1. トップ
  2. 『ウォーキング・デッド』から去ったあの人、映画版で「またリックと組みたい」

『ウォーキング・デッド』から去ったあの人、映画版で「またリックと組みたい」

  • 2019.9.5
  • 1084 views

大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン9途中で退場した主人公リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)が出演する映画版の製作が進められていることは当サイトでもお伝えしてきた通り。TVでなく劇場で公開され、3部作になると言われる映画版に、ドラマ版でおなじみのあの人がぜひ出演したいと語っていることが分かった。

英Digital Spyに対してそう明かしたのは、本家のシーズン8で降板し、現在はスピンオフ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』でレギュラーを務めているモーガン役のレニー・ジェームズ。「実現可能なら、そのチャンスに私が飛びつくのは明らかだ。オリジナル版でもスピンオフでも素晴らしい日々を送っているが、中でも最高だったのはアンディ(アンドリュー)と仕事をしたことだった。再びモーガンとリックがタッグを組めるチャンスが来るなら...もちろんノーとは言わないよ」と、映画版に出演する気は満々の様子。

具体的に映画出演について製作側とは話をしていないのだという。「(製作総指揮者で映画版の脚本を執筆する)スコット(・M・ギンプル)に話を持ち掛けたことはなくて、私から押してはいないんだ。彼はメディアに対して詳細を明かさないように、キャストに対しても秘密の多い人だからね。だからキャストの誰も詳しいことは知らないけど、そのチャンスがやって来たら飛びつくよ。ただ、今の時点では何も分からないんだ」と述べていた。

映画版はリック役のアンドリューのほか、アン(ジェイディス)役のポリアンナ・マッキントッシュが出演。監督は、ドラマ版で常連のグレッグ・ニコテロが務めることになっている。

現在レニーは仕事が多忙を極めていて『ウォーキング・デッド』シーズン9を全部は見終わっていないが、もうすぐイッキ見して追いつくつもりとのこと。また、同シーズンからショーランナーを担当するアンジェラ・カンが、主人公リックが退場した後の物語をうまく展開させている仕事ぶりにも感銘を受けているという。

『ウォーキング・デッド』シーズン10は米AMCにて10月6日(日)よりスタート。『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン5はAMCにて毎週日曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ウォーキング・デッド』のキャストたち
(C)Gene Page/AMC

元記事で読む