1. トップ
  2. 生駒里奈&矢部昌暉のW主演が続投!「暁のヨナ」新作舞台の上演決定

生駒里奈&矢部昌暉のW主演が続投!「暁のヨナ」新作舞台の上演決定

  • 2019.9.5
  • 834 views
新作舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」の上演が2019年11月16日(土)~23日(日)に決定
KADOKAWA

【写真を見る】生駒と共に前作から続けてW主演となるハク役の矢部昌暉(DISH//)

草凪みずほ原作「暁のヨナ」の新作舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」が、東京・EXシアター六本木にて11月16日(土)~23日(日)に上演することが決定した。

「暁のヨナ」は、「花とゆめ」(白泉社)にて連載中の人気コミックで、謀反により父王を殺された王女ヨナが、流浪の身となりながら、さまざまな人との出会いにより成長し、自身の運命に向き合っていく姿を描く大河ファンタジーロマン。

2014年10月から2015年3月にかけてテレビアニメが放映され、2016年にスタートした舞台は今回で3作目を迎える。

高華(こうか)王国の姫・ヨナ役は、舞台「トゥーランドット~廃墟に眠る少年の夢~」にて主演トゥーランドットを演じるなど活躍している生駒里奈。

ヨナの専属護衛・ハク役は、ダンスロックバンド・DISH//のメンバーで、音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード ~青空篇~」の出演も控える矢部昌暉が、生駒と共に前作「暁のヨナ〜緋色の宿命編〜」に続いてW主演を務める。

また、新たなキャストとしてボーカルダンスユニット・M!LKより塩崎太智、曽野舜太、山中柔太朗の3人の出演も決定。矢部とは日ごろから同じEBiDAN(恵比寿学園男子部)メンバーとして交流のある間柄だが、舞台での共演は初となる。

今回の新作舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」の上演決定を受け、W主演を務める生駒と矢部からのコメントが到着した。

生駒里奈「成長した姿をお見せできるように頑張ります」

前作「暁のヨナ〜緋色の宿命編〜」に引き続きヨナを演じる生駒里奈
KADOKAWA

前回に続き、またヨナとして皆さまと高華国へ旅経つことをうれしく思っております。まだ、か弱いお姫さまだったヨナが、前作ではさまざまな経験を経て、一つ強い人間になりました。

今回もヨナにはたくさんの試練が訪れ、またより一層強くなっていくことと思います。お話自体もよりスケールの大きいシーンが舞台で表現されることなり、私も負けずに成長した姿を皆さまにお見せできるように、頑張っていきますので、舞台で確かめてください。

矢部昌暉「より迫力のある姿をお見せできるよう」

【写真を見る】生駒と共に前作から続けてW主演となるハク役の矢部昌暉(DISH//)
KADOKAWA

またハクとして、雷獣として舞台に立つことができることになりました。

今回はただ戦う姿だけではなく、ヨナやハクをはじめ、皆それぞれのやり方で高華国を良い国にするため、奮闘する姿も見どころの一つになります。

ハクとしてもより深い人間を表現できるように頑張りますので、ご期待ください。またハクがあの暗黒龍になってしまうという皆さま待望のシーンも登場しますので、お楽しみください!

前回、初挑戦だった殺陣もさらにパワーアップして、より迫力のある姿をお見せできるよう頑張りますので、皆さまのご来場をお待ちしております!

※塩崎太智の「崎」の正式表記は「たつさき」(ザテレビジョン)

元記事で読む