1. トップ
  2. レシピ
  3. 冷蔵庫にある食材が大変身!揚げ餃子のアイデアレシピ7選

冷蔵庫にある食材が大変身!揚げ餃子のアイデアレシピ7選

  • 2019.8.27
  • 2629 views

アレンジ自在!パリパリの揚げ餃子を作ってみよう

冷蔵庫にある食材がパリッとジューシーな揚げ餃子に大変身!揚げ餃子は、ご家庭にある材料で手軽に作ることができ、タレや具材の組み合わせでさまざまなアレンジが楽しめます。今回は定番の揚げ餃子をはじめ、梅やなめたけを使った和風の揚げ餃子や、クリームチーズを使った洋風の揚げ餃子など、揚げ餃子のアイデアレシピを7つご紹介します。この機会にぜひ、揚げ餃子の新しい魅力を発見してみてくださいね。

ごはんのおかずに大変身!ピリ辛あんかけの揚げ餃子

材料 (15個分)
  • 餃子の皮 (15枚)
  • 水 (のり用) (適量)
  • 豚ひき肉 (100g)
  • キャベツ (50g)
  • ニラ (30g)
  • 塩 (塩もみ用) (小さじ1/4)
  • ①オイスターソース (小さじ1)
  • ①すりおろし生姜 (小さじ1)
  • ①すりおろしニンニク (小さじ1)
  • 揚げ油 (適量)

あんかけ

  • 玉ねぎ (70g) (1/2個)
  • 鷹の爪輪切り (小さじ1/2)
  • ②水 (100ml)
  • ②しょうゆ (大さじ2)
  • ②砂糖 (大さじ1)
  • ②酢 (大さじ1)
  • 水溶き片栗粉 (大さじ1)
  • サラダ油 (小さじ1)
手順
  1. 玉ねぎは粗みじん切りにします。
  2. キャベツとニラはみじん切りにして塩を振り、5分程置いたら水気を絞ります。
  3. ボウルに豚ひき肉と2、①を入れ粘りが出るまでよく捏ねたら15等分にします。
  4. 餃子の皮に3をのせ、周りに水をつけて包みます。
  5. 揚げ油を170℃に温め、4を揚げます。餃子がキツネ色になったら取り出し、油を切ります。
  6. フライパンにサラダ油をひき、1と鷹の爪の輪切りを中火で炒めます。しんなりしたら②を加えます。
  7. ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を加え、器に盛り付けた5にかけたら完成です。

定番の揚げ餃子にピリッと辛いあんかけをかけて、ごはんが進む味わいの一品に仕上げました。シャキシャキの玉ねぎを加えたピリ辛あんがパリパリの皮にジュワッと染みて、箸が止まらないおいしさですよ。辛いものが苦手な方やお子さまは、鷹の爪を省いてもおいしくお召し上がりいただけます。今晩のおかずにいかがでしょうか。

タレにひと工夫!カラッと香ばしいポン酢ダレの揚げ餃子

材料 (2人前)
  • 餃子の皮 (10枚)
  • 水 (餃子の皮用) (適量)
  • 豚ひき肉 (100g)
  • キャベツ (100g)
  • ニラ (20g)
  • 長ねぎ (1/3本)
  • 水 (さらす用) (適量)

調味料

  • 料理酒 (大さじ1)
  • 鶏ガラスープの素 (小さじ1)
  • すりおろしニンニク (小さじ1)
  • すりおろし生姜 (小さじ1)
  • 揚げ油 (適量)

タレ

  • ポン酢 (大さじ2)
  • 砂糖 (小さじ2)
  • 白いりごま (小さじ1)
手順
  1. ボウルにタレの材料を入れ混ぜ合わせます。
  2. 長ねぎは切り込みを入れて芯を取り、繊維に沿って千切りにします。ボウルに入れ、水をひたひたになるまで注ぎ、5分ほどさらしたら水切り、白髪ねぎにします。
  3. キャベツはみじん切りにします。ニラはみじん切りにします。
  4. 別のボウルに豚ひき肉、3、調味料を入れ、粘り気が出るまで混ぜ合わせます。
  5. 餃子の皮に4をのせ、ふちに水を塗って包みます。
  6. 鍋底から5cm程の高さまで揚げ油を注ぎ170℃に温めたら、5をこんがりときつね色になり、中に火が通るまで3分ほど揚げ、油切りをします。
  7. 器に盛り付け、2をのせ、1をかけたら完成です。

