1. トップ
  2. ブラッド・ピット、12回目の来日が緊急決定!最新作『アド・アストラ』がヴェネチアで大旋風

ブラッド・ピット、12回目の来日が緊急決定!最新作『アド・アストラ』がヴェネチアで大旋風

  • 2019.9.2
  • 332 views

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(公開中)での好演も記憶に新しいブラッド・ピットが、自ら製作も務めた主演最新作『アド・アストラ』(9月20日公開)。現在開催されている第76回ヴェネチア国際映画祭でついに世界初お披露目され、大絶賛の嵐。それを受け、ピットの緊急来日が決定した。

【写真を見る】ブラピが初めて宇宙に挑む!キャリア最高の演技との呼び声も

ブラッド・ピット主演&製作最新作『アド・アストラ』がヴェネチア国際映画祭を席巻
[c]2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

本作は、地球から43億キロ離れた宇宙の彼方で消息を絶った父と、その謎の答えを探すために宇宙へと旅立つ男の姿を描いたスペース・アクション。主人公ロイ・マグブライドを演じるピットは本作で初めて宇宙を題材にした作品に挑戦。共演には「メン・イン・ブラック」シリーズの名優トミー・リー・ジョーンズや『アルマゲドン』(98)のリヴ・タイラー、『ラビング 愛という名前のふたり』(16)のルース・ネッガら豪華キャストが顔を揃える。

現地時間8月29日の公式上映の前には華々しいレッドカーペット・セレモニーが執り行われ、キャスト陣とメガホンをとるジェームズ・グレイ監督が参加。上映会場にはいち早く観ようと集まったマスコミで超満員となり、上映後にはスタンディングオベーションが沸き起こるほどの熱烈な賛辞を浴びる。また、同日に行われた公式会見では、開始2時間以上前から長蛇の列が作られるなど、大盛況となった。

『ジェシー・ジェームズの暗殺』(07)で第64回の最優秀男優賞を受賞するなど、ヴェネチア国際映画祭との関わりも深いピットは会見で「本作はこれまで自分が手がけてきた作品の中でも最もチャレンジングな作品だった。3年前に監督と最初に語った方向性そのままの作品ができあがり、大変満足のいく出来となりました」と自信をのぞかせていた。

【写真を見る】ブラピが初めて宇宙に挑む!キャリア最高の演技との呼び声も
[c]2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

そしてこのたび、本作のプロモーションのためにピットが緊急来日を果たすことが決定。Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン 戦争は話術だ!』のプロモーションで来日して以来2年ぶり12回目の来日となるピットは、9月12日(木)に日本科学未来館で記者会見を実施し、翌日にはTOHOシネマズ六本木で行われるジャパンプレミアに参加する予定となっている。

ピットの迫真の演技と没入感あふれるリアルな宇宙描写、親子の絆を描く深遠な人間ドラマで、世界の主要メディアから「ブラッド・ピット史上最高の演技!」や「アカデミー賞最有力候補だ!」などの絶賛の声が鳴り止まない本作。ヴェネチアで戴冠を果たし、一気にアカデミー賞の主役に名乗りを上げることができるのか、大いに注目したい!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

元記事を読む