1. トップ
  2. 恋愛
  3. 母が口にする「父の愚痴」で壊れた父娘関係。誤解が解けた今でも会えない理由に胸が痛む【めまぐるしいけど愛おしい、空回り母ちゃんの日々 第131話】

母が口にする「父の愚痴」で壊れた父娘関係。誤解が解けた今でも会えない理由に胸が痛む【めまぐるしいけど愛おしい、空回り母ちゃんの日々 第131話】

  • 2019.8.29
  • 58299 views

今回は私と実の父の関係についてのお話です。


幼い頃から実の父親の愚痴を実の母親から聞かされる続けて育った私は、いつしか実父の事が嫌いになっていました。
ホリカン さんが描く母娘関係について
同じ屋根の下に暮らしているのに目を合わせる事もなく、もちろん会話もありませんでした。

そんな状態が、私自身が家を出る十年以上もの間ずっと続いていました。


今の夫と出会ったことで実家を出る決意をし、家を出たことで実母の『洗脳』も解け、結婚が決まって実家に挨拶に行った際に十年以上ぶりに実父と面と向かって話しをしました。

今まで散々酷い態度をとり続けていたにも関わらず、実父は優しく私たちを受け入れてくれました。

そこで私は、今までなんて酷いことをしてきたのだろうと、過去を思い出して猛省しました。

実父との長きにわたるわだかまり(私から一方的な)が解け、初孫である長男が産まれた時、目を細めて長男を抱く実父の姿を見て涙を堪えることが出来ませんでした。

子どもが大好きな実父。

孫を合わせるたびにとても嬉しそうで、そんな実父の姿を見て私もとても嬉しかったのですが…


実父と孫が会うときは必ず実母も一緒。

しかし、実母がいると必ず愚痴を聞かなくてはならず、実父に孫を会わせたいけど、正直実母の愚痴を聞くのは耐えられない…

そこで、実母が席を離れた際に、実父だけで孫に会いに来てくれないかと提案してみたんですが、


『お母さんに悪いから』と言う理由で自分一人で会いに来ることは出来ないと言った実父。(ちなみに実母は実父が一緒じゃなくてもガンガン一人で産院に来ていました)

特に実母に止められたわけでもなく、「自分の考えでそうする」といった感じでした。

その後、前回の話しでも書かせていただいた通り、私自身が実母と会うことに耐えられなくなり、実家と連絡を取るのをやめました。

それは私自身が自分の心を守るために選択した結果でしたが、今でも、子どもが大好きな実父の事を思うと、はたして本当に自分の選択は正しいのか…と
ふとした時に胸が苦しくなるほど悩んでいます。

(ホリカン)

元記事を読む