1. トップ
  2. <ルパンの娘>瀬戸康史の“1対5”キレッキレアクションに大反響「最上級にカッコいい!!」

<ルパンの娘>瀬戸康史の“1対5”キレッキレアクションに大反響「最上級にカッコいい!!」

  • 2019.8.18
  • 1373 views
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA

【写真を見る】鍛え上げられた筋肉に釘付け!“脱いだらすごい”和馬(瀬戸康史)

深田恭子が世紀の大泥棒一家“Lの一族”の一員として暗躍するドラマ「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第6話が8月15日に放送された。三雲華(深田)の恋人で警察官の桜庭和馬(瀬戸康史)がたったひとりで5人もの敵と組み合う壮絶アクションを披露!倒されても食らいついていく熱演を見せ、ファンを沸かせている。(以下、ネタバレがあります)

5人相手に壮絶アクション!

「ルパンの娘」は横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・華と代々警察一家の息子・和馬の決して許されない恋愛を描く物語。5話ラストでついに華こそが“Lの一族”だと知ってしまった和馬。第6話では、和馬に警察上層部から「Lの一族を捕まえろ。殺しても構わない」という極秘命令が下された。

そして向かった現場では、Lの一族のほかにも史上屈指の国際窃盗団“ブラックマンバ”の一味が同じ名画を狙っていた。たったひとりで乗り込んだ華は、ブラックマンバの手中に…。和馬は極秘命令に背き、全力疾走で華のもとへ駆けつけた。

ブラックマンバの団員たちを見つけた和馬はためらいなく「警察だ!」と名乗り、たった一人で応戦。飛んでくるパンチを必死に避け、何度蹴り倒され床にたたきつけられても立ち上がり5人もの団員を相手に壮絶なアクションを繰り広げた。

戦いの後はボディスーツ姿の華のもとへ…。無線で巻(加藤諒)に「Lは…逃げられました。すみません」と嘘をつき、華を逃がした。

キレッキレアクションに大反響

【写真を見る】鍛え上げられた筋肉に釘付け!“脱いだらすごい”和馬(瀬戸康史)
「ルパンの娘」第3話より (C)フジテレビ

瀬戸は、放送スタート直前に行われた会見では、食事制限と筋トレで10kg超の大幅増量をしたことも明かしていた。

2011年にスタートしたスイーツがテーマの料理番組「グレーテルのかまど」(Eテレ)にレギュラー出演し、毎回カラフルでおいしそうなお菓子を作る様子からは甘めのスイーツ男子もイメージされるが、本人は福岡県出身で自らを「九州男児」と語る。これまで「仮面ライダーキバ」(2008-2009年、テレビ朝日系)の主演や、新体操に挑戦したドラマ「タンブリング」(2010年、TBS系)への出演など身体を使う作品にも出演してきたが、今回の身体づくりでキレに重量感が加わった。

そんな瀬戸が全力で演じた壮絶なアクションシーンは、視聴者の心をとらえた。SNSでは「瀬戸くんのアクション凄すぎた!!」「ベビーフェイスな瀬戸くんがこんなに激しいアクションってギャップやばくないですか」「髪ふり乱して走る姿もアクションも最上級にカッコいい!!惚れた」「見ごたえあった!!」といった声が続々。「瀬戸くんキャスティングした人天才!」「演技うまい上にアクションもキレッキレってなんなん!?」と、瀬戸のポテンシャルに喝采の声が上がっている。

華と和馬が結納!気になる第7話は…?

和馬から正式なプロポーズを受けた華。話を聞いた尊(渡部篤郎)は和馬に自分たちの正体を伝えようと言い出す。一方、和馬も家族に華へのプロポーズを報告する。

華は和馬に真実を伝えようと、尊たちの留守に和馬を本当の住まいであるタワーマンションに案内する。数々の盗品に目を丸くする和馬…。そして、2人の結納が執り行われる。

「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA
「ルパンの娘」第6話より (C)フジテレビ
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事を読む