1. トップ
  2. 女性シンガー・ソングライターのルーツは妄想? 吉澤嘉代子が思い出の地を巡る

女性シンガー・ソングライターのルーツは妄想? 吉澤嘉代子が思い出の地を巡る

  • 2019.8.29
  • 403 views
シンガー・ソングライターの吉澤嘉代子が、「人と音楽」で思い出の地を巡る
(C)フジテレビ

シンガー・ソングライターの吉澤嘉代子が、9月3日(火)放送の「人と音楽」(フジテレビ)に出演。思い出の地を巡り、そのルーツに迫っていく。

【写真を見る】吉澤嘉代子の制作方法は、妄想がベース?

「人と音楽」の関係をあぶり出すドキュメント

「人と音楽」では、さまざまなジャンルで活躍する、「0」から「1」を生み出すアーティストたちが普段聞いている音楽にフィーチャー。

アーティストたちの音楽観や、その音楽を聞く理由や受けた影響、それを自らの創作活動にどう循環させているのかに迫り、「人と音楽」の関係をあぶり出していく。

今回は、過去の放送でサカナクション・山口一郎が「彼女の歌には自分が絶対に辿り着けない“視点”がある。うらやましい」と語っていた、吉澤のルーツに迫る。

吉澤嘉代子にとって音楽とは?

吉澤の歌詞には、独特の言い回しや表現が多く散りばめられている。番組では、歌詞への思いにスポットを当て、彼女に密着していく。

吉澤ならではの“視点”はどこから生まれたのか、そのルーツに迫るべく、彼女の生まれ育った埼玉・川口へ。

川口駅前にある中央図書館には、子供のころに読んでいた短歌、詩集、小説が。本を探しているときの彼女は、まるでおもちゃのショーウインドーをのぞき込む子供のような表情を見せる。

そして、お目当ての本を探し出すと突然、内容を事細かく熱く語り出す吉澤。普段は物静かな彼女とのギャップに、スタッフも驚きを隠せない。

また、2018年に国の重要文化財にも指定された「旧田中家住宅」は、「小さいころはこの建物を見ながらよく“妄想”していました」と話す、吉澤の楽曲制作の原点ともなった場所。

彼女の制作方法は独特で、楽曲の登場人物に名前やキャラ設定などを細かく決めて、そこから生まれる物語を曲に落とし込んでいくという、妄想をベースとしたもの。幼いころから、吉澤の制作方法は確立されていたと思われる。

最後に訪れたのは、日も落ち、空も薄暗くなってきた夜7時前の川口駅東口デッキ。学生のころ、毎週金曜のこの時間、この場所で行っていたという路上ライブを振り返る。

「川口駅前で路上ライブをするのは、約10年ぶり…」と緊張した面持ちの吉澤。ギターを持ち、マイクスタンドの前に立つと、先程までとは違い凛とした表情でゆっくりと歌い出す。

久々の路上ライブを終え、「吉澤嘉代子にとって音楽とは?」という問いに対して彼女が出した答えとは…。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む