続いては、ポン酢ダレでさっぱりいただく揚げ餃子のご紹介です。ポン酢に砂糖と白いりごまを加えるひと工夫で、揚げ餃子によく合うさっぱりダレに。ボリューミーながらもさっぱりとした味わいは、ごはんのおかずやおつまみにぴったりです。こちらのタレは、焼き餃子や水餃子にかけてもおいしいくいただけますよ。ぜひお試しくださいね。

ビールによく合うピリ辛味!豚キムチ揚げ餃子

材料 (2人前)
  • 豚ロース (スライス) (80g)
  • ニラ (20g)
  • キムチ (30g)
  • ①ごま油 (小さじ1)
  • ①オイスターソース (小さじ1)
  • ①すりおろしニンニク (小さじ1/2)
  • ①白こしょう (ふたつまみ)
  • 餃子の皮 (大判) (10枚)
  • 水 (適量)
  • 揚げ油 (適量)
  • ラー油 (小さじ1)
手順
  1. ニラは1cm幅に切ります。
  2. 豚ロースは1cm幅に切ります。
  3. ボウルに、1、2、キムチ、①を入れ、混ぜます。
  4. 餃子の皮に、10等分にした3を乗せ、周りに水を付けます。左右の皮を内側に折り込み、手前から巻きます。
  5. 鍋の底から3cmほどの揚げ油を注ぎ、170℃に温め、4をきつね色になるまで揚げます。
  6. お皿に盛り付け、ラー油を添えて完成です。

具材に豚キムチを使った、ピリッと辛いコク旨揚げ餃子はいかがでしょうか。豚肉、キムチ、ニラの定番の組み合わせは、旨味たっぷでジューシーな味わい。お酒のおつまみにぴったりです。ミニ春巻きのようなコロンとした形がかわいらしく、スナック感覚でつまめる手軽さも嬉しいですよね。

もちもち食感が楽しい!鶏ひき肉のなめたけ揚げ餃子

材料 (2人前)
  • 餃子の皮 (10枚)
  • 水 (のり用) (適量)
  • 鶏ひき肉 (80g)
  • キャベツ (80g)
  • 塩 (ふたつまみ)
  • なめたけ (50g)

下味

  • 片栗粉 (大さじ1)
  • ごま油 (大さじ1)
  • 砂糖 (小さじ1/2)
  • 揚げ油 (適量)
  • サニーレタス (1枚)
手順
  1. キャベツはみじん切りにし、ボウルに入れ塩をふり5分おき、水気を絞ります。
  2. ボウルに鶏ひき肉、下味の材料を入れ粘り気が出るまで混ぜ合わせます。
  3. 1、なめたけを加えよく混ぜ合わせます。
  4. 餃子の皮の縁に水をぬり、3を包みます。
  5. フライパンの底から3cm程の揚げ油を注ぎ170℃に熱し4を入れきつね色になるまで揚げます。
  6. 油を切り、サニーレタスと共に皿に盛り付けて出来上がりです。

なめたけと鶏ひき肉で作る、和風揚げ餃子のご紹介です。揚げ餃子になめたけとは驚きですが、なめたけの旨味があっさりとした鶏ひき肉によく合い、とてもおいしいですよ。片栗粉を多めに加えることで外はカリカリ、中はもちもちの2つの食感を楽しむことができます。ぜひお試しください。

和食の献立にも合わせやすい!しいたけと鶏ひき肉の梅しそ揚げ餃子

材料 (2人前)
  • 餃子の皮 (12枚)
  • 鶏ひき肉 (100g)
  • しいたけ (3個)
  • 大葉 (4枚)
  • 梅干し (3個)
  • ①顆粒和風だし (小さじ1/2)
  • ①すりおろしニンニク (小さじ1/2)
  • ①すりおろし生姜 (小さじ1/2)
  • 水 (餃子用) (適量)
  • 揚げ油 (適量)
  • 大葉 (飾り用) (2枚)
手順
  1. 梅干しは種を取り除いておきます。大葉は軸を切り落としておきます。
  2. しいたけと大葉は粗みじん切りにします。
  3. 梅干しは包丁で叩いてペースト状にします。
  4. ボウルに鶏ひき肉、1、2、①を加えて混ぜ合わせます。
  5. 餃子の皮の真ん中に3を乗せ、周りに水をつけて半分に折り、端から中に折り込みながら畳みます。
  6. 鍋底から3cm程揚げ油を注ぎ、190℃に熱したら4を入れ、きつね色になり、中まで火が通ったら油切りをします。
  7. 大葉を敷いた器に盛り付け完成です。

