1. トップ
  2. レシピ
  3. 短期集中ならコレ。たった2週間で効果あり!? のダイエット方法6選

短期集中ならコレ。たった2週間で効果あり!? のダイエット方法6選

  • 2019.8.28
  • 9580 views
GLAM_ダイエット01

肌の露出が増える夏は、とくにダイエットを意識する季節。でも、なんだか1年中ダイエットの文字が頭の中をぐるぐるしている、そんな方も多いのではないでしょうか。ファッションを楽しむためにも体型はキープしておきたいものですが、ダイエットを決意するタイミングは、リゾートで水着になる、パーティーでとドレスアップする予定がある。だからなんとか、2週間で痩せたい……、そんなときですよね。
そこで今回は「予定のためにとりあえず痩せたい!」という方のために、短期集中ダイエットをご紹介していきます。

体を動かすダイエット「有酸素運動と筋トレの合わせ技」

写真:pixabay.com

「ダイエット=食事制限」と結びつけてしまいがちですが、美しく痩せるなら、筋肉を落とさず、脂肪を落とす運動が効果的です。体重を落とすことも大切ですが、見た目にスッキリすることもダイエットの成果になります。

短期集中で効果を得たいなら、有酸素運動と筋トレをセットで行うのがおすすめです。有酸素運動といえば、ウォーキングやジョギングですよね。どちらのほうが痩せられるのか。ジョギングのほうがハードな運動なので、脂肪燃焼効果も高くなります。しかし、ポイントは「続けること」です。どちらか好きなほうを取り入れても、交互に行ってもGOOD。この有酸素運動に腹筋を取り入れると効果アップ。順番は、筋トレ後に有酸素運動がおすすめです。

市販品でも手軽にできる「置き換えダイエット」

写真:Photo AC

1日の食事の1食分をローカロリーなものに置き換えるだけの「置き換えダイエット」。一体どのようなものに置き換えれば効果がアップするのでしょうか。炭水化物や糖質を極力抑えた食事を選ぶのがポイントです。体を温めて脂肪燃焼効果をアップし、老廃物を流して腸をキレイにしてくれる野菜たっぷりのスープがおすすめです。かぼちゃやイモ類は避けて、トマトやキノコ、玉ねぎを使うとより効果が期待できます。

味付けは薄味を意識して。塩分が多くなるとむくみの原因になるので気をつけましょう。置き換えはローカロリーであることがポイント。ダイエットドリンクや酵素ドリンクなど、ダイエット向けの市販のドリンクでもOKです。

やっぱり気になる「糖質オフダイエット」

写真:pixabay.com

最近よく耳にする「糖質オフ」というキーワード。気になっている方も多いのではないでしょうか。糖質を制限することで、体重を落とすことが可能です。脂肪の蓄積を防ぎ、むくみも解消する効果があるダイエットです。コンビニでも糖質オフの商品を多く見かけるので、「置き換えダイエット」の1食に取り入れるのもおすすめです。

糖質ダイエットでは、白米、パン、麺類、イモ類など糖質を多く含むものを食事から除きます。短期集中ダイエットだからといって無理はしないこと。体が慣れるまでは、糖質オフは1食から始めましょう。夕食から始めるのがおすすめです。

確実に結果を出したいなら食べる量を減らす「ファスティング」

写真:pixabay.com

ファスティングは食事制限の中でも比較的きついダイエットですが、その分高い効果が得られます。ファスティングは、食べる量を大幅に減らすダイエット方法なので、正しいやり方を覚える必要があります。ファスティングダイエットプランのあるホテルもあるので、興味のある方はチェックしてみてください。週末ステイで手軽にファスティング体験ができますよ。

ファスティングダイエットのやり方は、最初の3日間で食事の量を大幅に減らします。肉や油ものは避けて、夕食の量も減らせる限り減らしましょう。次の3日間は、固形物は避けて、酵素ドリンク、フレッシュジュース、青汁、豆乳などの水分だけで過ごします。次に徐々に固形物を増やしてきます。最初はおかゆや味噌汁、おかずをつけるなら豆腐程度に抑えます。次の日には、おかずを豆腐から野菜に変更します。その次の日にはおかゆを普通のご飯に変更、ただし、量は少なめにします。おかずは薄味の和食がおすすめです。

美肌をキープ!「食べるだけ」ダイエットならトマトがGOOD

写真:pixabay.com

いくつかのダイエットを経験した方なら「楽して痩せる方法はない」ことに気づいているはず。それでも、手軽さとおまけを求めてしまうものですよね。夕食時にトマトを食べるだけの「夜トマトダイエット」が話題です。

夕食のときにトマトを2〜3個食べる、とても簡単なダイエットです。ポイントは摂取するリコピンの量なので、トマトジュースに置き換えたり、トマト缶を使ったトマト料理を食べてもOK。1日15mg以上のリコピン摂取にはトマト2〜3個が必要になります。トマトジュースやトマト缶を使うときには、成分表示で摂取可能なリコピンの量がチェックできますよ。リコピンには抗酸化作用があるので、美肌効果も期待できます。

海外セレブやモデルが実践する「ABCDEFダイエット」

写真:pixabay.com

海外セレブやモデルも取り入れている「ABCDEFダイエット」は、今回紹介したダイエットの中で一番キツイ方法かもしれません。やり方は簡単なのですが、とにかく我慢するものが多いんです。

・A=Alcohol(アルコール)→お酒全般
・B=Breads(ブレッド)→パン
・C=Carbohydrate(カーボハイドレート)→炭水化物
・D=Dairy Products(デイリープロダクト)→乳製品全般
・E=Extra Sweets(エクストラスイーツ)→チョコレートやフルーツなどの甘いもの
・F=Fat(ファット)→脂肪分

食べてはいけないものはあるのですが、食べていいものがあるのも「ABCDEFダイエット」の特徴です。朝食には、焼き魚やゆで卵(ただし、白身のみ)、昼食にはお蕎麦や鶏肉、夕食には生orゆで野菜サラダやこんにゃくステーキがおすすめ。水は1日に2リットル飲むようにしましょう。ダイエット効果をアップするために、有酸素運動と筋トレのセットはマストで取り入れるのがポイントです。

短期集中ダイエットの注意点

写真:pixabay.com

短期間とはいえ、無理は禁物です。短期集中ダイエットでは、リバウンドにも気をつけなければなりません。

「ダイエットってやっぱりつらい」と感じたら、この機会に太ったらダイエットすればいいという考えは捨て、生活習慣や食生活を見直し、太らない生活を心がけるようにしてみるのもいいかもしれません。

元記事で読む