1. トップ
  2. 恋愛
  3. カップルにきいた! 同棲中のケンカのきっかけ4つ

カップルにきいた! 同棲中のケンカのきっかけ4つ

  • 2019.8.20
  • 49145 views

お互いを信頼し、もう半分家族のような親しみを感じるからこそできる「同棲」。

そんなふたりのはずが、なぜケンカをしてしまうのでしょう!?

今回は、同棲中のカップルに、ケンカになったきっかけを調査。同棲中の方、同棲を考えている方がこれを読めば、事前に喧嘩を防げるかもしれません。

同棲中のカップルのケンカの要因

彼氏の生活に甘えが出る

「最初は洗い物や掃除をしてくれてましたが、2ヶ月くらいすると、だんだん頼んだ家事までやらなくなり……。

朝もなかなか起きなかったり、甘えたり。『いい加減して!』とイライラすることが増えました」(27歳・女性・会社員)

同棲に慣れてくると気がゆるみ、本性が露わになってしまうパターンです。

まるで、彼女をママのように意識して甘えてしまう彼氏……。それだと、ケンカになるのも無理はありません。同棲前に、彼の生活態度・意識をチェックしておいたほうがよさそうです。

異性の存在に敏感になる

「一緒に住んでいるからこそ、夜に彼女が知らない男と長電話していると、どうしてもイライラします」(34歳・男性・コールセンター勤務)

「彼のスマホに、女からLINEが着ていたり、自分のではない長い髪の毛が落ちていたり……。浮気じゃないって思いたくても、イライラしているときはケンカになります」(30歳・女性・会計士)

一緒に住んでいるからこそ、他の異性が気になる機会が、増えてしまうのかもしれません。

気になる気持ちは抑え込まず、正直に伝え、話し合いましょう。

彼が気分を害さないよう気を遣ってあげることができれば、ケンカになる前に解決できるはずです。

相手が原因じゃないイライラ

同棲中のカップルのケンカのきっかけ

「仕事でイラつくことがあると、普段ならなんでもない彼女の言動に声を荒げてしまうことも……」(29歳・男性・飲食店勤務)

「友達とギクシャクしていたり、生理中だったり。同棲していると、ひとりの時間もなくて、側にいる彼氏がウザく感じることがあります」(28歳・女性・看護師)

ひとりになりたくてもなれない。これも、同棲のデメリットかもしれません。

でも、逆にいえば、いつでもそばで支えてくれる相手。

将来のことも視野に入れ、「自分の問題は、彼氏の問題でもある」と考えましょう。お互い気分のいいときに、「○○なときはどうしてほしいか」を決めておいて、相手の話をよく聞くことを意識してみてはいかがでしょう?

デートやスキンシップが減る

「『○○に行こう』といっても『え~……、めんどう』と言われることもあり、同棲してから彼女が冷たいです」(31歳・男性・トラック運転手)

「デートもエッチも淡白になり、欲求不満……。それを話している最中にスマホをいじった彼を、思わずビンタしてしまいました」(33歳・女性・美容師)

いつも一緒にいるという安心感ゆえに、コミュニケーションが疎かになる、つまり、相手の気持ちを考える努力を怠ってしまうというわけです。

自分だけで解決できる問題ではないので、「寂しいな」と感じたら、相談のハードルが低いうちに気持ちを伝えましょう。

そして、「じゃあ○○するようにしよう」というところまで話し合えるとより良い関係が築けそうです。

おわりに

四六時中ラブラブな時間が流れるわけではなく、相手のイヤなところもたくさん目に付く同棲。

それでも、率直に話し合って、解決の一歩を踏み出せるのも同棲のメリットです。

なんのために同棲するのか、意識を共有しておくといいかもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む