1. トップ
  2. 注目の舞台「幽☆遊☆白書」初日開幕! 崎山つばさ「霊丸を打つシーン」をアピール

注目の舞台「幽☆遊☆白書」初日開幕! 崎山つばさ「霊丸を打つシーン」をアピール

  • 2019.8.28
  • 518 views
注目の舞台「幽☆遊☆白書」がついに初日開幕!
(C)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会/(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年

8月28日(水)に東京・シアター1010で舞台「幽☆遊☆白書」の公開ゲネプロが実施され、囲み会見に崎山つばさ、郷本直也、鈴木拡樹、橋本祥平、荒木宏文が登場した。

【写真を見る】崎山つばさオススメ! 霊丸を打つ浦飯幽助役

原作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された冨樫義博の同名漫画。コミック累計発行部数は5000万部を越え、全112話を放送したアニメも高視聴率を記録した人気作品が満を持して舞台化へ。

主人公・浦飯幽助役の崎山は、「原作を知っている方には懐かしんでいただきたいですし、初めて見る方は『こんな舞台みたことない』と感じてもらえると思います」と、幅広い層から楽しまれる作品であることをアピール。

また、コエンマ役の荒木は、キャラクターが使用する“おしゃぶり”をしたまま「本日はお忙しい中お越しいただき…」と話し始め、取材陣から思わず笑い声が上がる一幕も。荒木は「関係者からも『見るのが楽しみだ』と注目されている作品」としながら、「大きなプレッシャーがあると同時に、見せつけてやろうと。その期待を軽く越えられるような舞台を作れたので、自信を持って初日を迎えたいと思います」と自信をのぞかせた。

見どころについて聞かれた崎山は、「(幽助で言うと)霊丸を打つシーンがあります。特に、最後の4つめに注目してください」と笑顔。郷本は「原作にもある、幽助と桑原の見事なコラボレーション」、橋本は「額の包帯を取る瞬間」など原作ファンなら思わず気になってしまう場面をアピールした。

浦飯幽助役・崎山つばさ

舞台「幽☆遊☆白書」浦飯幽助役を演じさせていただく崎山つばさです。本日夜、いよいよ初日を迎えます。(準備期間の)1ヵ月はあっという間に過ぎていって、みんなと一緒にこの舞台を作ってきました。原作を知っている方には懐かしんでもらいたいですし、初めて見る方は「こんな舞台、見たことない」と感じてもらえると思います。

桑原和真役・郷本直也

桑原和真役の郷本直也です。今つばさも言ってたんですけど、原作が大好きな方にとっても「このシーン、こうなってるんだ!」と思わせるシーンもあるでしょうし、初めて見る方にとっても見やすい内容になっているんじゃないかなと思います。本当にいいチームワークで稽古をさせていただきました。そのチームワークが、本番にいい影響を与えるのではないかなと楽しみにしています。

蔵馬役・鈴木拡樹

本日はありがとうございます。舞台「幽☆遊☆白書」初日を迎えることとなりました。僕も小さい頃に読者であり、アニメ版視聴者でもありました。なので、稽古初日に幽助が第一声をしゃべり始めたときに「『幽☆遊☆白書』が帰ってきた!」と肌で感じました。見てくださる皆様も、同じ気持ちになっていただけるんじゃないかなと思います。

とにかく、早く皆様にも、新たになっているけれどもどこか懐かしさを感じる舞台「幽☆遊☆白書」をお届けできたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

飛影役・橋本祥平

飛影役の橋本祥平です。稽古が始まって顔合わせをしたとき、いろんな現場で経験を積んだ方が多い中で、これほどまでに緊張とプレッシャーを感じる雰囲気を味わう顔合わせは初めてでした。全員がプレッシャーと戦い、またそれを共有しているのだと驚きました。

連載が始まった当初は、僕はまだ生まれていませんでしたが、もちろん作品は知っていて学生の頃に読んでおりました。それほど幅広い世代に愛される作品なので、“生半可な気持ちではこの場所に立っていない”ということです。最後までプレッシャーと緊張と戦いつつ、皆様に最高のものをお届けできたらと思います。よろしくお願いいたします。

コエンマ役・荒木宏文

本日はお忙しいなかおこしいただきありがとうございます。おしゃぶりが邪魔で、いつもとマイクの持ち方が違うんですが…。稽古初日から刺激をもらい、常にチャレンジして掘り下げて作品を作りました。

関係者にも注目していただき、「見るのが楽しみだ」と言ってもらえる作品で大きなプレッシャーがあると同時に、「見せつけてやろう」と。その期待を軽く越えられるような内容を作れたので、自信を持って初日を迎えたいと思います。(ザテレビジョン)

元記事を読む