始めてみたけど「何だか行きたくない」はなぜ?理由別の対策

「ヨガレッスンに行きたくない」と思ってしまう5つの理由と対策

レッスンを受けて、「ヨガっていいな」と思うと次はいよいよ入会。次回から受講するためのチケットを購入し、レッスンに参加すること数回。ヨガの魅力にハマってくるはずなのに、「何だか行きたくない」。「自分からやりたいと思ったのに?」と言われてしまうかもしれませんが、実はこのように感じたことのある生徒さんは少なくないのです。なかにはしばらくしてから復帰する方、残念ながら退会してしまう方も。ヨガから離れてしまうのはもちろん、せっかくのチケットを無駄にしてしまうのは非常にもったいないですよね。では、その“行きたくない”ときはどうしたらよいのでしょうか。理由別にお話ししていきます。

1.体調がイマイチだから行きたくないとき

「行きたくない」と思うには、理由があります。なかでも一番多いのは、その日の体調による「行きたくない」。風邪をひいているときや胃腸の調子が悪いとき、貧血など体を動かすべきではない日は体調不良を悪化させたり、他の生徒さんにうつしたりする恐れがあるので迷わずに休むのが正解。

その他に挙げられるのは、疲れでしょう。「仕事のあとで疲れている」「明日も忙しくなるから」というような日は迷うところですよね。このような日は、ハードなクラスよりもゆったりと筋・筋膜を伸張したり、アロマの香りに包まれたり、ボルスターに体を預けてリラックスできたりするクラスを選ぶのも手です。

呼吸と体の動きの心地よい連動によって、心身の緊張や疲労が和らぐでしょう。とは言っても、疲れた体に鞭を打ってまで参加してはレッスンに集中出来なかったりもするので、休んだ方がいいのか、軽く動いた方がスッキリするのか、自分の体調を見極めて判断してみてください。

2.気持ちが落ち込んでいるから行きたくないとき

人間関係や仕事などの悩み・心配事があると、「ヨガどころではない」という気持ちになるのもわかります。……が、そんなときこそヨガがそっと寄り添ってくれるのではないでしょうか。

と言うのも、ヨガをするときの丁寧な呼吸とそれに合わせたアーサナ・動きは余計な考え事を手放したり、外界とのつながりをシャットアウトしたり、心を安定させて過ごす時間を持たせてくれるから。

また、ヨガのアーサナには体の前面・フロントラインと呼ばれる筋膜(筋肉の周囲の膜)を伸張するものが多いですよね。その結果、ネガティブな感情が放出され、気持ちが前向きになることも手伝ってレッスンが終了する頃には「来てよかった」と、明るい気持ちを取り戻せたりもするのです。

気持ちが落ち込んでいるときこそ、あえてレッスンに参加してみてはいかがでしょうか。

3.自信が持てず、行きたくないとき

ヨガを始めて間もない頃は特に、「このアーサナはこれで合っているのか?」「体が硬くて恥ずかしい」「自分には向いていない気がする」など、レッスンに参加するたびに自信を失ってしまう方も少なくありません。

美しいアーサナが取れている方を見ると自分と比べてしまうこともあるでしょう。ですが、そもそもアーサナは人に見せるためにおこなうものではないので、誰かと比べる必要はありません。また、自分が思うほど周りの人から見られてもいません。

ヨガは自分にとっての呼吸法であったり、瞑想法、健康法、安定法なのです。ヨガをしている最中に感じるべきことは恥や不安ではなく、今の自分にとっての心地よさ、心と体の結びつきだと頭の片隅に置いておきましょう。

4.太ってしまったから行きたくないとき

女性のなかには、「ヨガをする体(スタイル)ができていないから、レッスンに行きたくない」と言う方も多いです。これは、ボディラインがはっきりとわかるウェアでさまざまなアーサナ(ポーズ)を取るといったヨガへのイメージが先行しているからかもしれません。

もちろん、素敵なウェアでヨガを楽しむのもよいでしょう。ですが、ヨガをするときの服装は動きやすければOK。ボディラインを強調する必要はありませんし、太ってしまったからヨガができないなんてこともないのです。

それに、ヨガを続けていくことで必要なところには筋肉がつき、不要なところの脂肪は減っていくでしょう。「ヨガをするためにダイエットをしなくては」という発想は逆転させてレッスンを楽しんで。

5.相性が悪いから行きたくないとき

スタジオの雰囲気やインストラクターの空気感、レッスンの内容。通っていくうちに、相性の悪さを感じることもあるでしょう。これは仕方のないことです。

もし、同じスタジオ内に他にもインストラクターが所属しているのであれば、そちらのレッスンに参加してみるというのもアリ。もともとのインストラクターに申し訳ないと感じてしまうかもしれませんが、お金を払いヨガをする時間を設けているのはほかでもない自分です。自分に合うレッスンを受けてください。

せっかくヨガとの出会いを果たしたのです。どうしても続けられない理由が出来たわけではなく、「何となく行きたくない」と思っている方がいたら、考え直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

ライター/高木沙織
ヨガインストラクター。「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。“スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。