1. トップ
  2. ファッション
  3. 「定番スタイル」の感度を上げるリニューアルプラン12選

「定番スタイル」の感度を上げるリニューアルプラン12選

  • 2019.8.28
  • 9428 views
undefined

白と黒、ゆるいと細いといった、必然的にバランスよくまとまるハズさない組み合わせだからこそ、新しさも臆することなく楽しめる。色や素材など、わずかな違いでよりよく変われる、新定番のとり入れ方をご提案。


STYLE_01
SET-UP
「黒のジャケットとテーパード」
行き先や会う人などTPOに左右されない、好感度の高いセットアップ。まじめなコンビだからこそ、多少のくずしも欲しいところ。

>> 「黒から渋いブラウンへ」
知的なムードやきちんと感に加えて、よりやわらかさや深みが出せる、レトロなブラウンにカラーチェンジ。誠実さはしっかりとキープしながら、より親しみやすい雰囲気へと見違え。


ローファーまでブラウンでつなげてさらに統一感のあるスタイルに
ブラウンジャケット 90,000円+税、パンツ 39,000円+税/ともにザ・ニューハウス(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ベージュロングスリーブTシャツ 9,500円+税/handvaerk(ビショップ) ピアス 12,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) ローファー 14,900円+税/A de Vivre


STYLE_02
COMPACT × FLARE
「ノースリーブとフレアスカート」
すっきりとしたクセのないノースリーブに、女らしさと華やぎを加えてくれる広がりのあるフレアスカート。ねらうはさらなる存在感。

>> 「ぬくもり素材でスカートにもっと重みを」
ほっこりとした素材を先取りして、広がりのあるスカートの重量感をさらにアップ。そでのない涼しげなトップスとの差を明確につけることで、シンプルながら目を引く装いに。


コーデュロイがドレッシーに転びがちなゆれ感を身近に寄せる役割もはたす
白ノースリーブカットソー 3,900円+税/Upcycle(メイデン・カンパニー) オリーブコーデュロイスカート(共布ベルトつき)34,000円+税/ニアーニッポン(ニアー) サングラス 34,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) 白ビーチサンダル2,000円+税/ハワイアナス(ドウシシャ)


STYLE_03
ALL BLACK
「黒のマキシワンピース」
1枚でさまになり、そのうえ涼しくラクに過ごせる夏に欠かせないアイテム。そんな気楽な形のバリエを秋に向けてさらに増やしたい。

>> 「ジャンプスーツを買い足し」
ワンピと同様、1枚だけで完結するジャンプスーツに注目を。パンツであることで甘さがおさえられるぶん、締めつけ感のないフォルムでもどこかきりっとシャープな印象を獲得。


ほっそりとしたきゃしゃなパンプスでメンズライクなシルエットのボリュームを軽減
黒ジャンプスーツ 32,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 眼鏡 40,000円+税/ayame(アヤメ) トートバッグ 49,000円+税/アヴァケーション(アマン) パンプス 14,400円(税込み)/BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック) ふだんづかいしやすい、ドライな風合い。


STYLE_04
SHIRT × DENIM
「白シャツとデニム」
クリーンな白とラフなデニム。親近感の中にも上品さが漂う理想の組み合わせには、これからの時期、さわやか以上のなにかが必要。

>> 「あいまいな暗色で大人っぽく」
デニムのかわりに、スモーキーなブルーのキレイめパンツを新投入。シャツも白からダークなグレーにシフトし、全体をシックな色でまとめれば、単純でも深みのあるスタイルへと昇華。


コンサバ色の強いアイテムだからこそ上下ゆるいフォルムでもスマートに着地
グレーポケットつきシャツ 27,000円+税/アッパーハイツ(ゲストリスト) ブルーテーパードパンツ 25,000円+税/FLORENT グレースニーカー 6,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) オーソドックスなコンバースのスニーカーも、グレーに変えてマイナーチェンジ。



STYLE_05
LOOSE × SKINNY
「ゆるスエットとスキニー」
リラクシーなスエットと、それを締めるスキニーパンツ。快適さやバランスのよさはそのままに、できれば手抜き感は回避したい。

>> 「スキニーを縦長スカートに置きかえ」
スキニーのようにすっきり見えるのにレッグラインがあからさまに出ない、まっすぐ伸びたスカートを新たな締め役として活用。スエットの女っぷりまで上がるうれしい相乗効果を発揮。


アクティブなイメージから一転、スカートのおかげでエレガントな装いへとシフト
白フーディロングスエット 24,000円+税/unfil(ビショップ) 黒スカート 7,990円+税/PLST(プラステ) ミュール 69,000円+税/マリアム ナッシア ザデー(プラージュ 代官山店) 長め丈のスエットのおかげで気になるヒップラインもカバー。足元に合わせたゼブラ柄が辛口なアクセントに。


STYLE_06
SENSUAL × RELAX
「きゃしゃなタンクとワイドパンツ」
旬なワイドパンツのゆるさを整えてくれる、フィット感のあるリブタンク。タイトなフォルムをもっと気軽にとり入れるなら?

