ワイヤーネットはいろいろ使える!アイデア満載の収納盛りだくさん

間仕切りや壁面収納などに活用される、ワイヤーネット。

DIYが普及したことで、ワイヤーネットの活用方法も一昔前とは様変わりしています。

そこでこの記事では、ワイヤーネットの活用方法をご紹介していきます。

ワイヤーネットを壁面に活用する

ワイヤーネットの基本的な活用である壁面収納。

壁に設置したワイヤーネットにS字フックやワイヤークリップを使い、お掃除グッズを収納しています。

小さなサイズのお掃除グッズはなかなか収納しにくいので、壁面収納で賢く整理するのもおすすめです。

こちらは壁に設置したワイヤーネットに、カレンダーやメモ用紙などを取り付けてクリップボード代わりにしています。

クリップの取っ手部分にペンなどを引っかけ、ワイヤーネットを賢く利用しています。

大きなマス目のワイヤーネットは、デスクに立てかけて収納やインテリアとして活用しています。

ポストカードはクリップで固定させ、ハサミなどはS字フックで収納し、全体的におしゃれな収納ができあがっています。

クローゼット収納にワイヤーネットを活用

クローゼットの収納にも、ワイヤーネットが大活躍してくれます。

クローゼット内の壁面にワイヤーネットを設置し、フックをつけてバッグなどの収納に。

ファッション小物はなかなか整理しにくいので、ワイヤーネットをうまく活用するのもいいですね。

ワイヤーネットをウォールシェルフに

黒のワイヤーネットを折り、木板で棚部分を安定させています。

ワイヤーネットのウォールシェルフにはフェイクグリーンと小物を組み合わせ、ナチュラルでカジュアルな仕上がりにしています。

ワイヤーネットをコード収納に

家電の設置で問題になるのがコードの収納。

ワイヤーネットを用いて、スッキリと整理してみるのもいいですね。

TVの裏面にワイヤーネットを設置し、結束バンドでコードを固定させています。

床にコードがない分、埃もたまりにくくなるので理にかなった整理方法ともいえます。

ワイヤーネットで収納棚をDIY

ワイヤーネットを組み合わせれば、収納棚のDIYができます。

こちらはワイヤーネットを結束バンドで組み立てていき、キャスターを取り付けて移動式の収納棚に。

収納フックなどもプラスして、機能的な棚に仕上げています。

ワイヤーネットと木材を組み合わせた収納棚。

カーペットピンで板を固定し、モダンですっきりした印象の壁面収納にしています。

あまり重いものの収納には向いていませんが、インテリアを彩る小物収納にもおすすめです。

まとめ

ワイヤーネットは100均で購入できるアイテムなので、気軽に活用できるのが魅力。

工夫すれば収納の方法もさまざまなので、お気に入りのスタイルでワイヤーネットを活用していきましょう。

元記事を読む
提供元: folkの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。