1. トップ
  2. 吉田鋼太郎は「すぐ乳首を狙う」!? 田中圭との映画未公開シーンが話題で「おっさんずラブ」が視聴熱1位獲得

吉田鋼太郎は「すぐ乳首を狙う」!? 田中圭との映画未公開シーンが話題で「おっさんずラブ」が視聴熱1位獲得

  • 2019.8.27
  • 1044 views
【写真を見る】吉田鋼太郎のアドリブ演技に田中圭からクレームが
KADOKAWA

【写真を見る】吉田鋼太郎のアドリブ演技に田中圭からクレームが

WEBサイト ザテレビジョンでは、8月26日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)31876pt

2018年4~6月に放送され、大反響となった連続ドラマの続編となる映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」が8月23日より全国公開された。SNSには、鑑賞したファンから、「#劇場版おっさんずラブみたお」というハッシュタグをつけた投稿が続々と。

9月7日(土)には全国50劇場で応援上映「サタデーナイト『劇場版おっさんずラブ』応援(フィーバー)上映だお」の実施が決定。声だし、サイリウムの持ち込み、そしてコスプレもOKで、楽しみにする声が上がった。

また、26日は「帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル」内の「帰れま10」企画に、田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、沢村一樹、志尊淳、内田理央が“おっさんずラブ軍団”として参戦。焼き肉チェーン「牛角」で、人気メニューベスト10当てに挑んだ。

挑戦の合間には、吉田の2つのアドリブ演技についての暴露も。映画版では、アドリブでビンタされた志尊が素で驚いているシーンが採用されており、番組中でその映像が特別に公開された。

また、もう一つのアドリブは、連続ドラマでのこと。田中が抱きつくシーンで「すぐ乳首を狙う」とクレームを入れた。証拠映像として、吉田が田中にボディタッチする未公開シーンを含めた映像が流され、OL民と称されるファンは大興奮だった。

尾野(奈緒)の奇行に注目が集まった「あなたの番です」が2位
KADOKAWA

2位「あなたの番です」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)19953pt

部屋に招き入れた二階堂(横浜流星)を睡眠導入剤で眠らせ、その服を着て翔太(田中圭)と黒島(西野七瀬)の前に現れるなど、尾野(奈緒)の奇行があらためて話題になった8月25日放送の第18話。

二階堂が黒島に頬キスから、くちびるでのキスへ…というラブシーンもあったものの、ラストでは、尾野が黒島に緑色の液体を吹きかけるという、“毒霧”攻撃をして視聴者を驚かせた。

残り2話となり、SNSでは犯人考察もさらに盛り上がっており、二階堂のAI分析で黒島が犯人の可能性が89%と出たことにも注目が。

そんな中、YouTubeの日テレ公式チャンネルでは、第11話から18話までのまとめ動画を公開。山寺宏一がナレーションを担当し、軽快なテンポでこれまでの物語を紹介している。

Snow Man渡辺翔太の出演も決定した「監察医 朝顔」が3位
KADOKAWA

3位「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)15784pt

8月26日に第7話を放送。朝顔(上野樹里)は、検事の石田(山本未来)に再鑑定を依頼された事件の控訴審に鑑定証人として出廷する。被告人・亜里沙(有森也実)は、3年前に夫が病死。その1年後に再婚した夫も、わずか3か月でまたもや病死。巨額の遺産を手に入れた亜里沙のことを、「10億の美魔女」とマスコミも注目していた。

仮病を使ったり、朝顔に悪態をついたりする亜里沙。裁判中に薬物検査の結果が分かり、髪の毛から水銀が見つかって犯行が裏付けられた。

冷静に裁判に臨んでいた朝顔だったが、1話から続くもうひとつの物語にも進展があった。東日本大震災で行方不明になっている朝顔の母・里子(石田ひかり)が被災時に身に着けていた手袋が見つかり、朝顔の父・平(時任三郎)はすぐに東北へ。

手袋のなかに骨が残っていたが、鑑定の結果は里子ではなかった。車の中で1人泣く平。帰宅した平を迎えた朝顔もその場で涙は見せなかったが、寝室で夫の桑原(風間俊介)に「我慢しなくていいから」と言われ、泣いた。

互いのために涙を見せなかった平と朝顔。それを分かって朝顔に声をかけた桑原。優しさが溢れたシーンは、視聴者の胸を打った。

次回、9月2日(月)放送の第8話には、渡辺翔太(Snow Man/ジャニーズJr.)の出演が決定。渡辺は初の月9ドラマ出演で、自宅で倒れて亡くなっている妻を発見した山本達哉を演じる。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む