>> 「上下のシルエットを逆転」
スタイルよく見える黄金バランスはそのまま、ざっくりとした肉厚ニットの肩がけで肌感をそれとなくセーブ。トップにボリュームが出るぶん、目線が上がって今まで以上にすらり。


タンクと色をそろえて1枚のようになじまれば、レイヤードも簡単
リブタンクトップ 1,200円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) 肩にかけたニットカーディガン 19,800円+税/アルダニー(フリークス ストア渋谷) デニムパンツ(8月下旬入荷予定)25,000円+税/ホリデイ ボワロー(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店) ベルト 6,000円+税、ビーチサンダル 5,500円+税/ともにTODAYFUL(LIFEs 代官山店)


STYLE_07
MONOTONE
「白Tと黒ボトム」
配色の割合を変えても、個性的な服でも確実にうまくいくシンプルなモノトーン。だからこそ、ふだんとは違う服にも挑戦してみたい。

>> 「パンツの素材を変えてみる」
いつもならちゅうちょしてしまう強気なレザーを、見慣れた黒でトライ。それだけで「もつ」質感を味方につけることで、ワンツーでも地味に見えないスタイリングへとレベルアップ。


ハードなレザーをどこかやさしい印象に導く丸みのあるテーパード
白Tシャツ(2枚組)2,700円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) 黒エコレザーパンツ(共布ベルトつき)20,000円+税/HIDE(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) レオパード柄ショルダーバッグ 14,000円+税/マーロン(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店) 黒ビーチサンダル 2,000円+税/ハワイアナス(ドウシシャ)


STYLE_08
TRAD STYLE
「ネイビージャケットとチノパンツ」
ジャケット人気が高まる今、再び盛り上がりを見せるオーセンティックなスタイル。今どきに着こなすには脱力感がキーワード。

>> 「パンツでカジュアルダウン」
メンズライクなパンツの中でも、チノよりこなれ感の出るミリタリーパンツでジャケットにわかりやすい着くずしを。全体を深い色でまとめればボーイッシュに転ばず、品のよさは継続。


腰まわりがもたつかないハイウエストならジャケットにもお似合い
ネイビージャケット 64,000円+税/クチュールドアダム(ザストアバイシー代官山店) チャコールグレーワッフルTシャツ11,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) オリーブミリタリーパンツ 15,800円+税/フリーダ(フリークス ストア渋谷) 眼鏡 43,000円+税/ayame(アヤメ) 黒ベルト 12,000円+税/MartinFaizey(グラストンベリーショールーム) 黒パンプス 13,900円+税/A de Vivre



STYLE_09
LONG & LEAN
「長めワンピとリブレギンス」
無理なくほっそりとした Iラインへと導いてくれるありがたいフォルム。発想を変えるだけでレパートリーはまだまだ広がる。

>> 「スカートでも縦感を意識」
ロングスカートの流れるシルエットをうまく活用。なかでもプリーツなら、リブのように縦が強調されるため、レッグラインを見せずとも、ワンピに欲しい自然なメリハリが手に入る。


上下を同じシルエットでまとめてもシャープに見えるプリーツの効能
白ミドルネックシャツワンピース 35,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) ダークネイビープリーツスカート 39,000円+税/ENFOLD アソートフープピアス 4,500円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) 白シューズ 33,000円+税/nagonstans ワンピのサイドスリットもリーンに貢献。


STYLE_10
MARINE LOOK
「ボーダーとネイビーパンツ」
パリジェンヌを彷彿させる、上品で清涼感のあるマリンスタイル。できることなら夏だけでなく、シーズンレスで着こなしたい。

>> 「秋色へとトーンダウン」
今までは白とネイビーでさわやかに見せていたところ、全体的に秋めいたこっくり色をチョイス。夏のイメージが強かった着こなしから、季節感を伴った落ち着きのある装いへとシフト。


より深い茶色をメインにすればボーダーがとたんにシックな面持ちに
ブラウンボーダーカーディガン 16,000円+税/ルミノア(ゲストリスト) ブラウンリブタンクトップ 16,000円+税/BATONER ブラウンデニムパンツ 24,800円+税/SERGE de bleu(ショールーム セッション) ベージュハット 8,500円+税/FERRUCCIO VECCHI(ロペ マドモアゼル) ブラウンベルト 10,000円+税/M.F.Saddlely(グラストンベリーショールーム) シューズ 14,900円+税/A de Vivre


STYLE_11
CASUAL × CHIC
「ロゴ Tシャツと細身スカート」
ロゴTを大人っぽく寄せるアイテムとして活躍する細めのスカート。そぎ落とされた組み合わせに差をつけるひねりがあれば完璧。

>> 「さりげないツヤでクラスアップ」
ほっそりとしたスカートの中でも、特別感のあるサテンを選べば、ロゴTがさらにワンランク上の着こなしへと昇華。ロゴ自体も胸元くらいにとどめておくのが幼く見えないコツ。


サテンならではのニュアンスがシルエットの緊張感を適度にほぐしてくれる
黒ビッグTシャツ 12,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ベージュサテンスカート 8,990円+税/PLST(プラステ) サングラス 32,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) 黒サンダル 7,400円+税/RANDA Tシャツに入った両サイドの切れ込みが間のびを回避。


STYLE_12
SWEET × COOL
「白ブラウスとミリタリーパンツ」
直球ガーリーな白ブラウスに無骨なミリタリーパンツという真逆のテイストMIX。目立たせるよりなじむ工夫をすることで今っぽく。

>> 「パンツの色をカーキ以外に」
ミリタリー=カーキの先入観をなくし、マニッシュなグレーへとスライド。互いを引き立て合う相反バランスはそのまま、カジュアルさがおさえられてテイストのコントラストもひかえめに。


チノだけど大人なダークグレーのおかげでかわいいそでがリアルに着地
白ギャザーショルダーシャツ 24,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) チャコールグレーテーパードパンツ25,000円+税/Yarmo(グラストンベリーショールーム) 黒ベルト 6,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) 黒ブーツ 36,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa

元記事で読む