1. トップ
  2. 相葉雅紀が「24時間テレビ」ドラマ現場で見せた『集中』と『気配り』<密着リポ>

相葉雅紀が「24時間テレビ」ドラマ現場で見せた『集中』と『気配り』<密着リポ>

  • 2019.8.22
  • 461 views
8月24日(土)放送の「24時間テレビ42ー」内で相葉雅紀主演のドラマスペシャルが放送
(C)NTV

【写真を見る】相葉本人も「似ている」と認める酒井若菜。隣には薬師丸ひろ子も

いよいよ8月24日(土)夜6:30から放送される「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(~8月25日(日)夜8:54、日本テレビ系)。放送を前に、嵐・相葉雅紀主演で送るドラマスペシャル「絆のペダル」(24日夜9:00ごろスタート)の撮影現場の様子や全身全霊で役に向き合った相葉のコメントをたっぷり紹介する。

息子の応援に熱が入る宮澤純子(薬師丸ひろ子)と娘の妙子(酒井若菜)
(C)NTV

「絆のペダル」はどんなドラマ?

今回、“奇跡のロードレーサー”・宮澤崇史さんを演じる相葉。この物語は日本一を目前に、病に倒れた母のために生体肝移植のドナーとなった宮澤さんの実話を基にしたヒューマンドラマだ。

ロードレースの疾走感や、宮澤さんの葛藤、宮澤さんを支え続けた母・純子さんとの絆が描かれる。

宮澤純子役の薬師丸ひろ子
(C)NTV

母・純子の病室でのシーンに密着!

取材日は、薬師丸ひろ子演じる純子の入院中のシーンをスタジオで撮影。見舞いにやって来た崇史(相葉)が所属するチームのマネジャー・椎名優希役の波瑠の姿もある。ここでは、崇史、純子、優希それぞれに不安や心配を抱える描写があるため、独特の緊張感がセットを包む。

早速リハーサルがスタート。台本にせりふがない部分について「もう少し会話をしましょうか」と監督が提案すると、薬師丸がアドリブでキュートな母親ぶりを披露し、出演者やスタッフが自然と笑顔に。

椎名優希役の波瑠
(C)NTV

役に没頭する相葉の姿が

無事にリハーサルが終了し、いよいよ本番へ。相葉は病室にあるソファに腰を下ろし真剣な表情で「崇史」へと気持ちを作っていく。その集中力は、カメラのセッティングで騒がしいセットの中にいるとは思えず、彼の周りからは音が消えているかのような印象を受ける。

本番も大きなミスなく撮影が進む。スタッフに「このカットは○○までだよね?」と確認し、納得すると「了解」という意味で少しだけ“相葉スマイル”を見せることもあったが、スタジオにいるほとんどの時間は真剣な表情の相葉。

取材陣へ“サービス”も忘れない!

椎名優希(波瑠)は宮澤崇史(相葉雅紀)の挑戦や葛藤を見守る役どころ
(C)NTV

ずっと集中モードでいるかと思えば、自分の撮影風景を取材するために集まった10以上の媒体にもきちんと気配りも。

ドラマスタッフの動きを見て、取材陣に「今やっちゃう? 邪魔にならないところで(撮ろう)」とフォトセッションのタイミングを自ら提供。短い時間の撮影タイムとなったが「すみません~!」と爽やかに去っていく姿にベテランカメラマンたちも「さすが相葉くん」「ありがたいね」と目を細めていた。

新谷圭吾役の田中圭
(C)NTV

宮澤崇史さんの“選択”に驚き

撮影が一段落し、相葉は取材に応じた。本作の魅力を聞くと「今までの『24時間テレビ』のドラマとは、ちょっと違う作品ですね。宮澤さんの半生は波瀾万丈で、決してエリートの道を歩いてきたわけじゃない。でも、挫折しては立ち上がる強さが魅力的なんです。宮澤さんのダイジェストのようなドラマなので、一つ一つのシーンが勝負。感情が動くシーンばかりなので、集中して挑んでいます」と明かす。

相葉は作品について「今までの『24時間テレビ』のドラマとは、ちょっと違う作品ですね」
(C)NTV

続けて「このドラマが決まるまで宮澤さんを存じ上げなかったのですが、事実を知って衝撃を受けました。宮澤さんのような状況になったとき、好きなものに打ち込む情熱と家族を守る愛情の両方を取りに行く選択肢もあるんだなって。達成するための努力は、とてつもなかったんでしょうけど」と思いを口にした。

新谷圭吾役の田中圭
(C)NTV

「俺、現場でめっちゃ暗いと思う(笑)」

この役を“演じる”上で意識していることを聞いてみた。「“人にやさしく、自分に厳しく”というところは、全てのシーンで心に置いて、大事にして演じています。ただ、今回はあまり“演じている”っていう感覚でもないんです。今は自分の中で“宮澤崇史像”を作り上げているというか…。『よーいスタート!』ってカットがかかるたび、自分の中に宮澤さんに来てもらっているような感じです」だという。

また、「台本に描かれているほとんどが、宮澤崇史が人間としていっぱいいっぱいになってる状況というか、あふれ出るギリギリのところで戦っているシーンの連続。どの現場でもそうですけど、役に集中しちゃうから、あまり『しゃべらなきゃ!』っていうテンションにもならなくて。宮澤さん役だと特にそう。彼という人物を最大限の力で伝えるのが僕の仕事だから。『俺、(座長なのに)現場でめっちゃ暗いと思うからフォローしてね』ってプロデューサーにお願いしてあります(笑)」とおどけながらも、役に懸ける思いを語った相葉。

【写真を見る】相葉本人も「似ている」と認める酒井若菜。隣には薬師丸ひろ子も
(C)NTV

撮影現場にはNEWS増田の姿も!

集まった記者たちがその言葉に息を飲んでいると「ライトな話題も聞きたいよね」と切り出し「今回、僕のお姉さん役は酒井若菜さん。20年前くらいのアイドル誌に、有名人同士の“そっくりさん特集”が載っていて、僕と酒井さんが取り上げられてたの。その時に、『確かに似てるな〜』って思って。でも、それから共演する機会もなく…。ここへきて姉弟を演じられるのはうれしいですね。2ショットのシーンをモニターで見たんだけど、やっぱりめちゃくちゃ似てた! 僕に本当にお姉ちゃんがいたら、こんな感じなのかなって勝手に想像しています(笑)」と場を和ませる相葉。

さらに、放送中のドラマ「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)の撮影で、隣のスタジオにいたNEWS・増田貴久が、あいさつに来たエピソードにも触れ「あいつ、(ドラマ小道具の)銃を持って来るから怖かったよ(笑)。でも、そうやって後輩が来てくれるってうれしいよね。『頑張ってね!』ってエールを送り合いました」と、この日一番の笑いを誘った。

「絆のペダル」は8月24日(土)夜9:00ごろ放送
(C)NTV

相葉雅紀が語るドラマの見どころとは

最後に、ドラマの見どころを尋ねた。相葉は「好きなものに情熱を傾けて、斜に構えず全力を注ぐかっこ良さが描かれているドラマです。今がダメでも成功するまで絶対に諦めないで立ち上がるってすごいこと。何回失敗しても一回成功すればそれは成功だ!っていう主人公の生き方には、僕自身もすごく刺激をもらっています。宮澤さんと一緒に現場で闘ってますので、ぜひ見ていただきたいです!」と力強く締めくくった。

「24時間テレビ42 ドラマスペシャル 絆のペダル」は8月24日(土)夜9:00ごろ放送。(ザテレビジョン)

元記事を読む