1. トップ
  2. リアルこそ真のドラマ! “実話がモチーフ”の最新ムービーをチェック。

リアルこそ真のドラマ! “実話がモチーフ”の最新ムービーをチェック。

  • 2019.8.23
  • 418 views

リアルこそ真のドラマ! “実話がモチーフ”の最新ムービーをチェック。

2019.08.23 12:00

このところヒットを飛ばしている“実話もの”の映画たち。この秋の最新劇場作にも、実話をモチーフにした作品が多数お目見え。“事実は小説よりも奇なり”を感じさせる、ドラマティックな3つのストーリーを早耳チェック。

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

【さらに写真を見る】リアルこそ真のドラマ! “実話がモチーフ”の最新ムービーをチェック。

『ロケットマン』

『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットが記憶に新しいデクスター・フレッチャーが、歴代で最も売れたソロアーティストのひとり、エルトン・ジョンの半生を映画化した『ロケットマン』。最高のエンターテイナーが歩んできた人生を、単なる伝記ではなく才能とアイデアを駆使したミュージカル仕立てで伝える。

イギリス郊外の田舎町で生まれ育ったレジーは、作詞家バーニーとの出会いで「エルトン・ジョン」の名で本格的にアーティスト活動に乗り出す。数々の名曲を生み出したエルトンは、瞬く間にスターダムへと駆け上がることに。成功の一方、彼は両親からの愛情を得られたことがなく、大好きな恋人からも利用され続けていた。

ギリギリの精神状態だった孤高の天才は、強いコンプレックスを抱えたまま、ステージに上がる。美しい歌声と派手なパフォーマンスで注目を浴びながらも、その心は闇に蝕まれ……。切なく物悲しい心情を、ヒットチューンとファンタジックな映像が華麗に彩る。

注目は、吹替一切なしで歌い上げ、エルトンが憑依したかのような演技を披露したタロン・エガートン。標題の「ロケットマン」の歌唱も見事だが、エルトン自身が「一番美しくてロマンティックな曲」としている「ユア・ソング」誕生の瞬間も必見。彼の才能を浴びせられるシーンは、見れば背中がぞくぞくするはず。

『ロケットマン』
2019年8月23日(金)より全国公開中
https://rocketman.jp/
配給:東和ピクチャーズ

 

『おしえて!ドクター・ルース』

日本ではあまりなじみのない「セックス・セラピスト」の姿に迫ったドキュメンタリー。人々の性に関する悩みを、ユーモアを交えながら、親身になって次々に解決するドクター・ルース、90歳(!)の快活な姿にパワーをもらいつつ「こんな女性が日本にもいてくれたら」と願わずにはいられない。

ドイツ生まれ、ニューヨーク在住のドクター・ルースは、1981年に始まった深夜ラジオの性のお悩み相談が受け、一躍ときの人となる。性の話がタブーだった時代にメスを入れた彼女は、チャーミングなキャラクターを武器に、市井の人の赤裸々な質問を解決しながら、エイズへの偏見をなくすべく訴えたり、LGBTQの人々に心を寄せる声をあげ続ける。

親友にもパートナーにも言い出しづらい内容でも、ルースに聞いてもらえれば、クレバーにバンバン答えてくれる。「過去のことは気にせずスポンジで消して」や、「セックスは相手を知ること」などのルースの発言は、愛に満ちており、心のつっかえが取れるようだ。

明るい姿からは想像もつかないが、彼女自身、実はホロコーストの孤児であり、終戦後はスナイパーとして生きるという波乱万丈な人生を送ってきた。多くの悲劇を乗り越え、懸命に学び、働いてきたからこその血の通った言葉をかみしめたい。

『おしえて!ドクター・ルース』
2019年8月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
longride.jp/drruth
配給:ロングライド

 

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットが長編初顔合わせとなった『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、クエンティン・タランティーノ監督が手掛けた話題作。舞台も1969年代のハリウッド黄金期とあって、美術やコスチュームなど細部までほれぼれする豪華さだ。

落ち目のTV俳優リック(レオナルド)は、映画スターへの転身を目指しながらもうまくいかず、公私ともにスタントマンのクリフ(ブラッド)が支えていた。ある日、リックの家の隣にロマン・ポランスキー監督と妻で女優のシャロン・テート夫妻が越してきて、リックは時代の寵児に羨望のまなざしを向ける。

本作は、カルト集団マンソン・ファミリーによる「シャロン・テート殺人事件」という史実を軸に製作されている。……のだが、タランティーノ監督が「まったく独自の新しいものを作り上げるため、大変苦労した」と発表している通り、史実とフィクションが交差するドラマティックな世界観に仕上がった。

レオとブラッドのウィットの効いた演技もさることながら、シャロンを演じたマーゴット・ロビーの抑えきれない輝き、全編に漂うハリウッドのご機嫌な空気と、忍び寄る戦慄のコントラストに心を奪われる。エンディングに向けて一気に加速する本編、掛け値なしの面白さを味わって!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
2019年8月30日(金)より全国ロードショー
http://www.onceinhollywood.jp/
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 

元記事で読む