1. トップ
  2. グルメ
  3. トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」

トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」

  • 2019.9.2
  • 2304 views

国内各地の厳選した食材と毎日打ちたての自家製麺でつくったラーメンのお店「箸とレンゲ」。トリュフやぶどう山椒、ゆずなど女性に人気の食材を織りまぜた風味あふれる創作ラーメンが、枠におさまらないおいしさと評判です。店内はカフェのように居心地のよい雰囲気で女性も訪れやすく、ゆっくりと食事を楽しめます。

トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
女性にやさしいカフェのような雰囲気のラーメン店
トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
「ビーンズ阿佐ヶ谷てくて」には飲食店や生鮮食料品店が並び、雨の日も駅から濡れずに訪れられる

「箸とレンゲ(ハシトレンゲ)」は、東京に8つ、サンフランシスコに1つの店舗を構え、お店ごとに魅力的なコンセプトを持つラーメン店グループ「MENSHO」の中の1店。JR阿佐ヶ谷駅東口から歩いて1分の高架下の商業施設「ビーンズ阿佐ヶ谷てくて」にあります。

木や布の温もりを感じられるナチュラルテイストの店内は、テーブルとカウンター席がゆったりと配置。女性一人でも気軽に入ることができ、落ち着いて過ごせます。紙エプロンも用意され、ラーメンの汁の飛び跳ねを気にしなくてよいのも嬉しいです。

トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
女性が入りやすいお店を目指した店内。夜の一人客も多い

こちらのラーメンは、日本各地の生産者を実際に訪ね歩き、そのおいしさをみんなに伝えたいと選び抜いた食材を使用。麺も国内の産地から届いた小麦を使い、毎日その日に必要な分だけを石臼で挽いて打ちたてのものを提供しているため、風味が豊かです。

野菜の旨みが溶け込んだスープは動物性たんぱく質を使っていないので脂分が抑えられ、ヘルシー。鶏油によりコクを深め、ゆずの果汁により風味を広げています。これまでに培ってきた調理技術や知識をもとに創作しており、今年7月にはメニューを一新しました。

国産食材のおいしさをいかした創作ラーメン
トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
「山椒担担麺」(950円)。辛みは少なく、自家製の宇治抹茶山椒オイルやラー油でさらに風味が豊かに

新メニューのおすすめは、和歌山県のぶどう山椒を使った「山椒担担麺」。香ばしいゴマの濃厚スープが極細麺に絡み、ふんだんに添えられた牛そぼろの旨みとピーナッツのカリカリ食感、山椒のピリリッとしたしびれとさわやかな香り、舌に残る甘みが印象的です。

トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
納豆とトリュフの組み合わせに箸が止まらない「日式納豆麺」(800円)。塩麹漬けの卵黄でコクが増す

健康と美容によい納豆たっぷりの「日式納豆麺」は、チャーシューのたれをベースとした汁なし麺。納豆に白トリュフオイルを絡ませており、もちもちの縮れ麺とすするたびにトリュフのまろやかな香りと旨みが口の中でほわんと膨らむのがなんとも言えません。

個性的なサイドメニューやデザートも楽しんで
トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
お肉とニラをぎゅっと詰めた「丸もち餃子」(300円)。油淋鶏だれのサクサクとした食感もアクセント

ラーメンと合わせて食べたい「丸もち餃子」は、その名のとおり丸くて、厚めの皮がもっちり。ポン酢でさっぱりと味わえ、ごま、油淋鶏だれ、ねぎが食感と味わいを広げます。つまみとして生ビール(250円)とともに食べ、ラーメンで締める女性も多いそうですよ。

トリュフをからめた納豆麺や、ぶどう山椒の担々麺が話題! 阿佐ヶ谷駅すぐのラーメン店「箸とレンゲ」
「自家製杏仁豆腐」(150円)。ぶどう山椒はブドウの房のように実がつき、大粒で風味がよいのが特徴

食後は「自家製杏仁豆腐」をどうぞ。山椒担担麺にも使っているぶどう山椒でつくられたジャムがかけられ、さっぱりとした繊細な風味がデザートにぴったりです。

ぶどう山椒のジャムは瓶詰めの販売も行い、わざわざ買いに来る人もいるのだとか。また、3ヶ月に1回新しい創作ラーメンが登場し、季節ごとの味も楽しめます。ほかでは出会えない格別のラーメンをゆっくりとくつろぎながら味わってみてはいかがでしょう。

元記事で読む