1. トップ
  2. 星野源と高畑充希の「共通点はAB型の一人っ子」と判明! 映画『引っ越し大名!』イベントが兵庫・姫路城で開催

星野源と高畑充希の「共通点はAB型の一人っ子」と判明! 映画『引っ越し大名!』イベントが兵庫・姫路城で開催

  • 2019.8.21
  • 1449 views

8月17日(土)に映画『引っ越し大名!』の舞台である兵庫・姫路で公開直前凱旋イベントが行われ、キャストの星野源と高畑充希が、姫路城と先行上映会に登場した。

直射日光にさらされている報道陣やスタッフを気遣う星野源

映画『引っ越し大名!』8月30日(金)公開!
KADOKAWA

本作は、江戸時代の姫路藩で本ばかり読んで引きこもっていた侍の片桐春之介が突然、国替えの引っ越し奉行に任命され、周囲の助けを借りながら奮闘する姿を描く。『超高速!参勤交代』シリーズの著者である土橋章宏が自身の原作小説を基に脚本を務め、『のぼうの城』などで知られる犬童一心監督が手がけた。

炎天下の中、姫路城のイベントに登壇した星野と高畑。星野は、集まった報道陣やスタッフを見回し、「本当に皆さん暑い中ありがとうございます。なるべく早く終わらせますんで、気持ち悪くなったらすぐ言ってくださいね」と気遣いを見せ、高畑も「私も今日は早口で、なる早で終わらせられるように」と笑って続けた。

直射日光にさらされている報道陣やスタッフを気遣う星野源
KADOKAWA

約1年ぶりに姫路に帰ってきた感想を聞かれた星野は「すごくいい景色ですね。やっぱり思い出します」と周囲を見渡し、高畑も「本当に1年前にパッと戻ったような感じで、相変わらず絵みたいな景色」と、背後にそびえる姫路城を眺めながら答えた。

本作で、国替えという難関プロジェクトに挑む話にちなみ、今後達成したいことを尋ねられた星野は、「船の免許が取りたいんですよ。海の上で一人になりたくて。なので、ちゃんと免許を取って、運転できるようになりたいですね」と語った。一方、高畑は、「海外旅行に行くのが好きで、英語を勉強してるんですけど、結構ミュージカルを観に行っても本場のジョークがわからなくて。みんなが爆笑してる中で一人ぽつんとなるのが辛いから、そこで爆笑できるようになりたい」と話した。

引っ越し奉行の片桐春之介役を星野、前任の引っ越し奉行の娘で春之介に力を貸す於蘭役を高畑充希が演じる
KADOKAWA

ここで、本作を応援するために姫路工業高校應援團が登場。

姫路工業高校應援團
KADOKAWA

同校の応援団は、2017年に団員が應援團長の牛尾蒼海さん1人になってしまった過去が。そんな危機的状況でも諦めることなく部員を集めて難関を乗り越えた団員らが、星野と高畑にエールを送った。

應援團長からエール
KADOKAWA

続いて、アースシネマズ姫路にて行われた先行上映会で、本作を初お披露目。

上映修了後に登壇した星野と高畑は、司会者から姫路での思い出を聞かれるも、「実は撮影がすごく過酷で。お城で撮影して帰るだけで…」と星野。高畑も、「姫路に宿泊もできなかった。京都で朝4時から頭セットして着物着て、バスに3時間揺られて着いて、撮って帰るみたいな感じで、姫路を満喫できず悲しいです」と吐露し、星野は「今日が一番満喫してます!」と笑った。

何度も笑いに包まれる映画『引っ越し大名!』先行上映会
KADOKAWA

お互いの印象を聞かれた高畑は、「源さんは、ニクいなあ~って人です。たくさん人がいたら一人一人が自分のことちゃんと見てくれてるって思える発言をする人」と微笑み、会場も思わず拍手。「みんながハッピーになれる」とその人柄を絶賛した。

星野も高畑について、肉好きの共通点を挙げ、肉を食べながら励まし合った思い出を語り、「すごく支えてもらいました。とても懐が深くて、ゆっくり話を聞いてくれたり面白い話をしてくれたり。本当にお世話になりました」と感謝を伝えた。

撮影時の思い出を語る星野
KADOKAWA

他の役者との交流について星野は、高橋一生と濱田岳がののしり合ってふざけていたことを暴露。

また初共演の松重豊とは、親友と思えるほど意気投合したことを明かし、「(ロケでの)撮影の休憩中に話が盛り上がりすぎて。撮影が終わってそれぞれ別々の車で帰るんですけど、出る前に連絡先交換して、3時間の移動中も、ずーっとメールでやりとりしてました」とはにかんだ。撮影後も交流が続くほど仲が良くなった理由を星野は、「2人ともAB型の一人っ子なので、気が合うのはそこかな」と分析。

高畑が「余談ですが、私もAB型の一人っ子です」と明かすと会場から拍手が。「いえ~い!」と、星野と高畑がハイタッチする場面も見られ、司会者から「AB型の一人っ子ってどういう感じなんですか?」と尋ねられると、「こういう感じです」と顔を見合わせて笑った。

本作で乗馬にも初挑戦した高畑
KADOKAWA

最後に高畑は「ニュースを見たら(今日は)命の危険のある暑さだって書いてて。なのに、こんなにたくさん来ていただいてすごく嬉しい」と客席を見渡し、「誰に観ていただいても楽しめるようなポップな映画になった」とコメント。

星野は「昼のさっきの外での会見は本当に命の危険がある感じで、とにかく早く終わらせなきゃって感じだったんですけど、ここはちょっと涼しくてゆっくり話せて本当によかった」と笑い、「姫路のシーンもいっぱい出てきますし、小さい子からお年寄りまでいろんな人が観れる作品になったと思います。みなさんよろしくお願いします」とアピールした。

楽しいエピソードが次々と明かされた
KADOKAWA

映画『引っ越し大名!』は、8月30日(金)より全国ロードショー。(関西ウォーカー・町草告美)

元記事を読む