29歳)

▽ 女性はイメージするだけでも幸せを得られます。せめて夢を語るくらいは自由にしたいものですよね!

元記事を読む