1. トップ
  2. レシピ
  3. ふたを開けたら歓声が上がる! 食べごたえもばっちりな「パン弁当」3選

ふたを開けたら歓声が上がる! 食べごたえもばっちりな「パン弁当」3選

  • 2019.8.27
  • 16566 views
「ハムカツサンド弁当」
料理:井澤由美子 撮影:野口健志

手作りソーセージが目を引く「ホットドッグ弁当」

お弁当といえばご飯とおかずの組み合わせが定番ですが、作り続けていくうちにマンネリを感じませんか? いつものお弁当をガラッと変えたいときは、ボリューミー&インパクト大な「パン弁当」が大活躍。パンの中にはおかずがガッツリ入っているので、食べごたえも抜群です。普段と違うお弁当スタイルに注目を浴びちゃうかも。

ハムカツサンド弁当

【材料・1人分】

ロースハム 3枚、キャベツ 2枚、にんじん 4cm、パセリのみじん切り 小さじ1/2、野菜のピクルス(市販品) 適宜、フランスパン 10~15cm、合わせ調味料(酢 小さじ2、砂糖 小さじ1/2、塩 小さじ1/4弱、こしょう 少々)、マスタード、小麦粉、パン粉、サラダ油、バター、中濃ソース

【作り方】

1. ハムカツを作る。ハムの両面にマスタード少々を薄くぬる。小麦粉大さじ1を水大さじ1で溶いたものにくぐらせてパン粉適宜をまぶす。フライパンに5mm深さの油を入れて熱し、ハムを入れて揚げ焼きにする。両面こんがり焼き色がついたら取り出して半分に切る。

2. キャベツの甘酢炒めを作る。キャベツとにんじんは細切りにする。フライパンに油小さじ1を熱してキャベツとにんじんを炒め、しんなりしたら合わせ調味料を加えて炒める。汁けがほとんどなくなったらパセリを加え、さっと炒める。

3. フランスパンは3つに切り、それぞれまん中に切り目を入れてバター、マスタード各適宜をぬる。

4. 1、2、3、ピクルスを弁当箱に別々に詰め、中濃ソースをソース入れに入れて添える。フランスパンに中濃ソースをかけたハムカツとキャベツの甘酢炒めをはさんで、食べる。

(1人分654Kcal、塩分4.8g)

何といってもメインは、こんがり焼き色のついたハムカツ。あらかじめフランスパンに切り目を入れておくと、具材がはさみやすくなりますよ。パンと具材は別々に弁当箱へ詰めて、食べるときにサンドしましょう。具材をはさみながら食べるのもパン弁当ならでは。

ホットドッグ弁当

ホットドッグに使う「とりのレンジソーセージ」は、とりひき肉と玉ねぎで作ったお弁当の素。1つずつラップに包んで冷凍庫に入れれば、2~3週間保存できます。

手作りソーセージが目を引く「ホットドッグ弁当」
料理:重信初江 撮影:野口健志

とにかくはさんだホットサンド弁当

ロースハムがない場合は、ベーコンなどで代用してもOKです。1人分に対して食パン2枚を使うので、早く食パンを消費したいときにも役立ちそう。

「とにかくはさんだホットサンド弁当」
料理:江口恵子 撮影:澤木央子

マンネリ解消の秘訣は、お弁当のジャンルを増やすこと。いつものお弁当に飽きたら、パン弁当で周りと差をつけてみてはいかが?(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む