1. トップ
  2. 『オオカミちゃん』出演で話題の、宮瀬いと「好きになった人にはアタックしたい!」

『オオカミちゃん』出演で話題の、宮瀬いと「好きになった人にはアタックしたい!」

  • 2019.8.17
  • 6056 views
「恋愛系の番組」は無縁だと思っていましたのでまさか自分が出演することになるなんて」宮瀬いとさん
KADOKAWA

【画像を見る】人気恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』に出演している宮瀬いとさん

人気恋愛リアリティーショー『オオカミ』シリーズ最新作となる『オオカミちゃんには騙されない』(AbemaTV)に出演している宮瀬いとさん。女優として活躍する宮瀬いとさんに番組への出演や恋愛観についてお話を聞かせていただきました。

【画像を見る】人気恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』に出演している宮瀬いとさん
KADOKAWA

恋愛系は無縁だと思っていましたのでまさか自分が出演するとは...

――まずは、番組への出演が決まったときの気持ちを教えて下さい。

【宮瀬いと】『オオカミ』シリーズは元々、『オオカミくん』だったんですけど、ずっと見ていた大好きな番組でした。でも、今までの出演メンバーはみんな女子高校生で、私はいま20歳ですので、「なんで私なんだろう」って、大丈夫かなと思いました。

「これまでの恋愛対象は同い年か年上で、年下の男の子は恋愛対象外だと思っていました」宮瀬いとさん
KADOKAWA

――『オオカミちゃんには騙されない』は、シリーズの史上初の男女逆転版なんですよね。

【宮瀬いと】そうなんです。今回は『オオカミちゃん』で、女の子がだます側なんです。その第1回目に出られるというのもすごいうれしかったです。でも、私の恋愛が番組で放送されると思うとちょっと恥ずかしいなとも思いました。

――人気恋愛リアリティーショーの番組は多くありますが、興味ありましたか。

【宮瀬いと】『オオカミ』シリーズはもちろんですが、『恋愛ドラマな恋がしたい』(AbemaTV)もずっと見てました。『恋愛ドラマな恋がしたい』は、私が以前、女性ファッション誌「JELLY」(ぶんか社)で専属モデルをやっていたんですけど、一緒にやっていたモデルの子(佐藤ミケーラさん)も出演していて、それを楽しみに見てましたね。

「恋愛は追う派です。追われると逃げたくなっちゃう」宮瀬いとさん
KADOKAWA

――そんな人気恋愛リアリティーショーの番組に宮瀬いとさんも出演することになるとは、おもしろいですね。

【宮瀬いと】はい。恋愛系は無縁だと思っていましたのでまさか自分が出演することになるなんて(笑)。

――もしかして、宮瀬いとさんがオオカミちゃんですか。

【宮瀬いと】違います! 初回放送を見ていると、自分がオオカミちゃんなんじゃないかって本当に思ってしまいました。オンエアを見て私があんな風に映るんだなと少し反省しました。

「もてる男性はダメですね。おもしろくて変わった人が好きかもしれません」宮瀬いとさん
KADOKAWA
「私のなかでは今の番組の出演メンバーは家族という感じです」宮瀬いとさん
KADOKAWA

――新しい出会いをどう思いますか。

【宮瀬いと】すごいいい仲間に会えたと思っています。番組に感謝しています。友情も愛情もリア充してますね! みんなに毎日会いたいと思っています。

私のなかでは今の出演メンバーは家族という感じです。最初は、10人とかなり多いですし、「この子とは合わないな」とかギスギスするかなと思っていましたが、それが本当にないんですよ。みんなフレンドリーで仲がいいんです。

「初回放送を見ていると、自分がオオカミちゃんなんじゃないかって本当に思ってしまいました」宮瀬いとさん
KADOKAWA
「オンエアを見て私があんな風に映るんだなと少し反省しました」宮瀬いとさん
KADOKAWA

自分が好きになった人にはアタックする

――宮瀬いとさんは、追う恋派?それとも追われる恋派?

【宮瀬いと】追う派です。追われると逃げたくなっちゃう。自分が好きだと思わないとどうしても踏み込めない、そして自分が好きになった人にはアタックしたい派です。番組に出演する前にも、「好きな人にグイグイ行きます」とインタビューで話していたんですけど、いざ番組が始まってみるとそうでもなく、結構行けない自分がいて、しかも男の子のメンバー4人がみんな年下なんですよ。

これまでの恋愛対象は同い年か年上で、年下の男の子は恋愛対象外だと思っていたので、どういうふうに接していいのかわからなかったのもありますね。

でも、話してみたら、みんな大人だということがわかったので、みんなよりは出遅れましたけど、ちゃんと恋愛しています。

「すごいいい仲間に会えたと思っています。番組に感謝しています」宮瀬いとさん
KADOKAWA

――宮瀬いとさんは、どんな男性がタイプですか。

【宮瀬いと】もてる男性はダメですね。おもしろくて変わった人が好きかもしれません。「大人になっても泥団子をつくるような人」が好きです(笑)。変わった人って何もしゃべらくてもおもしろいじゃないですか。行動がおもしろかったり。

