「無理なく、効率よく」貯金が続く!今日からできる“4つの習慣”とは?

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。取材をしていると、楽しみながら貯金をしている人が多い反面、「なかなか貯金ができない…」という声も多く聞こえてきます。
そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子先生に、今日から始められる「無理なく、効率よく貯金をする方法」について教えていただきました。

貯金をしていくための“基本のキ”

undefined
Licensed by Getty Images

「貯金したい!」と思ったら、まず目標金額と貯める時期を決めることが大切です。

「20万円のバッグを購入」「マンション購入のための頭金に200万円」など、目標額や期間は人それぞれでよいのです。最初からムリな設定にしないほうが長続きします

次に行うべきことは、支出の“見える化”です。支出を「貯金」、住居費や通信費、水道光熱費などの「固定費」、食費や生活用品、娯楽費、教育費など月によって金額が変わる「変動費」の3つの項目に分けると、おおまかに支出を確認することができます。

確実に目標を達成させるためには、収入から一定額を最初にキープして、貯蓄に回すのがポイントになります。“余ったお金”を貯金に回すという発想ではなかなか貯金は増えません

undefined
Licensed by Getty Images

毎日の生活のなかで、自分のムダ遣いの癖を知る手段としておすすめなのがレシートチェックです。「コンビニで余計な300円を・・・」や「こんなにカフェに?」など、無自覚や惰性で使ってしまったお金を浮き彫りにしてくれます。

買い物前に“必要なものリスト”を作る習慣を身につけるのもよいでしょう。
レシートは必ずもらい、店やカテゴリーに分類し、1週間分を見直すだけでも、かなりの効果があります。

また、クレジットカードの多用は“貯金を妨げる”可能性があるので控えるべきです。支払いが繰り延べられることで余裕ができたと思い込んで、目の前のお金を浪費してしまうことが多いのです。カード使用で支出が約20%も増えるという研究データもあります。
クレジットカードは将来からの借金です。貯蓄する苦労を一時、和らげてくれるかもしれませんが、あとでツケが回ってくるからです。

このようにして、後払いなどの悪い習慣を遠ざけ、レシートをもらうなどのよい習慣を心がける事によって無理なくお金を貯めていくことができます。

元記事を読む
提供元: GINGERwebの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。