1. トップ
  2. メイク
  3. 伊藤千晃さんがTRY! 秋の本命はグレー×ピンクの軽やかモードメイク

伊藤千晃さんがTRY! 秋の本命はグレー×ピンクの軽やかモードメイク

  • 2019.9.3
  • 7045 views

「MAQUIA」10月号では、人気モデルがマキア読者に向けておすすめの秋メイクを提案! 今回は伊藤千晃さんがこの秋したいメイクをご紹介します。

“グレーとピンクでつくる
レディライクなモードルックが
この秋の本命になりそう”
―― CHIAKI


伊藤千晃がこの秋したいのは…
“グレイッシュ×シアーピンクでつくる軽やかなモードメイク”

新色に挑戦したいけどモードすぎるのはちょっと……と思っていたときに出合った、グレイッシュなアイカラー。透明感のあるグレーをしっかりのせたクールな目元に、対照的なピンクトーンのリップとチークを合わせて、柔らかさと芯のある憧れの女性像が実現。


EYE

グレーを重ねた奥行きの
あるドラマティックアイ

A 軽やかにのび、ぴたりと密着。旬色がセットされた秋らしいパレット。ヴォランタリー ベイシス アイパレット 06 ¥6200/セルヴォーク B なめらかな描き心地でどんな線も自由自在。ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8192 ¥3000/NARS JAPAN(8月23日発売) C まつ毛を根元からキャッチし濃密に発色。さらりと纏えば自然に目力アップ。キッカ シェイプディファインマスカラ 01 ¥4000/カネボウ化粧品

Aの右下をアイホール全体に、左上を二重幅にブラシで。2種のグレーで深みを出す。

Aの左上のグレーをブラシにとり、まぶたの中央を除いて目頭&目尻にのせて立体感を。

Aの左下を下まぶたの目頭〜目尻までチップで。Bで上まぶたのキワに細くライン、上下のまつ毛にCをさらりと1度塗り。

LIP

ミルキーなピンクリップが
ほのかなグレーと好相性

リップラインよりも少しオーバーにDを直塗り。まろやかな発色だからしっかり塗りがベター。

D みずみずしく軽い質感。ふっくらした女性らしい唇に。リップブロッサム エターナルクチュール 03 ¥2800/ジルスチュアート ビューティ(限定品)

BASE

マットな輪郭でモードな
雰囲気を底上げ!

ツヤタイプのファンデーションを顔全体にのせEをフェイスラインに。質感でコントラストを。

E さらっとしたマット肌がひとはけで。ディオールスキン ミネラル ヌード マット パウダー 03 ¥5500/パルファン・クリスチャン・ディオール

CHEEK

淡ピンクのチークで
華やかさをプラス

まず、頬骨に沿ってシャープにFを。その上から大きめのブラシでFを重ねて血色感もプラス。

F ハイライトとチークが1つのパレットに。ナチュラルな血色を宿してくれるソフトピンク。コンスピキュアス チークス 06 ¥6800/アンプリチュード


MAQUIA10月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/ 岡田いずみ〈KiKi inc.〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/伊藤千晃 取材・文/浦安真利子 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

【MAQUIA10月号☆好評発売中】

元記事で読む