1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. オシャレさと実用性を両立!インテリア性のある「ワークスペース・勉強部屋」特集♡

オシャレさと実用性を両立!インテリア性のある「ワークスペース・勉強部屋」特集♡

  • 2019.8.29
  • 8551 views

勉強やPC操作、ハンドメイドなど、様々な作業を行うために自宅にワークスペースや勉強部屋を設置している人は多いと思います。

「作業効率も大切だけど、インテリア性も考えた空間にしたい」という人のために、今回はオシャレさと作業のはかどりやすさを両立した、魅力的なワークスペースや勉強部屋の実例をいくつかご紹介していきます。

ミニマルながらもオシャレなワークスペース・勉強部屋

スッキリとしたスペースで、作業や勉強がはかどりやすい

無駄なくスッキリとした空間で、作業や勉強に集中したい場合、ミニマルなスタイルのワークスペースや勉強部屋にするとインテリア性も兼ねた空間にすることができます。

こちらのインテリア例では、デスクとチェア、シェルフとシンプルながらも北欧スタイルのものを取り入れることで、ストレスの少ない居心地の良さも実現しています。

リビングなどのちょっとした空間をワークスペースなどに利用したい場合は、こちらを参考にしてみると良いでしょう。

天板を壁面に設置してデスク代わりに使うことで、レッグなどで遮られず、限られたスペースながらも開放感のあるワークスペースに仕上げています。

こちらのインテリア例では、横に広いのを利用してカウンター風のワークスペースに仕上げています。

照明はレトロな風味のペンダントライト、チェアはヴィンテージ感のあるものを取り入れることで、ミニマルながらも小粋な風味を感じさせる、カフェ風なスタイルにしていますね。

ナチュラル感のあるオシャレなワークスペース・勉強部屋

居心地よくストレスフリーな空間で、作業効率UP

居心地よく、作業や勉強がはかどりやすいワークスペースや勉強部屋にしたいのであれば、ナチュラルなインテリアスタイルがオススメです。

例えば、こちらの例ではデスクとチェアはウッド感のあるものでまとめ、周辺は明るく、暖かみのある北欧スタイルのグッズでまとめることで、ストレスを和らげて作業などに集中しやすい空間に仕上げています。