――すみません。「大人になっても泥団子をつくるような人」ってどんな人かよくわかりませんのでもっとわかりやすくお願いします。

【宮瀬いと】そうですね。とにかく変わった人。右に行くとなった時に、じゃあ俺は左に行くよというような人です。予想外の行動をとる人ですね。

――行動が読めない人ってことですね。

【宮瀬いと】はい。その通りです。

「『オオカミ』シリーズは元々、『オオカミくん』だったんですけど、ずっと見ていた大好きな番組でした」宮瀬いとさん
KADOKAWA

――ちなみに、宮瀬いとさんの血液型は何型でしょうか。

【宮瀬いと】B型です。好きな人の血液型はあまり気にしませんが、B型同士ですと仲間意識は感じます。B型は難しい性格の人が多いねとはよく言われますね。AB型は大好きで気が合います。お父さんがAB型で結構変わった人だったからかもしれません(笑)。

――宮瀬いとさんは変わった人が好きと言っていますが、B型の宮瀬さん自身も変わっていると思われているかもしれませんね。

【宮瀬いと】自分と似たような人が好きなのかな!

「私はいま20歳ですので、番組への出演について「なんで私なんだろう」って、大丈夫かなと思いました」宮瀬いとさん
KADOKAWA

辛いことがあっても寝たら忘れます

――そんな宮瀬いとさんが、最近、夢中になっていることがあれば教えて下さい。

【宮瀬いと】うちにいる時はずっとゲームをやってますね。後は、15歳離れた歳の弟がいるんですけど、いつも遊んでいます。お姉ちゃんがいるんですけど、姉妹に初めて弟ができたのでかわいくてたまらないんです。

――好きな食べ物を教えて下さい。

【宮瀬いと】お肉よりは魚です! 白身のお魚。トマトは本当に好きで一生食べていたいです。

――好きな言葉を教えて下さい。

【宮瀬いと】お母さんから聞いた言葉で、「乗り越えられない壁はない」です。人生で壁にぶつかった時も、乗り越えられるからこそ、その試練があるんだということを、私がすごく悩んでいる時にお母さんに言ってもらって、「ああ母親って偉大だな」と思いながら好きになった言葉です。この言葉を知ってから、生きていく上で何でも大丈夫な気がします。

「『大人になっても泥団子をつくるような人』が好きです(笑)」宮瀬いとさん
KADOKAWA

――宮瀬いとさんはどんな性格だと言われますか。

【宮瀬いと】第一印象はよくないみたいで、「よく怖い」と言われます。ヘラヘラしているんですけど、あんまり笑わないので愛嬌がないのかもしれません。でも、話してみると話しやすかったと言われることが多いですよ。だから、私とぜひ話して欲しい!

辛いことがあっても、あまり考えたくないので、寝たら忘れますね。すごい悩むけど、結果的に考えてもしょうがないと思う。考えた時間が無駄になっちゃいます。どうにかなる! といつも思っています。

――今後の芸能活動について教えて下さい。

【宮瀬いと】「JELLY」で専属モデルもやらせていただいていたので、またモデルのお仕事がしたいです。今は、劇団でお芝居をしているんですけど、舞台はお客さんに生で観てもらえるので、その分、みなさんの心にぐっと来るものがあるんですよ。だからずっと続けていきたいです。AbemaTVのような映像のお仕事もどんどんやりたいです。

TGCに出るのが夢でしたので、先日、冨山(2019年7月27日開催 『プレステージ・インターナショナル presents TGC TOYAMA 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION』)で出る事ができてうれしかったです。「いとちゃん」と呼んでくれるファンの方の声が聞こえたのは感動しました。でも、欲を言わせてもらえれば、東京で開催されるTGCに出たいです。みんなにもっと私の事を知ってもらってから、東京のTGCにでるのが目標です。

「みんなよりは出遅れましたけど、ちゃんと恋愛しています」宮瀬いとさん
KADOKAWA

――最後にひと事お願いします。

【宮瀬いと】『オオカミちゃん』は私の人生を変えてくれた番組です!

宮瀬いと プロフィール

1999年1月4日(20歳)

出身:千葉県

身長身:169cm

特技:弟の遊び相手

芸能活動開始からわずか1年で、SHOWROOMのぶんか社「JELLY」オーディションから、才能を見出され初の『専属モデル』として抜擢される。現在は、劇団「Miss女子会」の一員として女優業を中心に活動している。

撮影=石塚雅人(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

元記事を読む