1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 京都初の本格的なウォーホル展覧会「アンディ・ウォーホル・キョウト」20年に開催、約200点を展示

京都初の本格的なウォーホル展覧会「アンディ・ウォーホル・キョウト」20年に開催、約200点を展示

  • 2019.8.28
  • 538 views

京都初の本格的なウォーホル展覧会「アンディ・ウォーホル・キョウト」20年に開催、約200点を展示

“ポップアートの旗手”アンディ・ウォーホルの展覧会「ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト」が、2020年9月19日(土)から2021年1月3日(日)まで、京都・京都市京セラ美術館 新館 東山キューブにて開催される。

undefined
www.fashion-press.net

“ポップアートの旗手”アンディ・ウォーホルとは?

1960年代のニューヨークで、大衆文化と消費社会のイメージを主題や素材とする“ポップアート”の旗手として活躍した唯一無二のアーティスト、アンディ・ウォーホル。トレードマークは銀髪とクリアフレームのメガネ。アーティストだけではなく、商業デザイナー、画家、音楽プロデューサー、写真家、映画制作者、そして社交家と様々な顔を持ち、あらゆるメディアとジャンルを超えてマルチクリエーターとして活躍した人物だ。

その作品の中で最も有名なものは、アメリカの食品製造会社「キャンベル・スープ・カンパニー」が60年代当時販売していたスープ缶32種類を、シルクスクリーンによる印刷で描いた『キャンベルのスープ缶』。当時のアメリカにおける主要な美術運動として“ポップアート”の時代が到来するきっかけの一つとなった作品だ。

京都初の本格的なウォーホル展

本回顧展は、京都における初の本格的なアンディ・ウォーホル展。米国ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵品から、イラストレーターとして活躍していた1950年代の初期作品をはじめ、代名詞ともいえるシルクスクリーンを多用した1960年代に制作された「死と惨事」シリーズなどの象徴的なキャンバス作品、映画やテレビ番組などの映像、注文絵画としてのセレブリティのポートレート、そして、宗教画を参照した晩年の作品を展示。

特にアメリカにおける大衆消費社会の光と影の両面を映し出したアンディ・ウォーホルの作品約200点を通して、その複雑なアンディ・ウォーホル像に迫るものとなっている。

開催概要

「ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト」
開催期間:2020年9月19日(土)〜2021年1月3日(日)
会場:京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ

元記事を読む