ナチュラル感のあるワークスペースを作るのに欠かせないのが、ウッド感のあるインテリアグッズです。

こちらの例では、独特な木目と渋い色合いのデスクをチョイスすることで、ネイチャーな雰囲気を強調しています。

チェアは異なるデザインのものをあえて取り入れることで、メリハリを生んでいます。

観葉植物が持つネイチャーな魅力は、ナチュラル感を演出するとともに癒し効果もお部屋に与えてくれます。

こちらのワークスペースでは、デスク周辺にウンベラータを置き、グリーンの癒しと和やかな空気を生み出すことで、リラックスしながら作業に打ち込めるようにしています。

ナチュラルな雰囲気のワークスペースや勉強部屋を作る場合、インテリアカラーにも注目するのも大切です。

例えば、こちらの勉強部屋では白とナチュラルカラーをベースにすることで、開放感と暖かみを生み出しています。

デスク上の地球儀のブルーがアクセントになって、変化を感じさせる空間にしているのもポイントです。

スタイリッシュなモノトーンなワークスペース・勉強部屋

モノトーン特有のクールな雰囲気で、頭がさえる空間に

白と黒で構成されたモノトーンインテリアが持つクールさは、思考力や集中力を高めてくれるので、一層作業や勉強がはかどります。

こちらのお部屋では全体をモノトーンで固めつつ、デスク上などにちょっとした観葉植物を置くことで無機質になりすぎず、それでいてアイデアを練りやすい空間にしています。

また、モノトーンなワークスペースを作る際には、メリハリなどを生むためにチェアなどのデザインにもこだわるのもオススメです。

こちらの例では、メッシュな座面とシンプルながらもスタイリッシュなレッグのチェアを取り入れることで、スマートな魅力と個性を感じさせる空間にしています。

モノトーンな空間をよりオシャレに見せたい場合は、アクセントカラーにも注目すると良いでしょう。

こちらの勉強部屋では、白をメインにした空間の中にピンクのチェアを取り入れることで、スタイリッシュな中にポップで愛らしい魅力をプラスしています。

モノトーンが持つスマートな魅力を強調したいのであれば、アクセントカラーにブルーをチョイスすると良いでしょう。

こちらのワークスペースでは、チェアのクッションとデスク周辺のキャビネットに濃いめのブルーを取り入れることで、クールさを強調した空間に仕上げています。

こちらの勉強部屋では、ライトブルーを白と組み合わせることで、爽やかで開放感のある空間にしています。

チェアは曲線的なフォルムのイームズチェアをチョイスすることで、冷たすぎず、それでいてお部屋に漂うスタイリッシュな魅力を強調するようにしています。

個性とこだわりを感じさせる、男前なワークスペース・勉強部屋

大人の遊び心を感じさせる、秘密基地のような空間に

年季の入った道具に、渋く色あせたデスクなど、ヴィンテージな魅力を感じさせるワークスペースは遊び心とこだわりを感じさせますよね。

こちらのお部屋では、そうした経年変化によって生み出される味を重視することで、インスピレーションを掻き立てられるような空気を生み出しています。

こちらの男前なワークスペースでは、壁面に数式などが書かれたポスターを張ることで、サイエンスなテイストを加えています。

お部屋に漂う大人の秘密基地めいた雰囲気はどこか非日常的で、ユニークなアイデアをどんどん生み出してくれそうな、クリエイティブな魅力に満ちています。

「こだわりを感じさせつつ、心がワクワクするような勉強部屋にしてみたい」人は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

デスク前の壁一面に世界地図風のステッカーを貼ることで、遊び心をプラスしています。

ステッカーはモノトーンをチョイスすることで、子どもっぽくなり過ぎないようにしていますね。

個性とこだわりを感じさせるワークスペースにしたいのであれば、ちょっとしたグッズにも注目してみましょう。

例えばこちらのワークスペースでは、レトロなカメラや手のデッサン用模型など、男前かつユニークな魅力を感じさせるグッズを積極的に取り入れています。

定規などをインテリアに取り入れることで、インダストリアルさも漂わせています。

シンプルにまとめつつ、渋格好いいワークスペースにしたい場合も、デスク周辺のグッズにこだわってみると良いでしょう。

こちらの例では、エイジング加工されたファイルボックスや、インダストリアルなトタンボックスなど、ヴィンテージ感のあるグッズをチョイスすることで飾りすぎず、それでいて男前な空間にしています。

ナチュラルカントリーな魅力あふれるワークスペース・勉強部屋

次々とアイデアがわき出そうな、テーマ性豊かな空間

こちらのお部屋では、アンティーク調のものでまとめつつ、バスケットやドライフラワーなどのカントリーなグッズを取り入れることで、上品で清楚、どこかノスタルジックさを漂わせる空間にしています。

チェアのクッションは丸太風のものにすることで、お茶目な魅力も感じさせますね。

「ナチュラルカントリーなスタイルで、素敵なアイデアを生み出せるようなテーマ性のあるワークスペースにしたい」という人は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ドライフラワーなどの素材やメルヘンチックなグッズをデスク周辺に置くことで、インスピレーションを得やすく、魅力的なグッズのアイデアがどんどん湧くようにしています。

こちらのシックな雰囲気が漂うワークスペースでは、ナチュラルカントリーな雰囲気を損なわないよう、ミッドセンチュリーなテイストの社長椅子が取り入れられています。

「長時間作業するので、椅子も実用性のあるものにしたいけど、周囲に馴染むようなものにしたい」場合は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は作業や勉強に集中できるだけでなく、インテリア性にもこだわったワークスペースや勉強部屋をいくつかご紹介していきました。

作業や学習をするためのワークスペースや勉強部屋でも、オシャレさにこだわることでユニークなアイデアやひらめきを生みやすくすることができます。

ご紹介した実例を参考に、ぜひ魅力的なワークスペース・勉強部屋作りにチャレンジしてみてください。

オリジナルサイトで読む