1. トップ
  2. 恋愛
  3. 誤解を生んじゃう…男性を「勘違いさせてしまう」言動

誤解を生んじゃう…男性を「勘違いさせてしまう」言動

  • 2019.9.2
  • 2575 views

何気なく取った行動や態度によって、男性を勘違いさせてしまうようなこともあります。

「俺のことが好きなのかな?」と誤解を生みかねないので、あまりにも不用意な行動は取らないほうがいいでしょう。

そこで今回は、男性を「勘違いさせてしまう」言動を紹介します。

誤解を生んじゃう…男性を「勘違いさせてしまう」言動

「ボディタッチ」が多い

「ボディタッチ」は、女性が思っている以上に男性には大きく響くもの。

しかも、女性のほうから触られることが多いと、ドキッとするのはもちろんですが、好意だって感じるはずです。

だからこそ、無意味に腕や肩にタッチしたり、体が触れ合うほど接近したりするのは、誤解を生む大きな要因にもなり得るでしょう。

ベタベタとボディタッチをすると、「軽い女」に見えたりもするので、無意識的に男性に触れてしまうような女性は、特に注意が必要ですよ。

いつも「近くにいる」

気がつくと自分の近くにいることが多い女性からは、なんとなく好意だって感じるはず。

みんなで遊んでいるときも横にいたり、飲み会でも隣に座っていることが多いと、親密さも増していく一方です。

恋心などではなく、一緒にいて楽しいから近くにいるのであれば、「恋愛対象ではない」ということはきちんと示しておいたほうがいいかも。

「あなたとは友達である」とアピールしたり、好きな男性の話をしたりなどして、ちゃんと線引きはすることが大事でしょう。

「間接キス」を嫌がらない

誤解を生んじゃう…男性を「勘違いさせてしまう」言動

「これ、飲みますか?」などと、女性から飲みかけのお酒やジュースなどを渡されたとき。

男性は「間接キスじゃん」なんて思いが、ちょっと頭の中によぎります。

それは同時に、「自分は嫌がられていない」とか「自分は受け入れられている」といった気持ちを誘発します。

「間接キス」は男性からするとハードルが高い行為なので、その気がない男性に対して無闇に行うのは控えたほうがいいでしょう。

「2人きり」を拒否しない

「2人きり」というのは、やはり異性を意識しやすくなる状況ではあります。

ただの食事であったとしても、男性にはデートのように捉えられたりする可能性だってあるかも。

また、2人きりの食事のお誘いなどにOKをしてもらえたら、男性は「イケるかも」という思いにもなりやすいです。

すごく仲のいい男友達と2人きりで食事に行ったりするのは問題ないでしょうが、そういった関係ではない男性からのお誘いなら、「他にも誰か誘いましょうよ」などと言うと、変に誤解を与えたりもせずに済むでしょう。

おわりに

ちょっとしたことで男性は勘違いしやすいもの。

好意があるわけでもないのに思わせぶりな行動を取るのは、面倒なことになる危険性があるので、気をつけたほうがいいですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む