1. トップ
  2. 小林幸子の巨大衣装から東山紀之&後輩によるステージまで<第51回 思い出のメロディー>

小林幸子の巨大衣装から東山紀之&後輩によるステージまで<第51回 思い出のメロディー>

  • 2019.8.17
  • 2281 views

8月17日(土)夜7時30分から放送される「第51回 思い出のメロディー」(NHK総合ほか)。先日、東京・NHKホールで行われた収録に密着、その模様をリポートする。

【写真を見る】大迫力!小林幸子が鶴に乗りNHKホールを舞う

同番組は、昭和44年から始まった大型音楽番組で、これからも歌い継ぎたい名曲や視聴者からのリクエストを紹介していく。今年は東山紀之と小野文惠アナウンサーが司会を務める。

度肝を抜くド派手演出のオープニングからスタート!

氷川きよし
(C) NHK

オープニングでは氷川きよしが、沢田研二が1980年にリリースした「TOKIO」を披露。

事前に“ド派手なステージジング”と予告されていたが、氷川は当時と同じくパラシュートを背負った衣装でステージ上部から宙吊り状態で登場。インパクトの強いステージに客席からはどよめきが起こった。

続いて出演者全員がステージ上に集い、元フィンガー5の晃による「学園天国」へ。

ここでは出演が予告されていなかったKis-My-Ft2の千賀健永、二階堂高嗣、Sexy Zoneの佐藤勝利、中島健人も登場した。

彼らは緊張気味かと思いきや、音楽に乗って歌ったり踊ったりと楽しんでいる様子。中でも中島は、純烈の小田井涼平と背中合わせで歌うなど、他の出演者たちと交流する様子も見られた。

続いて円広志が名曲「夢想花」を。観客もサビ部分で手を回して盛り上げていたが、ステージ上に設けられたMCブースの出演者たちも大盛り上がり。

中島はステージから降ってきた紙吹雪を手に取り、曲に合わせて手を振る。また、隣にいた小林幸子に紙吹雪を渡す一幕もあった。

引退控える森昌子のスペシャルパフォーマンス

森昌子は「おかあさん」と「越冬つばめ」を歌唱
(C)NHK

森昌子は、名曲「おかあさん」と「越冬つばめ」の誕生秘話を明かし、同曲をNHKに残る貴重な映像で過去の自分自身とデュエット。

年内をもって芸能界を引退する森はファンへの感謝などを述べた後、「引退後もテレビで…。今は再放送とかもあるので!」とおちゃめなコメント。

続く島津亜矢は、映画「ボディーガード」(1993年)の主題歌「I Will Always Love You」を圧倒的な歌唱力でパフォーマンスを披露した。

天童よしみは藤岡弘、とコラボレーション
(C) NHK

そして1970年から1976年まで日本テレビ系で放送された伝説のコンテスト番組「全日本歌謡選手権」のコーナーへ。

数々の歌手を世に送り出したこの番組で、10週勝ち抜きデビューを手にした五木ひろしと天童よしみ。

五木は鶴岡雅義と東京ロマンチカの「君は心の妻だから」を、鶴岡のギターと純烈のコーラスとともに、天童は柔道がテーマのドラマ「姿三四郎」(1970年、日本テレビ系)の主題歌だった姿憲子の「姿三四郎」を、武道家の藤岡弘、とのスペシャルコラボレーション。トークコーナーでは天童のデビュー前の意外過ぎる芸名候補が明らかとなった。

NHKホールに鶴が舞う!

ジェジュンは美空ひばりの名曲を送る
(C) NHK

ジェジュンと丘みどりは、今年で没後30年となる美空ひばりの楽曲を。ジェジュンが「愛燦燦」をしっとりと歌い上げると客席からは大喝采が起きた。

また、丘は傘を使った立ち回りを織り交ぜながら「関東春雨傘」を披露。司会の東山に「素晴らしい小芝居をありがとうございます!」と言わしめた純烈の登場にも注目だ。

【写真を見る】大迫力!小林幸子が鶴に乗りNHKホールを舞う
(C)NHK

パフォーマンスは上條恒彦、二葉百合子と続き、いよいよ小林幸子が登場。出演者たちもステージから客席へと降り、観客としてパフォーマンスを楽しむ。

これまで「NHK紅白歌合戦」(NHK総合ほか)で巨大な衣装で視聴者を楽しませてきた小林は、今回歴代のド派手衣装の中からとっておきの巨大衣装をまとい、「もしかして」をスペシャル演出で披露。

鶴を模した衣装をまとい、鶴の巨大セットに乗った小林がステージ上に現れると客席からは一際大きな歓声が上がった。スペシャルな演出ということもあり、曲中には出演歌手の名曲も登場。さらにパフォーマンス終了後には客席にいる純烈が“まさか”の姿になっており、会場全体が大いに盛り上がった。

ジャニーズの名曲が続々登場!

東山紀之が千賀健永、二階堂高嗣、佐藤勝利、中島健人とスペシャルパフォーマンス!
(C)NHK

VTRが続き、いよいよ収録もラストスパート。「東山紀之プレゼンツ!ジャニーズ・スペシャルステージ」のコーナーへと移る。

全国から多くのリクエストが番組に寄せられたという “ジャニーズアイドル”の楽曲。今回は4曲が披露された。

まずは千賀、二階堂、佐藤、中島がフォーリーブスの「ブルドック」を。派手な衣装を身にまとい、当時をほうふつとさせるゴムひもを使ったパフォーマンスで観客を魅了した。

続いてステージには東山が登場。ギター演奏とともに多くの後輩たちが歌い継いでいる近藤真彦の「アンダルシアに憧れて」を、激しいダンスを交えて歌い上げた。

さらには東山が所属する少年隊の楽曲も。東山が「君だけに」を佐藤、中島と共に、「仮面舞踏会」を千賀、二階堂、佐藤、中島と披露する。

東山と後輩たちの豪華コラボレーションに会場全体が熱狂に包まれたまま、収録は終了した。

大竹しのぶは「ヨイトマケの唄」を歌唱
(C)NHK

番組では、他にも東山自身の“思い出のメロディー”である「ヨイトマケの唄」を大竹しのぶが披露するなど公開収録には収まっていない見どころも多数。

暑さも厳しい今日このごろ。涼しい屋内で同番組ならではの豪華パフォーマンスで披露される“思い出のメロディー”に耳を傾けてみてはいかがだろうか?(ザテレビジョン)

元記事を読む