1. トップ
  2. 松岡茉優、主演映画でピアノ連弾!原作者も「お気に入りのシーンの一つ」

松岡茉優、主演映画でピアノ連弾!原作者も「お気に入りのシーンの一つ」

  • 2019.9.3
  • 876 views
コンクールに集う4人を演じる松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士
(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

10月4日(金)公開の松岡茉優主演映画「蜜蜂と遠雷」の、ピアノ連弾シーンが解禁された。本作は、恩田陸氏の同名小説を原作に、国際ピアノコンクールに集った若き4人のピアニストたちの熱い戦いを描く。

【写真を見る】鈴鹿央士を見つめる松岡茉優

主演の松岡は、母の死がきっかけで音楽の世界から失踪するも、再起を目指し、再び舞台に戻ってきた元天才少女・栄伝亜夜を演じ、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士がそれぞれ亜夜のライバルとして登場する。

今回解禁となったのは、亜夜と鈴鹿演じる謎の少年・塵が、月明かりが差し込むピアノ工場で、ピアノの連弾を楽しむシーンだ。

塵(鈴鹿)がドビュッシーの「月の光」を弾き始めると、亜夜(松岡)も音を重ねていき、そのままH・アーレンの「IT’S ONLY A PAPER MOON」で盛り上がりを見せ、最後は亜夜のリードでベートーベンのピアノ・ソナタ第14番「月光」を演奏。「月」が出てくる楽曲を使用し“ムーンメドレー”を締めくくる。

原作者の恩田氏も、このシーンを“劇中のお気に入りのシーンの一つ”といい、松岡も「亜夜が音楽の楽しさを思い出す、重要なシーンで撮影も印象深かった」と語るなど、重要なシーンとなっている。(ザテレビジョン)

元記事を読む