1. トップ
  2. 星野源、高畑充希らが「引っ越し大名!」本編映像で大合唱!『撮影は非常に過酷でした』

星野源、高畑充希らが「引っ越し大名!」本編映像で大合唱!『撮影は非常に過酷でした』

  • 2019.8.20
  • 718 views
星野源、高橋一生、高畑充希らが出演する映画「引っ越し大名!」の本編映像が解禁となった
(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

星野源が主演を務め、高橋一生、高畑充希らが共演する映画「引っ越し大名!」が、8月30日(金)に全国公開。それを前に、キャストが歌う映画オリジナル曲「引っ越し唄」の本編映像が解禁となった。

【写真を見る】春之介(星野源)、引きこもり中…

姫路藩の藩士たちが“引っ越し”で奮闘

本作は「超高速!参勤交代」シリーズでユニークな視点によって時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」の映画化作品。

幕府から“引っ越し”(国替え)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩のエピソードを基にした“汗と努力と涙と笑いの物語”で、姫路藩の藩士たちが、知恵と工夫で“引っ越し”を乗り切ろうと奮闘する。

監督を「のぼうの城」(2012年)の犬童一心が務め、主演に星野を起用。共演には高橋、高畑の他、及川光博、濱田岳、小澤征悦、西村まさ彦、松重豊ら、日本を代表する俳優たちが集結している。

過酷だった道中シーンの撮影

解禁となった本編映像の“引っ越し唄”は、脚本開発中に犬童監督のアイデアによって生まれた映画オリジナルの楽曲。歌詞を原作・脚本の土橋、振り付けを犬童監督の映画「のぼうの城」(2012年)の主役で狂言師の野村萬斎が担当している。

この本編映像は姫路から大分へ引っ越し道中のシーンだが、“引っ越し唄”は準備パートから出発パート、道中パートといった、引っ越しの進み具合とリンクしながら所々で聞くことができる。

道中シーンの撮影は、夏に差し掛かった季節に行われたため、過酷な現場だったとのこと。星野は「朝から晩まで、1日中撮影していて、角度を変えて何度も何度も撮影したので、非常に過酷でした」と振り返る。

星野自身、時代劇であまり見たことがないと語る、全員で歌いながら行進するシーンは、この映画ならではの見どころの1つとなっている。

映画「引っ越し大名!」ストーリー

姫路藩の書庫番、片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手でいつも書庫にこもりっきり、周囲から「かたつむり」とあだ名で呼ばれている引きこもり侍。

あるとき、藩主の松平直矩(及川光博)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。

行き先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。全ての藩士とその家族全員で1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業だ。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕に掛かっている。

お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役におじけづく春之介だったが、幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。

しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。

そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして、源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて、引っ越しの準備が始まった。

果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのか。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む