食欲が落ちる暑い季節には、梅の酸味と大葉の爽やかな香りが効いたさっぱり味の揚げ餃子がおすすめです。しいたけは粗めに刻むことで、ジューシーでコリコリとした食感が楽しめます。餃子の皮は縁を中に折り込みながら包むことで、見た目にも華やかな仕上がりに。和食の献立にも合わせやすい、おすすめのレシピです。

まるでイタリアン!?タラとブロッコリーの揚げ餃子

材料 (2人前)
  • 餃子の皮 (12枚)
  • 水 (包む用) (適量)
  • タラ (100g)

下味

  • 料理酒 (小さじ1)
  • 塩こしょう (ふたつまみ)
  • ブロッコリー (50g)
  • ①マヨネーズ (大さじ2)
  • ①粉チーズ (大さじ1)
  • ①すりおろしニンニク (小さじ1)
  • 揚げ油 (適量)
  • レモン (くし切り) (2切れ)
手順
  1. ブロッコリーの茎は切り落としておきます。タラの皮と骨は取り除いておきます。
  2. ブロッコリーは粗みじん切りにします。
  3. タラは粗みじんに切り、ボウルに入れて下味の材料と共によくもみ込みます。
  4. 1、①の材料を入れてよく混ぜ合わせます。
  5. 10等分にした具材を餃子の皮にのせ水をつけて包みます。同様に11個作ります
  6. フライパンの底から3cm程の揚げ油を注ぎ、170℃に熱し、3を入れて揚げ色が付くまで5分程タラに火が通るまで揚げて油切りします。
  7. 器に盛り付けて、レモンを添えて出来上がりです。

一見普通の揚げ餃子なのに、食べるとまるでイタリアン!?普段とひと味違う揚げ餃子を楽しみたいときは、タラとブロッコリーの洋風揚げ餃子はいかがでしょうか。たんぱくな風味のタラとブロッコリーに粉チーズ、マヨネーズ、ニンニクを合わせて、まろやかでコクのある味わいに仕上げました。見た目からは想像できない洋風の味付けは、パーティーやおもてなしの際にも喜ばれますよ。

ワインのおつまみに!スモークサーモンとクリームチーズの揚げ餃子

材料 (2人前)
  • 餃子の皮 (16枚)
  • 水 (のり) (適量)
  • スモークサーモン (60g)
  • クリームチーズ (50g)
  • サワークリーム (30g)
  • ディル (2g)
  • 揚げ油 (適量)
  • レモン (くし切り) (2切れ)
手順
  1. クリームチーズとサワークリームは常温に戻しておきます。
  2. スモークサーモンは粗みじん切りにします。ディルは枝から外します。
  3. ボウルにクリームチーズ、サワークリームを入れ混ぜ合わせ、1を加え混ぜます
  4. 餃子の皮に2をのせ、ふちに水を塗って包み、フォークでふちを押さえます。
  5. フライパンの底から3cm程揚げ油を注ぎ170℃に熱したら、3を入れきつね色になるまで2分程揚げ、油を切ります。
  6. 器に盛り付け、レモンを添え完成です。

最後にご紹介するのは、ワインのおつまみにぴったりなスーモークサーモンとクリームチーズの揚げ餃子です。香り高いスモークサーモンとまろやかなクリームチーズに、ディルの爽やかな香りが絶妙!ひとくち食べると、やみつきになるおいしさです。口の中でとろけるようなまろやかな味わいは、女子会やパーティーでも喜ばれること間違いなしですよ。

もう一品ほしいときに大活躍の揚げ餃子

いかがでしたか?定番の揚げ餃子からなめたけやクリームチーズを使ったアイデアレシピまでご紹介しました。お気に入りの一品は見つかりましたか?揚げ餃子は、冷蔵庫にある食材でさまざまなアレンジを楽しむことができます。あともう一品ほしいときにも大活躍すること間違いなしですよ!クラシルでは、他にもバリエーション豊富な揚げ餃子のレシピをたくさんご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む