1. トップ
  2. ファッション
  3. 今っぽい「韓国ストリート」コーデを作る8つのキーワードはコレだ!

今っぽい「韓国ストリート」コーデを作る8つのキーワードはコレだ!

  • 2019.8.30
  • 8876 views

ゆるっとしたシルエットやネオンカラーの服、スポーティな小物など、いま街では韓国ストリートコーデのコが大量発生中! 今日は、そんなストリートコーデを簡単にマネできる方法を徹底解説します! 最新トレンドをチェックして、周りのコと差をつけちゃいましょう♡

【キーワード1】

「肌見せ&派手色」でクールに決める!

秋はモノトーンよりストリートっぽくなる「黒×オレンジ」に注目。定番のマーチンはローファータイプを選んで差をつけて。
Tシャツ¥5,000 ラップショートパンツ¥10,000 ベレー帽¥5,000 クリアショル ダーバッグ¥5,000(すべてX-girl /X-girl store)ソックス※3足セ ット¥1,000(チュチュアンナ)ローファー¥22,000(ドクターマーチ ン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)

【キーワード2】

「DHOLIC」で揃えれば即韓国っぽくなれる!

とにかくトレンドが早くてコスパがいい! 新作もセールになるからつい買っちゃう…というコ多数。 オーバーサイズのゆるTなど今っぽいシルエットが見つかります。
Gジャン¥7,950 Tシャツ¥1,960 ショート パンツ¥3,190(すべてDHOLIC LADIES/DHOLIC) イヤリング¥2,600(GOLDY)バッグ¥1,990(GU)

【キーワード3】

この秋の注目アイテムは「チェックパンツ」!

おじさんっぽいチェックパンツが人気急上昇中! スニーカーやサコッシュでハズして、カジュアルに着るのが気分。定番のスウェットコーデが、グッと今年らしく仕上がります。
チェックパンツ¥2,990(UNIQLO)スウェット ¥1,490 サコッシュ¥790(ともにGU)スニーカー¥12,800(プーマ/プーマ お客様サービス)

【キーワード4】

ITバッグは「サコッシュ」一択!

ずるっとしたⅠラインコーデのアクセントになる、ななめ掛けが気分! スポーティー なサコッシュならスニーカーとも相性バツグンで合わせやすい。今年はバリエも豊富です!
カモフラ柄ミニショルダーバッグ¥5,500 キャミワンピース¥6,000(ともにX-girl× PMW/X-girl store)Gジャン¥9,000(ジーナシス/アダストリア)

【キーワード5】

今年買うべきトレンドカラーは「ヴィヴィッドオレンジ」!

オシャレ感が出て盛れるオレンジが気になる! 黒小物と相性が良くて、シンプルワンピも一気に今っぽい。
リブワンピース¥3,703(H&M/H&M カスタマーサービス)ブラックキャップ¥4,800(MILKFED./MILKFED. SHINJUKU)レザーリュック¥2,769 (ベルシュカ/ ベルシュカ・ ジャパン カスタマーサービス)スニーカー¥5,800 (コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

【キーワード6】

ヘアメークは「ヨシンモリとマットブラウン」でオシャレ見え!

「ヨシンモリ」とは韓国語で女神巻きの意味。巻いてすぐにほぐさずカールのかたまりをキープして、ふわふわさせずにツヤを強調。 リップはマットなブラウンが旬。
レースTシャツワンピ ース¥10,000(MILKFED./MILKFED. SHINJUKU)

【キーワード7】

買い足しデニムの狙い目は「ずどんと落ちるワイド」!

とにかく太めシルエットに注目。ヒールや厚底を合わせて地面すれすれの長めのレングスで脚長効果を狙って。クロップトトップスと合わせておへそを出すのがテッパン。
ワイドデニム¥3,990(Uniqlo U/UNIQLO)シャツ¥11,000(X-girl/X-girl store)Tシャツ¥2,990 (エヴリス/エヴリス ルミネエスト新宿店)サングラス¥2,580(EMODA/EMODA ルミネエスト新宿店)ショルダーバッグ※9月中旬入荷予定¥5,900(キャセリーニ)パンプス¥8,324(ZARA/ザ ラ・ジャパン カスタマーサービス)

【キーワード8】

お手本にすべきインフルエンサーは「BLACKPINKのJENNIE」!

「見ているだけで幸せ」と、韓国ストリート系女子にとってはもはや女神級の存在になっているJENNIE。ハイブランドをMIXした女っぽいストリートコーデが参考になります!

 

モデル/由布菜月 撮影 /須江隆治〈See〉ヘア・メーク/福岡玲衣〈TRON〉スタイリスト/伊東牧子 取材/増田奈津子 編集/岩谷 大 取材協力/The Little BAKERY Tokyo、World Breakfast Allday
※掲載の内容はJJ10月号を再構成したものです。

元記事で読む